【USB Type-C】真の「両面挿し×両面挿し」ケーブル!LEPLUS『LP-TC120Wシリーズ(LP-TC120WWH)』レビュー

@atticponzuです!はい。2回連続のUSB Type-Cケーブルレビューです笑 ここまで来ると滑稽とか言われそうですが、めげずにUSBばっかり買います!そして今回はLEPLUS『LP-TC120Wシリーズ』のレビューです!

LEPLUS(MS Products)『LP-TCシリーズ』のスペック紹介

はい!恒例のスペック紹介といきたいと思います。

今回購入したのは、LEPLUS(MS Products)の『LP-TC120WWH』という商品です。

LEPLUSと言うのは、「MS Products」のブランド名か何かですかね・・・?

こちらはシリーズ商品となっているので、『LP-TC120Wシリーズ』と本記事では記載させてもらいます!ちなみに違いは、カラー(ホワイト・ブラック)です。詳しくは、公式サイトをご覧くださればと思いますっ

▶商品サイト:http://www.mssjapan.jp/item/151309023/

パッケージは、量販店で購入できるくらいですから、ちゃんとパッケージングされていますね。しっかりした箱に入ってました。

スペックは下に表にしました。箱には「高速充電 3A対応」との記載がありますね!また、「表裏どっちでも挿せる!」とも書いてあります。これらが『LP-TC120Wシリーズ』のポイントになりますね!この「表裏どっちでも挿せる!」が、このケーブルの一押しポイントになりますが、これは後述・・・

端子 USB Type-A – USB Type-C
規格 USB2.0
長さ 1.2m(120cm)
最大出力 3A
USB PD 非対応
特徴 どっちも両面挿し!

「3A対応」はそろそろ当たり前のスペックになってきてますね。とすると『LP-TC120Wシリーズ』は両面挿しが特筆ポイントになりますね。

それでは、特徴を絡めてレビューしていきたいと思います。

『MPA-ACXシリーズ』の外観レビュー

こちらが、『LP-TC120Wシリーズ』の外観になります。今回はホワイトをチョイスしました。

端子部分は割りと軟質な素材で、ケーブルもかなりしなやかなものになっております。

カラーも全体的にちゃんとホワイトしてるって言ったら変ですけれども、キレイな発色をしていると思います。

これこそ真の「両面刺し!」

『LP-TC120Wシリーズ』の最大のポイントは前述した、「真の両面刺し」ということです!

なにが”真の”と言いますと、それは続きを見ていってもらえればわかりますっ!

▼当たり前ですが「Type-C」は両面刺し

はいっ、「USB Type-C」はみなさん御存知の通り、表裏がない端子になります。いわゆる「両面刺し」ですね。

ぁ、ちなみにロゴが接続部分に彫り込まれていますね。自己主張もほどほどでこれぐらいがいいですね。

▼なんと!「Type-A」まで両面挿し!!!

さーて、これは何の画像でしょうか?

この答えこそが”真の”両面刺しなのです!

そう!こちらは「USB Type-A」側の端子になるのです!

そして、こちらも「両面刺し」になっているのです!だから、「真の両面刺し」ということなのです!

『MPA-ACXシリーズ』の良いトコ・悪いトコ

恒例の良いトコと悪いトコのコーナーです!パッケージにもこうやって、Type-A端子もどっちでも挿せるよ!って書いてますね!

◯良いトコ

  • 入手性が高い!
  • 真の両面挿しケーブル!
  • やわらかケーブル!

まずは「入手性が高い」のが良いところですね。『LP-TC120Wシリーズ』はヨドバシカメラで購入しました。もちろんAmazonでも購入できるのですが、こうやって多くのお店で買えるのは良いことですね!

やっぱり『LP-TC120Wシリーズ』最大のポイントは、「真の両面刺し」だと思います!USB Type-AもUSB Type-Cも表裏がなく挿せるので、ほんとに快適に使用できると思います!

そして、ケーブルにコシがなく、割りと柔らかいのもGOOD!変な癖も付きにくそうですし、これくらいなら常用しようかなと思う、ケーブルのクセの少なさです。

×悪いトコ

  • Type-C端子側の作りが・・・
  • ケーブルがちょっと太いかなぁ・・・

これは個体差かも知れないので一概には言えないんですけど、USB Type-Cの端子がキツかったです。デバイス側が壊れるんじゃないか?ぐらいキツかったです。多分、製品の個体差だとは思うのですが、品質管理という点で、評価を落としました。

先程はやわらかいケーブルで良いね!と書いたのですが、ケーブルがちょっと太いのが残念ポイントかも知れません。このやわらかさで、昨日紹介したELECOMのケーブルぐらいの細さならいいのに・・・って思います。難しいですね。

今回のまとめ

ということで、本当に両面刺しなケーブルを紹介しました!正直、Type-C側の端子の作りさえもっと良ければ、このケーブルを常用しようと思ったのですが、このままでは2軍確定っぽいです・・・それくらい惜しい!

もう一回購入して、Type-C側の作りが良ければいいのですが・・・無駄金ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です