開封の儀?『iPhone 11 Pro』vs『iPhone XS』箱“だけ”比較!?

開封の儀?『iPhone 11 Pro』vs『iPhone XS』箱“だけ”比較!?
記事のポイント
  • 『iPhone 11 Pro』と『iPhone XS』を開封の儀で比較!
  • 今回のメインは箱だけ!本体は脇役だ!
  • 微妙に変わった箱・見せ方・付属品!

古の開封の儀…復活!?

最近すっかりされなくなった『開封の儀』。今宵復活!ということで、最新の『iPhone 11 Pro』と1つ前の『iPhone XS』の箱“だけ”を比較してみますぞ!

二条ねこ

付属品と本体はオマケ。それが偉い人には分からないのであーるっ!

さたえり

箱だけ比較って、何がしたいんやら…。

まの

いえ、これが通常運転ですわ。

箱だけの開封の儀

二条ねこ

早速、開封の儀に入りたいと思うのであーるっ!

左:iPhone 11 Pro外箱前面 右:iPhone XS外箱前面

左:iPhone 11 Pro外箱前面 右:iPhone XS外箱前面

左:iPhone 11 Pro外箱後面 右:iPhone XS外箱後面

左:iPhone 11 Pro外箱後面 右:iPhone XS外箱後面

左:iPhone 11 Pro外箱側面 右:iPhone XS外箱側面

左:iPhone 11 Pro外箱側面 右:iPhone XS外箱側面

一見して分かるように、外箱のカラーが変わった。

iPhone XSではホワイトだった外箱カラーが、iPhone 11 Proではブラックになっている。さらに、iPhone 11 Proの箱の手触りがピーチスキン加工(ThinkPadのあれ)みたくマットになっている。

あとはちょっと分かりづらいが、iPhone 11 Proの箱のほうが高さが高くなっている。おそらく、こうやって比べないと分からないレベルですが…。

左:iPhone 11 Pro内箱 右:iPhone XS内箱

左:iPhone 11 Pro内箱 右:iPhone XS内箱

箱のフタを開けた直後。ここもちょっと変化アリ。

どちらの内箱にも「Designed by Apple in California」を書かれている小さな箱がある。それの入れ方が若干ではあるが、iPhone 11 ProとiPhone XSでは異なっている。

どちらもiPhoneを入れた様子。

どちらもiPhoneを入れた様子。

ここで一瞬だけ、両iPhoneに登場してもらおう。

そう、iPhone XSの箱はiPhoneの上から、この小さな箱が覆い隠すように配されている。しかし、iPhone 11 Proの箱では、先にiPhoneがお目見えするように変更されている。

Appleのパッケージングというのは、以前から『おもてなし箱』と言われていた。そういう理屈からいくと、iPhone 11 Proのパッケージングのほうがおもてなしの理屈として正しいと思う。というか、むしろこうであるべきだった気がする。

二条ねこ

実は、iPhone 4時代は、先にiPhoneがお目見えするようになっていたんだよねー。

さたえり

単に“元に戻った”だけですわね。

左:iPhone 11 Pro内箱 右:iPhone XS内箱

左:iPhone 11 Pro内箱 右:iPhone XS内箱

iPhoneは“脇役”なので、サラダバーしてもらいました。

さて、「Designed by Apple in California」と書かれた小さな箱をどけると、付属品がお目見えします。これもいつものiPhoneスタイル。

これでiPhone 11 Proの“箱レビュー”が終了。

二条ねこ

こうやって、箱だけをフューチャーしてみるのもアリだと思わないー?

さたえり

アリかナシかと聞かれたら…。

まの

“ナシ”ですわね。

二条ねこ

…んごぽよよ。

変化したポイント

さて、こうやってiPhone 11 ProとiPhone XSの箱とその中身を比較すると見えてくるものがあります。つまり、変化したポイントです。

そう、もうすでにお気づきの人も多いでしょうが、

  • iPhone 11 Pro:USB Type-C(9V・2A)
  • iPhone XS:USB Type-A(5V・1A)

と、付属している充電器が変わっています

二条ねこ

ってことで、付属品を両者まとめて比較してみるぞー!

左:iPhone 11 Pro付属品 右:iPhone XS付属品

左:iPhone 11 Pro付属品 右:iPhone XS付属品

■iPhone 11 Proの付属品

  • USB-C – Lightningケーブル(1 m)
  • 18W USB-C電源アダプタ
  • EarPods with Lightning Connector

■iPhone XSの付属品

  • Lightning – USBケーブル(1 m)
  • Apple 5W USB電源アダプタ
  • EarPods with Lightning Connector

iPhone 11 ProとiPhone XSの付属品を比較すると上記のとおり。

iPhoneは慣例的にLightning端子なので、それに付随するUSBケーブルが付属している。そのUSB側がType-AからType-Cになった。そして、充電器もそれに伴い、Type-AからType-Cになったというわけ。

素直にiPhoneをUSB Type-Cにしてくれればよいのですが、ライセンス契約やらで結局はLightningのまま。WALKMANも新型になりWM-PORTを廃止してUSB Type-Cにしたというのに、iPhoneはまだまだ独自端子です。

まの

このままずっとLightningで行く気なのでしょうかね?

二条ねこ

うーん…iPhone 12ではUSB Type-Cにしてきそうなんだよねー。

まとめ「たまには“箱”を眺めてみよう」

まとめ「たまには“箱”を眺めてみよう」

せっかくiPhone 11 Proが手に入ったので、本体よりも先に“箱”を比較レビューしてみました。

たかが箱、されど箱。
こうやってパッケージングを眺めてみると、非常に興味深いものが見えてきます。「Designed by Apple in California」の内箱の位置を変更させたのも、きっと何かしらの思想があるに違いない。それを眺めて考えてみるのも楽しいものなのです。

二条ねこ

やっぱり、偉い人には分からないのであったあーるっ。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

箱も楽しめてこそギークなのであーるっ!

さたえり

そういうものなんかな!?

まの

まぁ、iPhoneの箱だけがメルカリに出品されていたりしますからね。

二条ねこ

そうそうっ!
やっぱり、箱の価値が分かってる人もいるってことですなー。

おわり