打倒BOOX?デジタルペーパーの超新星『Likebook』が凄い!

記事のポイント
  • E Ink界に超新星が登場!
  • Boyue『Likebook』のスペックをまとめた!
  • 安価にデジタルペーパーが欲しいなら大アリ!

E Ink × Android !

みんな大好きデジタルペーパー市場に、Boyueというメーカーが参戦してました。立ち位置的にもBOOXとかぶりそうなので、チェックしていきます。まさにE Ink戦国時代…も少し前!

二条ねこ

戦国時代とまではいかないから、“E Ink室町時代”でどうだー!

まの

いや、それなら戦国時代でいいです。

さたえり

ひねった結果、ややこしくなってるし。

E Ink界に新たな仲間Boyue登場

BoyueのLikebookシリーズ。

BoyueのLikebookシリーズ。

Sonyのデジタルペーパーに始まり、BOOXシリーズのOnyx、そして富士通のQUADERNO…とかなりE Inkタブレットが増えました。

そして今回、Boyue(博阅科技)というメーカーのE Inkタブレットが、日本のAmazonで購入できるようになっていました。のちほど詳細なスペックを見ますが、立ち位置的にはOnyxのBOOXシリーズの強力なライバルになりそうです。

二条ねこ

価格的にもかなーりお安い(E Inkタブとしては)し、いきなり候補に入ってきそうだぞ〜!

ラインナップ一覧

まずは、Boyueが発売しているE Inkタブレットを見ていきます。

Likebookシリーズラインナップ

  • Likebook Mars(Kindle的電子書籍リーダー)
  • Likebook Muses(8インチデジタルペーパーメモ端末)
  • Likebook Mimas(10インチデジタルペーパーメモ端末)

上記の3つがBoyueが発売しているE Inkタブレットのラインナップ。シリーズ名としては『Likebook』(LIFEBOOKではないぞ!)という名前で販売されています。

二条ねこ

デジタルペーパーフリークとしては、気になりますな〜。

Likebook Mars

GoodereaderによるLikebook Marsレビュー動画。

BoyueのE Inkタブレットの中では、末っ子になる『Likebook Mars』

このLikebook Marsはデジタイザーペンは使えないので、Kindleなどの電子書籍を読むリーダーになります。サイズ的には7.8インチなのでKindleよりもかなり大きく、イメージ的にはiPad miniぐらいです。なので、Kindleでは読みづらい漫画を読むリーダーとして活躍しそう。

ちなみに、Androidベースなので、もっさりするとは思うがブラウザーやMinecraftなんかも使えます。BOOXもそうですが、Androidにすることによって自由度が高まっていい感じ。

Likebook Muses

The eBook ReaderによるLikebook Musesレビュー動画。

BoyueのE Inkタブレットの中では、ちょうど真ん中に位置するのが『Likebook Muses』。個人的には、これが一番買いたいデジタルペーパー。

このモデルはデジタイザーペンが使えるので、ノート敵も使える。しかもフロントライト・色温度調整機能が搭載されている。これはかなりのアドバンテージ。

デジタイザーペンは、おなじみWacom製のEMRで4,096段階の筆圧感知。ベゼルに段差があるのが気になるが、価格を考慮すればかなりバランスの良いE Inkタブレットになっている。

Likebook Mimas

The eBook ReaderによるLikebook Mimasレビュー動画。

BoyueのE Inkタブレットの中で長男になるのが、この『Likebook Mimas』。他社でいうBOOX Note Proと同じ立ち位置です。

こちらもLikebook Musesと同じく、Wacom製デジタイザーペンに対応。当然、フロントライト・色温度調整機能も搭載。Museとの違いは、画面が10.3インチということとmicroSDが使えるということ。あとはSoCも同じです。

スペック比較表

  Likebook Mars Likebook Muses Likebook Mimas
OS Android 6.0
SoC Rockchip RK3368(8コア)
RAM 2GB 2GB 2GB
ROM 16GB 32GB 16GB
画面サイズ 7.8″ 7.8″ 10.3″
画面解像度 1,404×1,872(300ppi) 1,404×1,872(300ppi) 1,404×1,872(300ppi)
タッチパネル
デジタイザー
サイズ 144×198×9.3mm 136×193×8.5mm 184×225×7.5mm
質量 246g 286g 430g
I/O Micro USB USB Type-C USB Type-C
microSD
バッテリー 3,100mAh 3,100mAh 4,700mAh

Boyue社Likebookシリーズのスペック比較表。

Boyue社Likebookシリーズを1つのスペックシートにしてみました。すると、SoCがすべて『Rockchip RK3368』なことが判明。おそらく、コストカットの面で同じSoCを採用しているものと思われる。

このRockchip RK3368自体は、格安中華タブに使われることが多い64bit対応のオクタコアプロセッサー。普通のタブレットに搭載されていたら敬遠するレベルですが、E Inkの場合は利用用途的にも問題はなさそうです。E Ink自体が動きものが苦手なので。

BOOX vs Likebook という構図

BOOX Note ProとLikebook Mimasはライバル。

BOOX Note ProとLikebook Mimasはライバル。

スペックや価格的に先発のOnyx『BOOX Note Pro』の強力なライバルになりそうなのが、『Likebook Mimas』でしょう。

The eBook Readerにより両者の比較動画。

機能的には触ってみないことには分からないですが、デザイン性はBOOX Note Proのほうが洗練されている印象。BOOXはNote Proになって、E Ink部分の段差がなくなったので、使い勝手的にも一歩リードかもしれません。

まとめ「3万円台のペン対応デジタルペーパーが出る時代」

まとめ「3万円台のペン対応デジタルペーパーが出る時代」

今回紹介したBoyueのE Inkタブレットは、どれも他社に比べると少し安価な価格設定になっている。

特にラインナップの真ん中に位置する『Likebook Muses』は、価格も3万円台でWacom製デジタイザーペンが使えることもあり、デジタルペーパー界隈では人気を博しそうな気がする。

二条ねこ

3万円台だし、ちょっと買ってみようかな〜!?

この記事で紹介したガジェット

おまけ

さたえり

ついにデジタルペーパーデビューするん?

二条ねこ

うぬっ!
その時期が来たって感じですな〜♪

まの

また無駄遣いを…。

二条ねこ

3万円台だし、よいではないか〜よいではないか〜。

おわり