Dropbox → Synology NAS 移行時のコスト計算

Dropbox → Synology NAS 移行時のコスト計算
記事のポイント
  • 『Dropbox』と『Synology NAS』の導入コストを比較!
  • Dropboxは86,400円/6年・Synology NASは80,340円/6年!
  • 求めるストレージ容量でチョイスしたら良いと思われ!

— クラウドの容量次第かも —

クラウドストレージを『Dropbox』から『Synology NAS(のSynology Drive)』に移行すると、どれくらいコストが変化するのか。そんな導入コストを比較計算してみました。

二条ねこ

本稿で想定しているのは、

  • テラバイト級のデータを同期している
  • バックアップをクラウドに保存している

ようなユーザー層であーる。

まの

データをクラウドで全管理したい人ですわね。

さたえり

ストレージ容量って、増やしても増やしても足りないやんね。

はじめに

クラウドストレージやNASも多種多様。そこで本稿では、ビジネス利用(主にSOHO)も含めたヘビーユースを想定して進めていきます。

ですので、クラウドストレージには『Dropbox』を、NASには『Synology NAS』を、主に同期速度や機能性の充実という理由から、それぞれ選定しております。

XS+/XS
Series
Plus
Series
Value
Series
J
Series
  • ビジネス向け
  • 高性能
  • 非常に高価
  • ビジネス向け
  • 高性能
  • ラインナップ豊富
  • 比較的高価
  • SOHO/家庭向け
  • 比較的安価
  • アドオン制約
  • エントリー
  • かなり安価
  • 低性能
  • アドオン制約

Synology NASのラインナップ

Synologyでは、 エントリー 〜 ハイエンド まで数多くラインナップされております。そこで、前述の理由から、搭載されているコンポーネントのグレードが比較的高い『Plus Series』にてコスト計算を行います。

なお、Synology NASには『Synology Drive』という機能が用意されており、本機能を利用することにより、Synology NASをクラウドストレージとして利用することが可能です。

二条ねこ

NASのクラウドストレージ化機能は、他社(QNAPやASUSTOR)にもあるから、そこはお好みでどうぞあーる。

Dropboxの料金比較

まずは、クラウドストレージ『Dropbox』の料金プランを比較していきます。

個人用 ビジネス用
Plus Family Professional
(個人向け)
Standard
(チーム向け)
Advanced
(チーム向け)
利用料金 1,200円/月(年払い)
2,000円/月
(年払い)
2,000円/月
(年払い)
1,250円/月 × 人
(年払い)
2,000円/月 × 人
(年払い)
1,500円/月
(月払い)
2,500円/月
(月払い)
2,400円/月
(月払い)
1,500円/月 × 人
(月払い)
2,400円/月 × 人
(月払い)
データ容量 2TB 2TB 3TB 5TB ASK
ユーザー数 1人 最大6人 1人 3人以上 3人以上

Dropboxの料金比較
※税込表記

Dropboxは個人利用の場合だと、

  • Dropbox Plus:2TB(1,200円/月)
  • Dropbox Professional(Business):3TB(2,000円/月)

に選択肢が限られてきます。

基本的には『Dropbox Plus』を選択することになるので、本稿ではこちらをSynology NASの比較対象にします。

Synology NASの比較

次に、Synology NASの『Plus Series』の価格や技術仕様を比較していきます。

DS220+Synology
DS220+
DS920+Synology
DS420+
DS420+Synology
DS920+
DS1621+Synology
DS1621+
実売価格 4万円前後 6万円前後 7万円前後 12万円前後
CPU 2コア@2.9GHz
(Celeron J4025)
2コア@2.9GHz
(Celeron J4025)
4コア@2.7GHz
(Celeron J4125)
4コア@2.2GHz
(Ryzen V1500B)
RAM 2GB
(最大6GB)
2GB
(最大6GB)
4GB
(最大8GB)
4GB(ECC)
(最大32GB)
ドライブベイ 2基 4基 4基 6基
M.2スロット - 2基 2基 2基
LAN
(1GbE)
2基 2基 2基 4基
USB
(5Gbps)
2基 2基 2基 3基
eSATA - - 1基 2基
PCIe - - - 1基
(Gen 3)
AC電源 ACアダプタ ACアダプタ ACアダプタ 内蔵型
購入リンク 購入リンク 購入リンク 購入リンク

Synology NASの仕様比較

Synology NAS『Plus Series』における主な上位と下位の差は、

  • CPU:スペック
  • RAM:搭載可能容量 + ECC有無
  • ドライブベイ:搭載数
  • PCIe:搭載有無

と、なっております。

上位機種である『DiskStation DS1621+』のみ、PCIe NICを用いて10GbE LANを搭載することが可能です。なので、LAN内で利用するのであれば、上位機種を選択するほうが高速にやり取りできます(当然、10GbE対応LAN環境は必須)。

ただ、クラウドストレージとしてSynology NASを利用するのであれば、WANのネットワーク速度への依存度が高くなってきます。ですので、10GbEに対応させるメリットは少なく、ただ単にイニシャルコストが高くなるだけでしょう。

したがって、本稿では2ベイのDiskStation DS220+を比較対象にしてみます。

合計コストの比較結果

クラウドストレージ『Dropbox Plus』とNASDiskStation DS220+の合計コスト( イニシャルコスト + ランニングコスト )を、それぞれ比較した結果が下表になります。

DropboxDropbox
Plus
DS220+Synology
DS220+
ストレージ 2TB 2TB
イニシャルコスト
NAS - 41,480円*1
HDD -
18,748円*1
詳細

Western Digital WD20EFZX
WD Red Plus
2TB ×2
RAID 1

UPS -
20,112円*1
詳細

OMRON BW55T
550VA・340W

ランニングコスト
サブスク 1,200円/月
(年払い)
-
合計コスト/年
1年目 14,400円 80,340円
2年目 28,800円 80,340円
3年目 43,200円 80,340円
4年目 56,000円 80,340円
5年目 72,000円 80,340円
6年目 86,400円 80,340円

Dropbox PlusとSynology DS220+のコスト比較
*1Amazon.co.jp価格(2022年5月6日時点)

上表での想定結果だと、6年目がコストのブレークポイント。

Synology NASには、長期間ローリスクで運用することを考慮し、UPS(無停電電源装置)の導入を想定しています。なので、イニシャルコストが8万円オーバーという結果に。

Dropbox Plusは、一見この価格で固定されてしまっているように思えますが、実はソースネクストから出ている『Dropbox Plus 3年版』という3年版ライセンスを用いれば、3年間で38,280円までコストダウンすることが可能です。つまり、6年間で76,560円。Amazonのセールを活用すれば、6万円台で6年間運用することも可能です。

当然、NASはイニシャルコスト(と電気代)だけなので、長期間運用すればするほど、合計コストは安くなってきます。ただ、“壊れなければ”という条件がつくため、このあたりの判断が難しいところ。

ベースとなるSynology NASのグレードを下げたり、UPS導入を諦めると、イニシャルコストを4万円台まで下げることも可能。ただ、CPUのグレードが下がったり、チーミング(リンクアグリゲーション)が非対応だったりと、可用性が少々失われてしまいます。

とはいえ、NASの場合、4TB、6TB、8TB、とストレージ容量を容易に増設することができます。ですので、テラバイト単位でのコストを考慮すると、大容量化すれば結果的にコスト安となりそうです。(上表は分かりやすくするために“2TB”で揃えています)

まとめ「小容量ならDropbox・大容量ならNAS」

小容量ならDropbox・大容量ならNAS

今回の内容はほんの一例ですが、

  • 小容量(2TB以下)ならDropbox
  • 大容量(2TB以上)ならNAS

という形で、移行すべきかどうか悩んだらよさそうです。

二条ねこ

Dockerを導入するなら、Synology NAS一択なんだけどね。

Synology『RT6600ax』はWi-Fi 6メッシュルーターの大本命

Synology『RT6600ax』はWi-Fi 6メッシュルーターの大本命

2022年3月17日
この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

でも、ドライブベイ数を増やせば増やすほどコスト高になるし、ここが結構悩ましいのであーる。

まの

LAN運用なら、NASのほうが良いとは思うのですがね。

さたえり

クラウドストレージありきって考えると、判断が難しいやんね。

おわり