『Xperia XZ2』が“失敗”な3つの理由—XZ3はMiraiに?XZ4は5Gに?

ああ…やっぱりね。

“ダサい”や“駄作”と言われている『Xperia XZ2』ですが、実際に売れていないようです。なので『Xperia XZ3 Infinity』では、デザイン刷新するとかとか…。

四条ねこ
イヤホンジャックの廃止&指紋認証を背面にした“罪”は深いっ!
まの
ねこさんは『Xperia Z Ultra』を使ってましたよね?
四条ねこ
うぬっ!
ああいうことをするのが、“Sonyの良さ”だったんだけどなー。最近は“Sonyの悪さ”が目立っているような…。

前年よりも“売れない”スマホ『Xperia XZ2』

前年よりも“売れない”スマホ『Xperia XZ2』

「ダサい!」
「これは…駄作!失敗でしょ!」
「イヤホンジャックをどうして廃止した?」
「iPhone 8 Plusより重い!」

散々な評判が多い『Xperia XZ2』ですが、Sonyの2018Q1決算発表により、実際に“売れていない”ことが判明しました。

さたえり
ここまで来ると、哀れな気がしてくるんやけど…。
四条ねこ
実際に触ってみると良い部分も多いんだけどねー。やっぱ、前モデルの完成度を考えると…ね。
Xperia全体の販売台数は、前年同期比で140万台減の200万台となった。

Xperia全体の販売台数は、前年同期比で140万台減の200万台となった。

Sonyの2018Q1決算により、Xperia全体の販売台数が昨年よりも、大幅に減少していることが明らかとなった。前年同期比で、今期は140万台減の200万台となっている。

特に、フラグシップモデルとして投入した『Xperia XZ2』の販売台数が、思っていたよりも芳しくない様子。また、海外だけでなく日本でも“売れない”現象が起こっている。

四条ねこ
前にこれじゃ売れないでしょー的なエントリーを出したけど、ここまで売れないとは…大丈夫かなー?

魅力ゼロ。ランチパックなダサい『Xperia XZ2』のコレジャナイ感

2018.02.27

『Xperia XZ2』が失敗な3つの理由

『Xperia XZ2』が失敗な3つの理由

そんな名実ともに“悲しい”ことになっている『Xperia XZ2』ですが、失敗したと思われる理由は3つあると思います。

『Xperia XZ2』が失敗した理由

  • 『アンビエントフロー』デザインのチグハグ感。
  • 中華系端末の急激なクオリティアップ。
  • ターゲット層の不透明さ。

理由1.『アンビエントフロー』デザインのチグハグ感

理由1.『アンビエントフロー』デザインのチグハグ感

1つ目の理由は、Xperia XZ2から採用された『アンビエントフロー』デザインの“思想のなさ”です。

まの
どういうことですか?
四条ねこ
えーと…

  • 持ちやすいけど不安定な形状
  • イヤホンジャックの廃止
  • 上下のベゼルのサイズが非対称
  • 指紋認証の場所が変

って、ことかなー?

さたえり
…。(酷い言いようやね)
Xperia XZ2の“指紋認証”と“ベゼル幅”は不可解。

Xperia XZ2の“指紋認証”と“ベゼル幅”は不可解。

以前の『ループサーフェス』から、『アンビエントフロー』にデザイン変更された今回。今回のデザインの論理性は、無茶苦茶な気がします。

さらに、本体が重い。また、アスペクト比を『Xperia XZ2』では18:9、『Xperia XZ Premium』では16:9にしています。どこに行こうとしているのでしょうか?

四条ねこ
このデザインの論理性のなさはSonyらしくないし、だから失敗した気がするんだよねー。

▼『Xperia XZ1』はループサーフェスデザイン。

理由2.中華系端末の急激なクオリティアップ

理由2.中華系端末の急激なクオリティアップ

2つ目の理由は、HuaweiやMotorola(現在は中国系企業資本)などに代表される、安価なスマホの性能やデザインが、“大幅に”向上したことがあります。

これら全ての端末はキャリア縛りの無いSIMフリー。しかも、Xperiaと比べて非常に安価。さらに、デザインが以前に比べ洗練されてきています。

四条ねこ
安いスマホ=チープな構造が、ここに来て一気に変わってきているんだよね〜!
まの
デザイン性や性能が、かなりブラッシュアップされてきていますもんね。

Xperiaがダメということだけではなく、他のスマホの勢力が強大になっているため、“相対的に”失敗したのでしょう。

理由3.ターゲット層の不明瞭さ

理由3.ターゲット層の不明瞭さ

3つ目の理由は、そもそもXperiaのターゲットが“明確”に見えてこないことです。

四条ねこ
ターゲットって…誰っ!?

ラグジュアリーな高級路線。それがSonyが定めたターゲット層な気はするのですが、そこまで高級感もないですし、カメラもiPhoneやGalaxyと同等ですし…イマイチどこに向かいたいのか分かりません。

まの
Sonyお得意の映像美をウリにするなら、そろそろ有機ELにして欲しいですよね。
四条ねこ
まったくであーる。

Xperia XZ3 Infinityは『Mirai』デザイン?

海外のイメージデザイン。

次期Xperiaは、『Xperia XZ3 Infinity』と呼ばれるものになりそうです。そして、デザインも『Mirai(ミライ)』に変更されるのだとか。

『Xperia XZ3 Infinity』予想スペック

  • 4Kディスプレイ
  • ベゼルレスデザイン
  • ポップアップフロントカメラ
四条ねこ
これは、あくまでドナルドの“噂”だけどねー!

特に興味深いのは、『アンビエントフロー』デザインが1世代で廃止されるということです。SonyはXperia XZ2の失敗から、現行のデザインに区切りをつけるのだとか。

次期Xperiaに採用される『Mirai(ミライ)』デザインでは、今までの『オムニバランス』や『ループサーフェス』を踏襲した形になるのだとか。Sonyらしさが戻りそうですね。

Xperia XZ4は『5G』で“10周年”モデル?

Xperia XZ4は『5G』で“10周年”モデル?

もう少し先の未来、『Xperia XZ4』では、Xperiaの10周年モデルになり『5G』に対応するそうです。

四条ねこ
まだまだ先だけどねー。

発売は2019年上半期になるのだとか。

さたえり
みんなの予想が先に行き過ぎているやんね…。

総評:XZ2は…葬られる!?

総評:XZ2は…葬られる!?

評判の良くない『Xperia XZ2』、リークや噂の飛び交う『Xperia XZ3 Infinity』と『Mirai』デザイン。Sonyにとって、苦難続きになりそうです。

四条ねこ
実際に、Sonyのスマホ事業は芳しくないから、どこでテコ入れするかだよねー。
まの
だからこそ、1世代限りで『アンビエントフロー』は廃止する可能性がある分けですね。

後継機は2018年後半、2019年前半に“2機種”は投入されると言われています。ここがSonyの正念場になりそうです。

四条ねこ
どうなる…Sonyっ!?

XZ2も実際に見ると悪くはないんですけどね…。

この記事で紹介したガジェット

  • Sony|Xperia XZ1 SIMフリー
  • Huawei|P20 SIMフリー
  • Huawei|P20 lite SIMフリー
  • Motorola|Moto Z2 Play SIMフリー

おまけ

四条ねこ
散々な言われようだよねー。
さたえり
散々に言っているのは“ねこさん”やんね?
まの
言いたいことは分かりますが、ほどほどにしてくださいね?
四条ねこ
ビブラートに包んでいるから大丈夫っ!(ドヤッ)
さたえり
はいはい、“オブラート”ね。

おわり

Source:Engadget