Pixel 6/6 Proの比較で感じる“絶妙な分類”と“究極の選択”

Pixel 6/6 Proの比較で感じる“絶妙な分類”と“究極の選択”
記事のポイント
  • Pixel 6/6 Proのスペックとデザインを比べた!
  • “Pro”だからギークはこっち…と言い切れない!
  • Googleの売り方がとにかく巧妙すぎて困る!

“まさに究極の二択”

Pixel Fall Launchで完全発表となった、『Google Pixel 6』と『Google Pixel 6 Pro』。一体、どちらを買うべきなのか。それを、スペックとデザインを比較して考えていきます。

二条ねこ

デザインとフラットディスプレイが素敵なPixel 6。
ペリスコープカメラとUWBが素敵なPixel 6 Pro。
…うーむ。

まの

iPhone 13以上に悩ませる選択肢ですわ。

さたえり

サイズは両方とも、そこそこ大きいんやね。

悩める『Pixel 6』と『Pixel 6 Pro』

悩める『Pixel 6』と『Pixel 6 Pro』

2021年8月に先んじてお披露目されていた、『Google Pixel 6』『Google Pixel 6 Pro』という、2つのGoogleの最新スマートフォン。

それらがついに、Pixel Fall Launchイベントにて、その全貌が明らかになりました。そして、同時に予約購入も可能になっています。なお、発売日は2021年10月28日とのこと。

悩める『Pixel 6』と『Pixel 6 Pro』

今回のGoogle Pixelは、“Pro”と“非Pro”の2ラインナップとなっており、iPhoneやGalaxyよろしく、上位と下位でデザインやスペックに大きな差をつけ、展開されるようになりました。

こういうヒエラルキー的分類をされると、「ギークなら“Pro”と銘打つものを買うべき」。…そう思ってしまうもの。

ところが、このGoogle Pixel 6とGoogle Pixel 6 Pro、かなり巧妙に差別化されており、Pixel 6のほうが魅力的に映る要素もかなり多い。つまり、むしろ“非Pro”を選びたくなることもある、というわけです。

だからこそ、スペックとデザインを存分に比較し、どちらが自分に最適なのかを熟慮する必要があるわけなのです。ですなの。

二条ねこ

語りたいことはあるけど、それはのちほど!
まずは両者を比較して、購入に必要な情報を整理していくのであーる。

スペック比較

まずは、両者のスペックを比較していきます。

Pixel 6Google Pixel 6 Pixel 6 ProGoogle Pixel 6 Pro
カラー Sorta Seafoam
Kinda Coral
Stormy Black
Cloudy White
Sorta Sunny
Stormy Black
価格 128GB:74,800円
256GB:85,800円
128GB:116,660円
256GB:127,600円
販売チャネル Google Store
au
SoftBank
Google Store
SoftBank
プラットフォーム
OS Android 12 Android 12
SoC Google Tensor Google Tensor
RAM 8GB(LPDDR5) 12GB(LPDDR5)
UFS 128GB(UFS 3.1)
256GB(UFS 3.1)
128GB(UFS 3.1)
256GB(UFS 3.1)
ディスプレイ
画面パネル OLED LTPO OLED
画面サイズ 6.4インチ(20:9) 6.7インチ(19.5:9)
画面解像度 1,080×2,340(FHD+) 1,440×3,120(QHD+)
リフレッシュレート 最大90Hz 最大120Hz
カメラ
フロント 8MP(f/2.0) 11.1MP(f/2.2)
リア(超広角) 12MP(f/2.2) 12MP(f/2.2)
リア(広角) 50MP(f/1.85) 50MP(f/1.85)
リア(望遠) 48MP(f/3.5)
コミュニケーション
無線LAN Wi-Fi 6E(IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax) Wi-Fi 6E(IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)
有線LAN
Cellular 5G Sub6
4G FDD-LTE/TD-LTE
3G W-CDMA
2G GSM/EDGE
5G Sub6/mmWave
4G FDD-LTE/TD-LTE
3G W-CDMA
2G GSM/EDGE
▶5G(Sub6)対応バンド

n1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 14 / 20 / 25 / 28 / 30 / 38 / 40 / 41 / 48 / 66 / 71 / 77 / 78

▶4G対応バンド

B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71

▶3G対応バンド

1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 /19

▶2G対応バンド

850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

▶5G(mmWave)対応バンド

n257 / 258 / 260 / 261

▶5G(Sub6)対応バンド

n1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 14 / 20 / 25 / 28 / 30 / 38 / 40 / 41 / 48 / 66 / 71 / 77 / 78

▶4G対応バンド

B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71

▶3G対応バンド

1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 /19

▶2G対応バンド

850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

Bluetooth Bluetooth 5.2 Bluetooth 5.2
Ultra-Wideband
バッテリー
搭載容量 4,614mAh 5,003mAh
駆動時間 24時間以上 24時間以上
インターフェース
データ USB 3.2 Gen 1 Type-C ×1 USB 3.2 Gen 1 Type-C ×1
ビデオ
オーディオ
ネットワーク nanoSIM ×1
eSIM ×1
nanoSIM ×1
eSIM ×1
その他 Qi ×1
NFC/FeliCa ×1
Qi ×1
NFC/FeliCa ×1
ボディー
サイズ 74.8×158.6×8.9mm 75.9×163.9×8.9mm
質量 207g 210g
備考
生体認証 指紋認証 指紋認証
防塵防水 IP68 IP68
その他 Titan M2搭載 Titan M2搭載

Google Pixel 6とGoogle Pixel 6 Proのスペック比較
※表記価格:Google Store直販・税込価格

Google Pixel 6・Google Pixel 6 Proのスペックは上表のとおりで、比較して優れている部分に関しては、そのセルにの色を付けています。

スペック比較のまとめ

■Google Pixel 6

  • 価格が約4万円安価
  • 3g差ではあるが軽量

■Google Pixel 6 Pro

  • RAMが4GBぶん多い
  • 120Hzリフレッシュレート
  • ペリスコープ望遠カメラ搭載
  • 5G周波数帯がミリ波対応
  • Ultra-Wideband(UWB)対応

スペック比較表から、より際立つ部分を抽出したのが上記になります。

上位モデルである『Google Pixel 6 Pro』のほうが、スペック的に優れている部分が多い。これは至極当然なこと。ですが、リアカメラが1つ多いという点を除けば、そこまで実利用で体感できる差がないように思えます。

デザイン比較

お次は、両者のデザインを比較していきます。

Google Pixel 6 vs Google Pixel 6 Pro

左:Google Pixel 6|右:Google Pixel 6 Pro

『Google Pixel 6』はフラットディスプレイ、『Google Pixel 6 Pro』はエッジディスプレイ。ディスプレイ側面の処理が大きな違いになっています。

Google Pixel 6 vs Google Pixel 6 Pro

左:Google Pixel 6|右:Google Pixel 6 Pro

『Google Pixel 6』はポップテイストなカラー、『Google Pixel 6 Pro』は上品で落ち着いたカラー。このカラーリングの思想も大きく異なる。

Google Pixel 6 vs Google Pixel 6 Pro

左:Google Pixel 6|右:Google Pixel 6 Pro

『Google Pixel 6』は側面非光沢、『Google Pixel 6 Pro』は側面光沢。側面のフィニッシュにも差をつけています。

デザイン比較のまとめ

■Google Pixel 6

  • ポップなカラーリング
  • 若干太いベゼル
  • フラットディスプレイ
  • マットフィニッシュな側面

■Google Pixel 6 Pro

  • 上品なカラーリング
  • 若干細いベゼル
  • エッジディスプレイ
  • 光沢フィニッシュな側面

両者のデザインを比較し、より際立つ部分を抽出したのが上記になります。

今回のGoogle Pixel 6シリーズは、『Material You』というデザイン思想に基づいて、システムUIを設計しています。それが筐体デザインにも反映されており、細部のフィニッシュこそ大きく変えつつも、全体として統一感が感じられるようになっています。

ここで大事なのは、その“細部のフィニッシュ”こそが、Google Pixel 6にするか、Google Pixel 6 Proにするかを悩ませるポイントになっているということです。

二条ねこ

…という感じの比較ですな!

まの

上位モデルと下位モデル、こう単純に片付けられるものではなさそうですわね。

さたえり

可愛さと安さのPixel 6。
上品さと性能のPixel 6 Pro。
…うん、難しい!

どちらを選ぶべきか

Pixel 6とPixel 6 Proはどちらを選ぶべきか

カラーバリエーションの悩み

Google Pixel 6 Google Pixel 6 Pro
Sorta Seafoam
Kinda Coral
Stormy Black
Cloudy White
Sorta Sunny
Stormy Black

カラーバリエーションの比較

1つめの悩みが、カラーリングの方向性の違い

Google Pixel 6のポップで可愛いカラーを選ぶか、Google Pixel 6 Proの上品でゴージャスなカラーを選ぶか、ここがかなり悩ましいところ。この差、まるでiPhone 13とiPhone 13 Proのよう。

もちろん好みの問題にはなるのですが、Googleがチョイスしているカラーリングが絶妙で、即決できないくらいに惑わせてくれます。しかも、その人が好きそうであろうカラーを、Pixel 6とPixel 6 Proに1つずつ対になるように用意しているのが、さらに悩ませるいやらしさ(褒めてる)。

エッジディスプレイの悩み

Google Pixel 6 Google Pixel 6 Pro
フラットディスプレイ エッジディスプレイ

ディスプレイフィニッシュの比較

2つめの悩みが、ディスプレイ側面のフィニッシュの違い

iPhone 13とiPhone 13 Proのように、共通してフラットディスプレイ採用なら良かったのですが、Google Pixel 6とGoogle Pixel 6 Proでは、モデルごとにディスプレイ側面の処理を変えています。

こちらも好みの問題なのですが、「Google Pixel 6 Proが欲しいけど、エッジディスプレイは許せぬ」と思う人もきっといるはず。もちろん、この逆も然りです。

パフォーマンスの悩み

Google Pixel 6 Google Pixel 6 Pro
リフレッシュレート:最大90Hz
リアカメラ:超広角・広角
5G通信:Sub6
Ultra-Wideband:非対応
リフレッシュレート:最大120Hz
リアカメラ:超広角・広角・望遠
5G通信:Sub6 + mmWave
Ultra-Wideband:対応

パフォーマンスの比較

最後の悩みが、各種パフォーマンスの違い

細かい部分を見ていけばもっと違いはあるのですが、大きくスペック的に異なっているのが上記の4項目。そして、両者の価格差は約4万円。

その4万円の価値を、このスペック差に感じることができるのか。ここで、どちらを選択するのかも変わってくるでしょう。

私は○○を選びたい

私はどのGoogle Pixelを買うべきか

——さて、私はどのGoogle Pixelを買うべきか。

二条ねこ

フラットディスプレイでKinda Coralカラーな、『Google Pixel 6 Pro』が欲しいっ!

さたえり

いや、そんなのないから!

本来ならば、全部盛りな『Google Pixel 6 Pro』を選びたい。いや、“Pro”とネーミングされているだけで、何も考えずにこちらを選んでいたはず。

ところが、Google Pixel 6 Proに採用されているディスプレイは、エッジディスプレイ。これが私は大の苦手。保護フィルム(保護ガラス)が縁ギリギリまで攻められないし、画面両端の表示が曲がっているのが受け付けない。もちろん、没入感の高さや、持ったときの薄さを感じやすいことは認めますが……。

そういうわけで、スペックは『Google Pixel 6 Pro』が好き、その他は『Google Pixel 6』が好き、という脳内押し問答がグルグルと巡っているのです。

まの

買うのは確定なのですね……。

さたえり

で、どれにするん?

二条ねこ

あ、えーと…もうちょっと悩ませて!

まとめ「絶妙な分類と究極の選択」

絶妙な分類と究極の選択

『Google Pixel 6』と『Google Pixel 6 Pro』は、スペック的には上位・下位を明確に分類することができる。ところが、その他の要素(カラーリング・ディスプレイの側面処理)が加わってくることにより、単に上位・下位ではない“絶妙な分類”になっています。

その結果、「スペック的には『Google Pixel 6 Pro』だけど、エッジディスプレイが苦手」や「カラーリング的には『Google Pixel 6』だけど、望遠カメラがないの困る」、という“究極の選択”を迫られるのです。

つまり、Googleは売り方が巧い。おそらく、Apple以上に……。

二条ねこ

うわぁあああ!悩むぅうううう!!

この記事で紹介したガジェット
  • Google|Google Pixel 6
  • Google|Google Pixel 6 Pro

おまけ

二条ねこ

きっと、これはGoogleがギークに両方を買わせようとしている罠だっ!

さたえり

ないない。

まの

ねこさんが自ら罠に嵌っているだけですわ……。

おわり