【導入&紹介】AirMac TimeCapsule導入したよ!(レビューその1)

ついに我が家にも、AirMac Time Capsuleを導入しました!超絶今更感が強いですが、今回導入するに当たって購入したものや注意を、皆様に紹介したいと思います。

レビューの続きを記事にしました。パート2はこちら。

【使用レビュー】AirMac TimeCapsule導入したよ!(レビューその2)

2017.02.15

AirMac Time Capsuleとは?

AirMac Time Capsule(以降、Time Capsuleと表記します。)は、Appleから発売されている、HDD内臓の無線LANルーターです。

こちらがAppleさんの商品サイト!

ラインナップとしては、2TBと3TBがあり、今回は2TBをチョイスしました!

ここがすごい!Time Capsule

Time Capsuleは無線LANルーターなので、普通にいわゆる無線LANルーターとして使えます。。。だけじゃない!

  • 802.11 ac 対応!(つまりは最新の無線規格に対応してます)
  • ビームフォーミング対応!(無線対応の機器に向かって自動で電波を飛ばす!)
  • 設定が簡単!(MacならAirMacユーティリティから簡単設定!WindowsもDLすれば、同様の設定OK!)
  • HDD内蔵でNASのように使える!(しかも、このHDDが外出先から簡単アクセスできる!)
  • USB端子があり、接続したデバイスを無線化できる!(HDDやプリンタを繋いでね)

ざっとこんな感じでしょうか。

かなりルーターとしては高価ですが、これだけの機能が詰まっているので、Macユーザーならもちろん、Windowsユーザーにもおすすめできる製品だと思いますよ。

今回購入したものは?

今回、Time Capsuleを導入するに当たって、以下の機器を揃えてから導入しました。理由は後述します。

外付けHDD

Time CapsuleのUSBに接続するために、外付けHDDを購入しました。

こちらは、アイ・オー・データ機器さんの「HDCL-UTE3W」です。

購入の決め手になったのは、

  • 3TBが1万の安さ
  • Macに合う白色

それだけですね。この子の評価はまた別記事にしますです。

LANケーブル&USB3.0ケーブル

Time Capsuleくんが白色なので、こちらも全て白色で合わせることにしました。

を購入しました。

LANケーブルをCAT7にした理由

これは簡単なことですが、最新規格でかつ、枯れてきたこともあるから選びました。

CAT7はノイズ対策が施されており、このサンワサプライのケーブルは、評価が高く、また取り回しやすいフラットケーブル(きしめん状)なので、今回はこの子を選択しました。

USBケーブルを買った理由

実は、このケーブルを買わなくても、先程のHDDにUSBケーブルは付属しております。しかも、白色でUSB3.0対応のものが。

ですが、あえて今回購入した理由ですが。。。

「USB3.0のノイズ問題」があるからです。

これも長くなるので、別記事にしようと思いますので、今回は割愛します。とりあえず、ノイズ対策を考えた、と考えてくださいです。

今回のまとめ

記事を書いていて長くなりそうですので、何回かに分けて書きたいと思いますので、今回は「導入&紹介編」としておきますね。

数日間使用しての感想ですが、かなりいいです!ただ、全部を手放しでは良いとは思えない。。。そんな感じでしょうか。

もちろん、Macユーザーはもちろん、Windowsユーザーにもベターな選択だと思います。ただ、良い製品だけに重箱の隅をつつきたくなる。そんな感じです。

この辺は、次回以降のレビューにて。。。つづくっ!

【使用レビュー】AirMac TimeCapsule導入したよ!(レビューその2)

2017.02.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です