【USB Type-C】極細ケーブルが最高に使いやすい!3A出力対応!ELECOM『MPA-ACXシリーズ』レビュー

@atticponzuです!久々のUSB Type-Cケーブルネタです!めっちゃケーブルを溜め込んでるんですが、今回・・・これはっ!?と思いましたっ!渾身のUSB Type-Cケーブルをレビューします。

ELECOM『MPA-ACXシリーズ』のスペック紹介

はい!恒例のスペック紹介といきたいと思います。

今回購入したのは、ELECOMの『MPA-ACX20WH』という商品です。

こちらはシリーズ商品となっているので、『MPA-ACXシリーズ』と本記事では記載させてもらいます!ちなみに違いは、長さ(0.3m〜2.0m)と、カラー(ホワイト・ブラック)です。詳しくは、公式サイトをご覧くださればと思いますっ

▶商品サイト:https://www2.elecom.co.jp/products/MPA-ACX20WH.html

パッケージはELECOMという王道なPCサプライメーカーらしく、非常に説明も十分にされているパッケージングです。

スペックは表にしますけど、先に「3A対応」との記載がありますね!また、「極細ケーブル」とも書いてあります。これらが今回の最大のポイントでかつ、個人的には最強に近いUSB Type-Cケーブルに近いのでは?と思うポイントですっ!

端子 USB Type-A – USB Type-C
規格 USB2.0
長さ 2.0m(200cm)
最大出力 3A
USB PD 非対応
特徴 極細、様々な長さのラインナップ

こちらは前述したとおり、「3A」に公式対応しております。3A対応もそろそろ当たり前になってきている感じですね。

それでは、特徴を絡めてレビューしていきたいと思います!

『MPA-ACXシリーズ』の外観レビュー

こちらが、『MPA-ACXシリーズ』の外観になります!ケーブルは2.0mのものをチョイスしたので、その分長くなっております。

至って普通と言いますか、国内PCにサプライメーカーだなぁと思わせる、質実剛健な作りですね。ほんとに普通。

強いて言うなら、ケーブル先端をちゃんとブッシュ加工してあるということですね。これなら断線もある程度防げそうです。

USB Type-Cでこの細さはすごい!2.8mm!

そろそろ照明を買わなければいけないですね・・・画像が汚い・・・

さて、上の画像は『MPA-ACXシリーズ』とおなじみの「アップル純正 Lightningケーブル」の比較画像です。このLightningケーブルは細くてしなやかで個人的に超気に入っているケーブルの1つです。

太さを比較してみると、やはり「2.8mm」という謳い文句どおりの細さで、Lightningケーブルに肉薄する細さです!

正確に言うと、Lightningケーブルよりはほんの少し太いような気がするけれども、ほとんど変わらない太さです!

太さで言うと、前にレビューした『iitrust 極細 usb 3.1 Type-c to usb 2.0ケーブル』がかなり細くて気に入っているのですが、この子は1mしかラインナップになく、家や事務所で使用するには少々短かったのです。しかし、『MPA-ACXシリーズ』は最大2mまでのラインナップで、この長さ問題も解消してくれました!

ケーブルのラインナップの多さも魅力的!

こちらは公式サイトのスクショなのですが、一見して分かるようにラインナップが非常に豊富です!ちなみにこれと全く同じラインナップがブラックにも存在します!

  • 0.3m
  • 0.7m
  • 1.2m
  • 2.0m

がそれぞれ、ブラック・ホワイトの2色展開であります!

0.3mはスマホでモバイルバッテリーを使っている人には超良い長さですよね!反対に1.2mや2.0mはMacBookユーザーには丁度よい長さになると思いますっ

『MPA-ACXシリーズ』の良いトコ・悪いトコ

『MPA-ACXシリーズ』はここまで見ている人ならわかりますけど、珍しくべた褒めしています。でも、ちゃんと良いところも悪いところも言いますよー!

◯良いトコ

  • 入手性が高い!
  • 3Aの急速充電対応!
  • 直径2.8mmという極細ケーブルで取り回し良好!
  • 安心の国内メーカー
  • カチッとデバイスと嵌まる!

まずは入手性の高さですね!Amazonはもちろん、ヨドバシカメラなどの家電量販店で簡単に購入できます!

3A対応は今では当たり前になってきているので、そろそろ良いところでもないような気がしますが、今回は公式に対応と謳っているので、書かせてもらいました。

やっぱり「極細ケーブル」はいいですよ!3.0規格のケーブルならまだしも、2.0規格のくせに太いケーブルが多いんですよね・・・Type-Cは。『MPA-ACXシリーズ』はそんなType-Cケーブルに現れた救世主(メシア笑)ですね!

これも意外と重要なポイントなんですけど、まだまだ規格が定まって若いからか分かんないんですけど、どうにもType-Cの端子は「緩い端子」と「きつい端子」がまばらに存在しています。MacBookに付属しているケーブルが非常に完成度が高く、そこを基準にすると『MPA-ACXシリーズ』はちょっと緩いかな?ぐらいです。ただ、一般市販品の中では加工精度は高いと言えます!

×悪いトコ

  • ホワイトのくせにケーブルがグレーっぽい・・・
  • ちょっとコシが強いかも・・・

もはやこれはELECOMあるあるかもですが、今回もホワイトのくせして、ケーブルだけグレーっぽいです。ほんと真っ白にすべき!!

あとはせっかくの極細ケーブルなのだから、もうちょっとしなやかさが欲しかったかなぁ・・・そんなにコシが強い訳ではないんですけど、せっかくケーブルにこだわっているなら、もう少し取り回しやすさを極めて欲しかったところです。

今回のまとめ

ということで、『MPA-ACXシリーズ』をレビューしました。気づいたらUSB Type-Cケーブルばっかり買ってる・・・バカですね。そんなUSBギークな私的にも、今回の『MPA-ACXシリーズ』はかなりおすすめですね!やっと国内メーカーからマトモなのが出たか!という感じです。

そろそろ Type-C to Type-Cケーブルも買わないとですね・・・じゃなきゃ、USB PDはいつまでも恩恵を受けられませんし・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です