docomo・au・SoftBank・楽天モバイルの周波数と帯域幅

docomo・au・SoftBank・楽天モバイルの周波数と帯域幅
記事のポイント
  • 日本の4大携帯キャリアの対応バンドと割当帯域幅を調査した!
  • SIMロックフリースマホを購入する前には適合状況を要確認!
  • メインブランドとオンライン専用ブランドでは一部仕様が異なる!

契約前・端末購入前には要確認!

docomo(ahamo)・au(povo)・SoftBank(SoftBank)・楽天モバイル、携帯キャリア各社が提供している周波数帯や割当帯域幅を、総務省等の情報を基に表にしました。私的備忘録なのですが、参考にどうぞ。

二条ねこ

SIMロックフリースマホ購入時の悩みどころ…むむー。

まの

下調べは重要ですわね。

さたえり

…これもデジタルネイティブ的知識!?

周波数帯(バンド)

3G回線

  docomo
(ahamo)
au
(povo)
SoftBank
(LINEMO)
楽天モバイル
(Rakuten UN-LIMIT VI)
Band Class 0
(800MHz帯)
Band VI/XIX
(800MHz帯)
Band VIII
(900MHz帯)
Band Class 6
(2GHz帯)
Band I
(2GHz帯)

3G回線におけるMNO各社の周波数帯(バンド)

■補足

ahamoとpovoでは、3G回線は利用ができない仕様なので注意。

LINEMOでは3G回線が提供されているが、3Gのみしか対応していない端末や、VoLTEに対応していない端末では利用することができないので注意。

4G回線

  docomo
(ahamo)
au
(povo)
SoftBank
(LINEMO)
楽天モバイル
(Rakuten UN-LIMIT VI)
Band 1
(2GHz帯)
Band 3
(1.7GHz帯)
Band 8
(900MHz帯)
Band 11
(1.5GHz帯)
Band 18
(800MHz帯)

(au roaming)
Band 19
(800MHz帯)
Band 21
(1.5GHz帯)
Band 26
(800MHz帯)
*1 *1*2
(au roaming)
Band 28
(700MHz帯)
Band 41
(2.5GHz帯)

(UQ《WiMAX》)

(WCP《AXGP》)
Band 42
(3.5GHz帯)

4G回線におけるMNO各社の周波数帯(バンド)
*1MFBI(Multi-Frequency Band Indicator)
*2非公表

■補足

MFBI(Multi-Frequency Band Indicator)で吹いているバンドに関しては、利用する端末側がMFBIに対応しているかを確認する必要があります。

LINEMOで提供されている4G回線のバンドは、Band 1/3/8/41(2021年6月3日時点)。

5G回線

  docomo
(ahamo)
au
(povo)
SoftBank
(LINEMO)
楽天モバイル
(Rakuten UN-LIMIT VI)
n77
(Sub-6:3.7GHz–3.8GHz)
n77
(Sub-6:3.8GHz–3.9GHz)
n77
(Sub-6:3.9GHz–4.0GHz)
n77
(Sub-6:4.0GHz–4.1GHz)
n78
(Sub-6:3.3GHz–3.8GHz)

(3.6GHz–3.7GHz)
n79
(Sub-6:4.5GHz–4.6GHz)
n257
(mmWave:27.00GHz–27.40GHz)
n257
(mmWave:27.40GHz–27.80GHz)
n257
(mmWave:27.80GHz–28.20GHz)
n257
(mmWave:29.10GHz–29.50GHz)

5G回線におけるMNO各社の周波数帯(バンド)

■補足

povoでの5G回線提供は、2021年夏開始予定(2021年6月3日時点)。

LINEMOで提供されている5G回線のバンドは、n77(2021年6月3日時点)。

帯域幅

  4G・4G LTE 5G
プラチナバンド (非プラチナバンド) Sub6 mmWave
Band 28
(700MHz帯)
Band 18
Band 19
Band 26
(800MHz帯)
Band 8
(900MHz帯)
Band 11
Band 21
(1.5GHz帯)
Band 3
(1.7GHz帯)
Band 1
(2GHz帯)
Band 41
(2.5GHz帯)
Band 42
(3.4GHz帯)
Band 42
(3.5GHz帯)
n77
n78
(3.7GHz帯)
n79
(4.5GHz帯)
n257
(28GHz帯)
NTTドコモ 20 30 30 40
(東名阪)
40 40 40 100 100 400
KDDI 20 30 20 40 40 50
(UQ)
40 200 400
SoftBank 20 30 20 30 40 30
(WCP)
40 40 100 400
楽天モバイル 40 100 400

総務省による周波数の割当

補足

キャリアアグリゲーション

NTTドコモ

■受信時最大通信速度

  • 1,700Mbps(2021年6月時点)

■CA利用周波数帯域

  • 3.5GHz(Band 42)
  • 3.4GHz(Band 42)
  • 2GHz(Band 1)
  • 1.7GHz(Band 3)

KDDI

■受信時最大通信速度

  • 1,237Mbps(2021年6月時点)

■CA利用周波数帯域

  • 3.5GHz(Band 42)
  • 2.5GHz(Band 41)
  • 2GHz(Band 1)

SoftBank

■受信時最大通信速度

  • 988Mbps(2021年6月時点)

■CA利用周波数帯域

  • 3.5GHz(Band 42)
  • 2.5GHz(Band 41)
  • 2GHz(Band 1)
  • 1.7GHz(Band 3)
  • 1.5GHz(Band 11)
  • 900MHz(Band 8)
  • 700MHz(Band 28)

まとめ「SIMフリー購入時は対応バンドに要注意」

SIMフリー購入時は対応バンドに要注意

各携帯キャリアで販売されている端末に関しては、特に気にすることはありませんが、SIMロックフリー端末を購入する場合においては、契約中の契約キャリアの対応バンドを事前に確認するようにしましょう。

同時に各周波数帯域ごとに通信速度が異なっているので、そのバンドを重点的にチェックしておくことや、同時にキャリアアグリゲーションについても確認すると、なお良いでしょう。…と自分用にメモしておきます。

二条ねこ

ahamo・povo・LINEMOを契約するときには、特に気にする必要がありますなー。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

総務省の資料を基にしてるけど、最終的には自分でも確認してくださりー!

さたえり

免責事項やね。

まの

お約束ですわね。

おわり


■Reference
総務省(1, 2, 3, 4), NTTドコモ, KDDI, SoftBank, LINEMO(1, 2