Galaxy Note9は『白ロム』が買いな3つの理由!…だって欲しいもん!

Galaxy Note9は『白ロム』が買いな3つの理由!…だって欲しいもん!

意外と白ロムかも?

最強Androidスマホ(だと思う)『Galaxy Note9』が、超欲しい!だけど、SIMフリー版は国内では買えない…。いっそ直輸入と思っていたけど、意外と『白ロム』が買いなのかも?

四条ねこ
比較したら分かるけど、Note8ユーザー的にもNote9は欲しいっ!
まの
やはり『Sペン』の価値は、ほかのスマホには代えがたいものがありますよね。
さたえり
ジョッターにもなるスマホって感じやんね!

Galaxy Note9の魅力と魔力

Galaxy Note9の魅力と魔力

数あるAndroidスマホの中でも、すべてにおいて高次元で完成されているのが、Samsungの『Galaxy Note9』だと思います。

私は、前モデルである『Galaxy Note8』ユーザーだったのですが、なんといってもデジタイザーペン『Sペン』が、このスマホを最強にしているひとつの魅力です。とにかく、思いついた瞬間に手書きで書けるのは素晴らしい!エモい!!

まの
それって、iPad Proでもできるのでは?
四条ねこ
もちろんできるよー!
でも、この“ポケットに入るサイズ感”こそ、Galaxy Noteシリーズの魅力と魔力なんだよ〜!

言うならば、現代の電子手帳。
iPadより小さい、スーパーコンピューター。

とにかく、Galaxy Note9は、一言で表せないくらい超絶怒涛の魅力に溢れているのです!

四条ねこ
だーかーらー…欲しいっ!

白ロムか?直輸入か?

白ロムか?直輸入か?

そんな、Galaxy Note9ですが、大きく分けて

  • 国内版
  • 海外版

が存在します。

国内版は、NTTドコモ・auのような大手キャリア(MNO)で扱われているタイプです。残念なことに、日本国内での正規流通品には、SIMフリー版は存在しません。なので、入手するとしたら、大手キャリアと契約するか、もしくは『白ロム』を買うかになります。

海外版は、その名の通り、海外で流通しているタイプです。大きく分けて、中国版・北米版・韓国版・国際版の4つが存在します。詳細は以前の記事でまとめてますので、違いを知りたい人はそちらを読んでください。

SIMフリー版『Galaxy Note9』4種まとめ –各種の違い&対応バンド表–

SIMフリー版『Galaxy Note9』4種まとめ –各種の違い&対応バンド表–

2018年10月13日
さたえり
で、どっちが“買い”やと思うん?
四条ねこ
それがねー、私の使い方だと“国内版(白ロム)”が、買いな気がしてきたんだよーっ!

読み手がギークと仮定すれば、間違いなく海外版をオススメ(技適の問題があるので、そこは自己責任ですが)する…ところなのですが、意外や意外、白ロムこと国内版のほうがアリな気がするのです。

白ロムが“買い”な3つの理由

白ロムが“買い”な3つの理由

そういうわけで、Galaxy Note9を買うなら、海外版ではなく国内版、もっと言うと『白ロム』が買いな理由を3つ語っていきます。

理由1.『おサイフケータイ』が使える

理由1.『おサイフケータイ』が使える

1つ目の理由は、『おサイフケータイ』が使えることです。

四条ねこ
つまり、FeliCaチップが欲しいってことー!

2019年になり、キャッシュレス化が少しずつ浸透してきた日本。それならば、スマホで決済をガンガン使いたい。すると、FeliCaチップが入っている国内版のほうが、使い勝手が良いのです。

理由2.輸入そのものへの不安

理由2.輸入そのものへの不安

2つ目の理由は、海外から輸入することに対する不安です。

四条ねこ
技適問題とか、保証トラブルとか、いろいろあるよねー。

海外版Galaxy Note9は、EtorenやExpansys‎で入手できますが、「新品を買ったのに開封済みだった」とか、「知らないデータが登録されていた」なんて声も耳にします。技適のことも含めて、安全なのは国内版だと思います。

理由3.対応バンドの問題

理由3.対応バンドの問題

3つ目の理由は、国内で使う際の対応バンドの問題です。

四条ねこ
電波をバッチリ掴むのは、当然国内版だからね〜。

海外版でも、国内の3キャリアのバンドとかぶっているのであれば、通信をすることが可能(技適の有無は要確認)です。ただ、それらは完全ではありません。やはり、国内に向けてチューニングされたモデルのほうが、電波の掴みに関して良いのは当然です。

ドコモ版か?au版か?

ドコモ版か?au版か?

さて、白ロムも選択肢として大いにアリというのが、分かってもらえたところで次の問題です。

四条ねこ
それは、

  • ドコモ版(SC-01L)
  • au版(SCV40)

のどっちにするか問題だー!

正直、これに関しては、

  • ドコモ系MVNOユーザー:ドコモ版(SC-01L)
  • au系MVNOユーザー:au版(SCV40)

という買い分けでいいと思っています。

プリインストールアプリや外観の印字に少し違いがありますが、電波の掴みを考えると、OCN モバイル ONE などならドコモ版、UQ mobile などならau版がベターだと思います。mineo なら3キャリアの回線が揃っているので、白ロムを買ってから回線を考えるというのもできそうです。

▼こちらはドコモ版(SC-01L)。

▼こちらはau版(SCV40)。

白ロムのダメなところ

白ロムのダメなところ

最後に、白ロムのGalaxy Note9を導入するにあたっての“懸念材料”を、書いておきます。

白ロムの気になるところ

  • キャリアのアプリが邪魔。
  • シングルSIMしかない。

これらの2つはどうすることもできないので、これがどうしても嫌ならば、海外版のほうがいいかも知れません。もちろん、購入も使用も“自己責任”にはなりますが…。

まの
もし海外版にするなら、どれがオススメなのですか?
四条ねこ
そりゃ、中国・香港版の『SM-N9600』だねっ!

▼中国・香港版のGalaxy Note9。

総評:意外と白ロムがベストかも!?

総評:意外と白ロムがベストかも!?

SIMフリー版を国内で取り扱いしてくれないから、ここまでややこしくなってきている感じはしますが、とにかく『Galaxy Note9』は、案外白ロムがアリかも知れません。

四条ねこ
最初は、それこそ中国・香港版にしようと思ってたんだけどね〜。
さたえり
おサイフケータイが使えるって、今となっては大きなポイントになりそうやもんね!
四条ねこ
そうなんだよ〜。
しかも、『Kyash』がGoogle Payに対応したからねっ!

SIMフリー版Galaxy…日本でも売ってけろ。

おまけ

四条ねこ
要するに、

  • SIMフリー版を売らない日本
  • FeliCaの独自仕様

のせいだー!

まの
トンデモ極論ですね…。
さたえり
まぁ、ガラパゴスなのは、今に始まったことやないしね。
四条ねこ
ううう…。GalaxyもXperiaもSIMフリーを扱ってよぉおおお!
まの
うーん、厳しいでしょうね。

おわり