『みんなの銀行』のUI・UXに恋したので口座開設した話

『みんなの銀行』のUI・UXに恋したので口座開設した話
記事のポイント
  • 日本初のデジタルバンク『みんなの銀行』の口座開設をした!
  • 今までの銀行アプリとは一線を画するインターフェースにうっとり!
  • 銀行ベースだからできる機能追加に今後は期待していきたい!

恋に落ちる銀行 = みんなの銀行

みんなの銀行という、日本初のデジタルバンクの口座開設をしました。費用対効果よりも時間対効果、それを痛感させてくれる、ミニマルで美しい銀行にデザイナーの私もうっとり。そんな、みんなの銀行の布教活動記事。

二条ねこ

これは“銀行”ではない“Bank”である!

さたえり

えーと…どういうことなん!?

まの

さぁ!?謎ですわ……。
それはともかく、こういう形のFinTechが生まれたことに感激しますね。

『みんなの銀行』とは?

『みんなの銀行』とは?
  • 日本初のデジタルバンク
  • キャッシュカードレス
  • バーチャルデビットカード(JCB)対応
  • アプリで即時口座開設可能
  • Apple Pay(QUICPay+)対応
  • Google Pay(QUICPay+)対応
  • 株式会社ふくおかフィナンシャルグループの100%子会社

この『みんなの銀行』とは、“日本初”のデジタルな銀行。

ネットバンキングとは異なり、キャッシュカードは存在せず、お金のやり取り(入金・出金・振込等)のすべてを『みんなの銀行』というアプリ上で行います。また、口座開設と同時にバーチャルなJCBデビットカードを発行でき、そのデビットカードをApple PayやGoogle Payに登録して、非接触型決済手段としても利用可能です。

『みんなの銀行』とは?

こう、話をしていくと、なんか…胡散臭いIT企業臭(失礼)がしてきますが、実態は『株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)』の100%子会社。

このFFGは、福岡銀行・熊本銀行・十八親和銀行をまとめた地方銀行グループ企業。…なのですが、クラウドファンディングサイトを運営したり、お金管理アプリ(Wallet+)をリリースしたり、と非常に面白い試みをしている企業だったりもします。

二条ねこ

要するに、ちゃんとした銀行グループがやっているデジタルバンクってことですなー。

まの

金融のプロが運営しているというだけで、やはり安心感は段違いですわね。

みんなの銀行の特徴

デジタルバンク

みんなの銀行の特徴

みんなの銀行には『キャッシュカード』という概念がありません。
書類申請して、口座開設をする煩わしさもありません。
店舗もなければサイトすらなく、すべての操作はアプリから行います。

…これらの特徴を持ったのがデジタルバンクである、みんなの銀行。

WalletとBox

みんなの銀行の特徴

■Wallet

  • Walletとは?:普通預金
  • 概要
    • お財布感覚で利用可能
    • 振込・入出金はここから
    • デビットカード利用もここから

■Box

  • Boxとは?:貯蓄預金
  • 概要
    • 目的に応じて複数Box作成可能
    • Boxは最大20個作成可能
    • 目標金額と目標日を設定可能
    • スケジュール機能(自動振替機能)

みんなの銀行の口座には、『Wallet』と『Box』という概念があります。

現金
↑↓
ATM入出金・口座振込
↑↓
Wallet → デビットカード → キャッシュレス決済
├ Box 1
├ Box 2
├ Box 3
├ Box 4
︙
└ Box 20

みんなの銀行の口座イメージ

簡単な概念図を作ってみると上掲のような感じ。

軸となる口座として『Wallet』があり、そこに貯金箱のような『Box』がぶら下がっているイメージ。要するに、Walletが親で、Boxが子という、親子関係になっています。

このWalletとBoxの間でのお金の移動は、アプリ上で非常に簡単に行えるようになっています。ここの振替の簡単さは、銀行アプリを触っているというよりも、ちょっとしたゲームを触っているかのよう。ここの移動が非常にシームレスに作られているのも大きな特徴。

Debit CardとRecord

みんなの銀行の特徴

■Debit Card

  • Debit Cardとは?:バーチャルJCBデビットカード
  • 概要
    • 3Dセキュア(J/Secure)対応
    • Apple Pay(QUICPay+)対応
    • Google Pay(QUICPay+)対応
    • キャッシュバック(0.2% or 1%)

■Record

  • Recordとは?:簡易家計簿アプリ
  • 概要
    • 他の銀行口座の残高確認可能
    • クレジットカード明細確認可能
    • 電子マネー利用履歴確認可能

みんなの銀行には、『Debit Card』と『Record』という面白い機能があります。

Debit Cardとは、バーチャルのJCBデビットカード。
現時点(2021年6月2日)では、リアルカードは存在せず、カード番号等の必要な情報はすべて、みんなの銀行アプリにアクセスして確認します。また、Apple PayやGoogle Payにデビットカードを登録することも可能。このデビットカードで決済すると、キャッシュバック(通常:0.2%|プレミアム会員:1%)を受けられます。

Recordとは、簡易の家計簿アプリ。
このみんなの銀行アプリでは、このRecord機能を使うことにより、他行の口座残高やクレジットカード履歴を一元管理することが可能。ちなみに、このサービスはマネーフォワードのものを利用しているようです。

金利・手数料

預金金利

普通預金 0.001%
貯蓄預金 0.001%

みんなの銀行の預金金利

みんなの銀行の預金金利は、0.001%と普通。

あおぞら銀行BANK支店(普通預金金利:0.2%)や住信SBIネット銀行のハイブリッド預金(普通預金金利:0.01%)のような、高金利を謳ったネットバンキングと比較すると、長期的な貯蓄には向いていないかもしれません。

ATM手数料

  入金 出金
セブン銀行ATM 通常 無料 110円/回
プレミアム会員 無料(〜15回/月)
110円/回(16回〜/月)

みんなの銀行のATM手数料

みんなの銀行にはキャッシュカードが存在せず、現時点ではセブン銀行のATMのみ対応。

内国為替

  自行宛 他行宛
振込 通常 無料 200円/回
プレミアム会員 無料(〜10回/月)
200円/回(11回〜/月)

みんなの銀行のATM手数料

みんなの銀行の振込手数料は、同行他支店間なら無料。他行宛なら原則200円/回、となっています。

プレミアムサービス

みんなの銀行の特徴
プレミアムサービス利用料 600円/月
サービス内容 他行振込手数料無料(〜10回/月)
ATM出金手数料無料(〜15回/月)
キャッシュバック率5倍(通常時:0.2%)
レコード提携先データの一括更新
最大5万円まで無利息立替可能(Cover機能)

みんなの銀行のプレミアムサービス内容

みんなの銀行には『プレミアムサービス(Premium)』という、600円/月で加入できるサブスクリプションサービスが提供されています。

  通常 プレミアム会員
他行振込手数料 200円/回 無料(〜10回/月)
200円/回(11回〜/月)
ATM出金手数料 110円/回 無料(〜15回/月)
110円/回(16回〜/月)
デビットカード
キャッシュバック率
0.2% 1.0%
レコード一括更新 ×
カバー ×

通常会員とプレミアム会員の比較

プレミアム会員になると、各種手数料が回数限定ではあるが無料になったり、JCBデビットカードのキャッシュバック率が5倍(0.2% → 1.0%)になるという特典が受けられます。月額600円なので、頻繁にATM出金をしたり、他行に振り込むというユーザーであれば検討の余地はあるでしょう。

カバー(Cover)という機能は、最大5万円まで無金利で貸付をしてくれるサービス(みんなの銀行側が当座貸越枠を付与)。お金を借りる、というよりも“お小遣い前借り”に近いニュアンス。

なお、プレミアム会員は1年間は無料で利用可能とのこと。

開設した理由

私が『みんなの銀行』の口座開設をした理由

私が『みんなの銀行』の口座開設をした理由は、銀行らしくないミニマルなデザインと、お金の可視化・ワンアプリ化を体験してみたかったから。

とりわけ、このUI・UXの洗練された感じが素敵すぎて、すっかり恋に落ちました。

単にシンプルにしたというわけではなく、ユーザーが求めているであろう機能や、銀行として必須の機能だけを表に出すという階層化が非常に上手。シンプルながらに不便がない、このあたりの見せ方が銀行らしくなく、どこからApple製品やBALMUDA製品に通ずるものがあります。

私が『みんなの銀行』の口座開設をした理由

まだローンチされて日が浅いということもあり、機能的にはまだ乏しく、普段からポイ活やペイ活に勤しんでいるユーザーからすれば、単にデザインだけがオシャレなデジタルバンク、という感じに映ってしまうかもしれません。

ただ、このみんなの銀行、最近のFinTech系のサービスの中では一番可能性がある。そう私は思っています。

シンプルながらに巧みに導線が張られたUI。使っていて“心地良い”と感じるUX。お得という費用対効果こそあまりありませんが、無意識レベルでお金のハブにできるという時間対効果は抜群。まさに『みんなの銀行』という名にふさわしいデジタルバンクだと、すごく関心してしまうサービスになっているわけです。

二条ねこ

微妙にMoleskineっぽくもあったり……。

今後の要望

みんなの銀行への今後の要望
  • リアルデビットカードの発行(有料でも可)
  • 同行間のニックネームでの送金
  • 家計簿アプリのエンハンス

基本的にはバーチャルのJCBデビットカードとQUICPay+でも事足りるのですが、有料サービスとしてでもよいので、リアルのデビットカードを発行してくれると嬉しいところ。そうなれば、3Dセキュア対応を相まって、より取り回しやすくなる気がします。

また、6gramやKyash、その他“○○Pay”の送金サービスもよいのですが、これらは相手も利用していることが大前提。対して、みんなの銀行は銀行なので、より送金サービスとして使いやすいものになっています。

だからこそ、みんなの銀行間の送金が本名以外でもできたら、投げ銭をプールする場になったりして面白くなりそうな予感。このあたりは法律が絡みそうなので、門外漢の私から言えることは特にないのですが、pringのマルチフェイスのような機能があれば、もっと有効活用できそう。

二条ねこ

「お金のSNS、はじまる。」って言ってるから、pringライクな機能の実装には期待したいのであーる。

まの

何を実装するにしても、“銀行ベース”というのは強いですよね。

まとめ「恋に落ちる銀行 = みんなの銀行」

恋に落ちる銀行 = みんなの銀行

流行りに乗っかった感じで作ったのですが、使ってみると…すっかり恋に落ちました。それくらい、洗練されたインターフェースを持っていて、ずっと触っていたくなるアプリになっています。

ローンチしたてで機能的に物足りない感もありますが、デジタルバンク特有の開発スピードの速さから、今後の追加機能実装も期待できそう。

恋に落ちる銀行 = みんなの銀行

<紹介コード>
EymPBGLE

新規口座開設時に上記の紹介コードを入力すると、紹介した側・紹介された側の両方に1,000円が貰えるようです(詳細:公式サイト)。興味があれば、ぜひ。

みんなの銀行

みんなの銀行
posted withアプリーチ
二条ねこ

最高のサブ銀行になってくれそうな予感がするーる!

Kyashの代替カード(デビット・プリペイド)を探した総括

Kyashの代替カード(デビット・プリペイド)を探した総括

2021年2月2日
この記事で紹介したガジェット
  • みんなの銀行

おまけ

二条ねこ

あまりにも使いやすいから、別のネットバンク口座を解約しようかなー!?

まの

すっかりお気に入りですわね。

さたえり

こういうとっつきやすさも大切やんね。

おわり