折りたたみスマホ『HUAWEI Mate Xs 2』は…筆圧ペン対応!

折りたたみスマホ『HUAWEI Mate Xs 2』は…筆圧ペン対応!
記事のポイント
  • 先日発表の『HUAWEI Mate Xs 2』がエモい!
  • Galaxy Z Fold3と同じくデジタイザーペン対応!
  • 折りたたみ時もペンが使えるのが素晴らしい!

— 価格は9,999人民元から —

Huaweiが、折りたたみスマートフォン『HUAWEI Mate Xs 2』を発表しました。本機はなんと、デジタイザーペン『HUAWEI M-Pen 2s』にも対応。…気になるので仕様を調べてみます。

二条ねこ

『Galaxy Z Fold3 5G』もペン対応(S Pen)だけど、閉じた状態だと使えないのがネックあーる。

まの

来る『Galaxy Z Fold4 5G』では、閉じた状態でも使える…なんて話もありますがね。

さたえり

それを先にHuaweiがやり遂げたわけやね!

『Mate Xs 2』と『M-Pen 2s』が発表

Huawei Mate Xs 2 Official Introduction - YouTube

Huaweiが2022年4月28日(CST)、同社の折りたたみスマートフォンの新製品となる『HUAWEI Mate Xs 2』、HUAWEI Mate Xs 2に対応した専用デジタイザーペン『HUAWEI M-Pen 2s』、をそれぞれ発表しました。

すでに『HUAWEI Mate Xs 2』は、中国国内向けに発売がなされており、京东(JD.com)などで購入が可能。販売価格は9,999人民元(約19.5万円)からとなっています。

なお、デジタイザーペンとは、一般的なスタイラスペンとは異なり、筆圧感知・傾き検知・パームリジェクション(手が画面に触れていても反応しなくなる機能)、を備えたデジタルペンのことを指します。

各製品の概要

HUAWEI Mate Xs 2

HUAWEI Mate Xs 2

Image:Huawei

現在、折りたたみスマートフォンの主流は、Galaxy Z Foldシリーズのような“内折り”の構造になっていますが、この『HUAWEI Mate Xs 2』は“外折り”の構造。なので、常に折りたたみディスプレイが外に向いていることになります。

HUAWEI Mate Xs 2

Image:Huawei

外折り構造なので、耐久性は気になるところですが、先代のHUAWEI Mate Xsと比較して、耐落下性は2.5倍、耐衝撃性は2.8倍、に向上しているとのこと。

ディスプレイ自体の耐久性も向上しており、ペンによる筆圧に耐えられるような構造に進化しているそうです。

以下、HUAWEI Mate Xs 2の主なスペック。

HUAWEI Mate Xs 2
OS HarmonyOS 2
SoC Qualcomm Snapdragon 888 4G
RAM 8GB/12GB
ROM 256GB/512GB
画面パネル OLED
画面サイズ Unfold:7.8インチ
Fold:6.5インチ
画面解像度 Unfold:2,480×2,200
Fold:2,480×1,176
フロント
カメラ
10.7MP
└ f/2.2
リア(超広角)
カメラ
13MP
└ f/2.2
リア(広角)
カメラ
50MP
└ f/1.8
リア(望遠)
カメラ
8MP
└ f/2.4
Wi-Fi Wi-Fi 6
└ IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax
Cellular 4G FDD-LTE/TD-LTE
3G W-CDMA/CDMA2000
2G GSM/CDMA
Bluetooth Bluetooth 5.2
└ SBC・AAC・LDAC
バッテリー
搭載容量
4,600Ah/4,880mAh
インターフェース USB Type-C ×1
└ USB 3.2 Gen 1
本体サイズ Unfold:約139.3×156.5×5.4–11.1mm
Fold:約75.5×156.5×11.1mm
本体質量 約255g/約257g

HUAWEI Mate Xs 2のスペック

HUAWEI M-Pen 2s

HUAWEI M-Pen 2s

Image:Huawei

『HUAWEI M-Pen 2s』は、HUAWEI Mate Xs 2に対応している純正デジタイザーペン。

Huawei他製品への対応については今後アナウンスされるとのことで、2022年5月8日時点では、正式にサポートされているのは『HUAWEI Mate Xs 2』のみとなっています。

デジタイザーペンの仕様としては、充電が必要なタイプ(USB Type-Cで充電)。また、USB Type-CでHUAWEI Mate Xs 2と接続してペアリングをすることから、従来と同じくHuawei独自のペンプロトコルが採用されているものと予想されます。

HUAWEI M-Pen 2s

Image:Huawei

筆圧感知は4,096段階となっており、この手のスマートデバイス対応のデジタイザーペンとしては、優秀な描画性能を誇っているとスペック上では言えそうです。

以下、HUAWEI M-Pen 2sの主なスペック。

HUAWEI M-Pen 2s
筆圧感知 4,096段階
傾き検知 対応
プロトコル 不明
サイドボタン 1
テールボタン -
駆動方式 充電式
駆動時間 連続:約10時間
スタンバイ:約40日
インターフェース USB Type-C ×1
本体サイズ 約φ8.9×143.87mm
質量 約17g

HUAWEI M-Pen 2sのスペック

思ったこと

ここまでで、『HUAWEI Mate Xs 2』と『HUAWEI M-Pen 2s』の概要について、ひととおり目を通してきました。

なので、あとはペンデバイスヲタとして思ったことをつらつらと……。

閉じた状態でも書けるのは強い

HUAWEI Mate Xs 2 + HUAWEI M-Pen 2s

Galaxy Z Fold3 5Gユーザーとして一番羨ましいのが、『HUAWEI Mate Xs 2』はスマートフォンを閉じた状態(= 折りたたんだ状態)でも、ペンでの描画に対応しているということ。

Galaxy Z Fold3 5Gには、メインディスプレイとサブディスプレイという2つの画面があるのですが、このうちペン(S Pen)に対応しているのは、メインディスプレイのみ。なので、スマートフォンを閉じた状態だと、ペンで描画できないわけです。

閉じた状態だとペンが使えない。これがGalaxy Z Fold3 5Gのネックなので、開いても閉じても使えるHUAWEI Mate Xs 2というのが、かなり羨ましかったりします。

重要なのはペンのプロトコル

HUAWEI Mate Xs 2 + HUAWEI M-Pen 2s

「ペンで書ければ何でもよい」ということではなく、やはり描画性能が重要。ホバー性能、ジッター、などなど…注目すべき点は多々あります。

例えば、Galaxy Z Fold3 5Gは『EMR(他機種と互換性のないWacom feel IT technologies)』を採用し、Surface Duo 2は『MPP(こちらは他機種と互換性アリ)』を採用しています。

HUAWEI Mate Xs 2とHUAWEI M-Pen 2sについては、ペンのプロトコルが言及されていないのですが、おそらくは従来と同じく、自社デバイスでしか使えない独自方式でしょう。有名どころだと、Apple Pencilも独自方式なので他社と互換性はありません。

そうなると、どれくらい実用レベルの描画性能を持っているのか、というところについては気になってしまいます。

超欲しいけどOSが最大のネック

HUAWEI Mate Xs 2 + HUAWEI M-Pen 2s

デバイスとしてはかなり魅力的なものになっていますが、『HarmonyOS 2』というのが、やはり最大のネック。

『HarmonyOS 2』自体、実際に使っていて、使い勝手という面ではiOSとAndroidの良いとこ取りという感じで悪くない。いや、むしろ使いやすいと思ってしまうほど、痒い所に手が届くUI/UXになっています。

ただ、やはりアプリ面でかなり苦労することが多く、超定番の『CLIP STUDIO PAINT』も非対応(iOS/Android/Galaxy/Chrome OS版はあるけど、HarmonyOS版だけない)。手書きメモアプリはそこそこ充実しているのですが、OSの都合上、他デバイスとの同期に苦労します。

HarmonyOSのエコシステムにガッツリ浸れば…という感もあるのですが、メインにはしづらいOSだけあり、なかなかに難しかったりします。

まとめ「欲しいけど惜しい」

欲しいけど惜しい

折りたたみスマートフォン『HUAWEI Mate Xs 2』は、デジタイザーペン『HUAWEI M-Pen 2s』に対応している。…ということで気にはなるのですが、やっぱり手は出しづらいのです。

価格も約20万円と高価ですし、HarmonyOS 2の扱いも難しい。人民元/円レートも、ドル/円レートと同様に円安傾向なので、タイミング的にも惜しかったりします。

二条ねこ

日本円換算で15万円くらいなら、って感じあーる。

HUAWEI MatePad 11(2021)のレビュー的感想 + 手放した話

HUAWEI MatePad 11(2021)のレビュー的感想 + 手放した話

2021年10月14日

この記事で紹介したガジェット
  • Huawei|HUAWEI Mate Xs 2
  • Huawei|HUAWEI M-Pen 2s

おまけ

二条ねこ

欲しい気持ちはあるけど、やっぱり『Galaxy Z Fold4 5G』待ちですな。

まの

気にはなりますがね。

さたえり

入手性もそうだし、中国系のAndroidは扱いが大変やもんね。

二条ねこ

うーむ、むむむ……。

おわり