CES 2022で登場した“ニューノーマル”PC + ぷちまとめ

CES 2022で登場した“ニューノーマル”PC + ぷちまとめ
記事のポイント
  • CES 2022で発表された“新時代”のPCをディグる!
  • ニューノーマル到来でPCはさらなる進化を遂げた!
  • 各企業のカンファレンスを見るだけで圧倒的幸福!

“テクノロジーの宝庫”

2022年1月7日(PST)まで開催されている、『CES 2022』にて発表されたパソコンの中で、“ニューノーマル”を感じた3製品を掘り下げて見てみます。あとは、ちょっとしたまとめも。

二条ねこ

ヘルスケアやFinTechはもちろん、EVやメタバースのような世相を反映したものも多い印象かなー!?

まの

2020年代は激動の10年間になりそうですよね。

さたえり

そんな中で、『パソコン』に注目してるんやね!?

CES 2022の概要と日程

CES 2022の概要と日程

まずは、ちょっとだけ『CES 2022』についてのおさらいを。

概要

CES 2022の概要と日程

Image:CES

釈迦に説法かもですが、『CES』とは、Consumer Technology Associationが主催している、世界最大のIT電子機器見本市のこと。CESは毎年1月に、米国ネバダ州ラスベガス(にあるLVCC)にて開催されています。

昨年開催された『CES 2021』は初のオンライン開催となりましたが、『CES 2022』はオンラインと本会場のハイブリッド開催になっています。

イベント開催期間は 2022年1月5日 〜 2022年1月7日 (PST)で、プレス限定のメディアデーが3日と4日に行われる。なお、当初は8日までの予定だったが、感染対策として1日短縮して行われることになりました。

日程

CES 2022

○ 2022年1月3日(メディアデー)
︙└ Press Conferences (Media Only)

○ 2022年1月4日(メディアデー)
︙├ Press Conferences (Media Only)
︙├ C Space Conference & Exhibits
︙└ Keynotes

○ 2022年1月5日
︙├ Press Conferences
︙├ Exhibits
︙├ C Space Conference & Exhibits
︙└ Keynotes

○ 2022年1月6日
︙├ Press Conferences
︙├ Exhibits
︙└ C Space Conference & Exhibits

○ 2022年1月7日
    ├ Press Conferences
    ├ Exhibits
    └ C Space Conference & Exhibits

※日時はPST時間基準。

CES 2022の全日程は上記のとおり。

注目のNew Normal PC

二条ねこ

そういうわけで、開催中のCES 2022で発表されたパソコンの中で、“ニューノーマル感”があったものを探してきたのであーるっ!

さたえり

どうせ、自分が欲しいデバイスだけピックアップしたんでしょ?

二条ねこ

ま、そうとも言う!

まの

…やっぱり。

Lenovo『ThinkBook Plus Gen 3』

Lenovo ThinkBook Plus Gen 3 Teaser video – YouTube

Lenovo ThinkBook Plus Gen 3 hands-on | CES 2022 – YouTube

ThinkBook Plus Gen 3

<特徴>

  • 業界初の 21:10 × 17.3″ ディスプレイ構成
  • キーボード面に8″サブディスプレイ搭載
  • デジタイザーペンによる手書き入力対応

<価格>

  • 1,399ドル〜

<発売日>

  • 2022年5月

Lenovo『ThinkBook Plus Gen 3』は、キーボード面(C面)にサブディスプレイを搭載した2画面ノートパソコン。

C面にディスプレイを搭載している2画面ノートパソコンといえば、ASUSの『ASUS ZenBook Duo 14 UX482EG』(レビュー)がある。しかし、ThinkBook Plus Gen 3はそれとは異なり、8インチタブレット風な縦長のディスプレイを搭載している(ASUS ZenBook Duo 14 UX482EGは横長)。

そんなサブディスプレイだけでなく、本機はメインディスプレイも面白い。なんと、アスペクト比が21:10という、ウルトラワイドな17.3インチパネルを採用しているのです。Lenovo曰く、業界初だそう。

公式サイトやプレスを見ると、サブディスプレイ側はランチャーのように使えるようで、マルチタスキングが捗りそうな予感。また、デジタイザーペン(ペンは本体に収納可能)による手書き入力やお絵描きにも対応しているのも良き。

二条ねこ

GPUがCPU統合型のIris Xeしか搭載してないのが気になるけど、開発やデザインを生業としてるユーザーなら注目な感じですな!

ThinkBook Plus Gen 3
プラットフォーム
OS Windows 11 Pro
CPU 12th Gen Intel Core i7
iGPU Intel Iris Xe Graphics
RAM 32GB
└ LPDDR5
SSD 2TB
└ PCIe
ディスプレイ
画面パネル LCD
画面サイズ メイン:17.3インチ
└ 21:10
サブ:8インチ
└ 10:16
画面解像度 メイン:3,072×1,440
└ 3K
サブ:800×1,280
└ WXGA
ボディ
サイズ 約410×228×15.9–17.9mm
質量 約2,000g

ThinkBook Plus Gen 3のスペック
※いずれも最大構成の場合
※Source:Lenovo

ASUS『Zenbook 17 Fold OLED UX9702』

Unfold the incredible – The groundbreaking ASUS Zenbook 17 Fold OLED Laptop – YouTube

Trên tay tablet 17″ gập thành laptop 12.5″ – ASUS ZenBook Fold 17 OLED | CES 2022 – YouTube

Zenbook 17 Fold OLED UX9702

<特徴>

  • 17.3″のフォルダブルディスプレイ搭載
  • 折りたたみ時は 12.5″ ×2 のディスプレイ
  • 専用キーボード『ErgoSense』を用意
  • DCI-P3 100%を誇る広色域OLEDパネル

<価格>

  • 未定

<発売日>

  • 2022年第2四半期

ASUS『Zenbook 17 Fold OLED UX9702』は、17.3インチのFOLEDを採用したフォルダブルノートパソコン。

フォルダブルパソコンといえば、Lenovoの『ThinkPad X1 Fold』が非常に有名(これが世界初)。ただ、ThinkPad X1 Foldは13.3インチという画面サイズだったのですが、Zenbook 17 Fold OLEDは17.3インチと超巨大なのが特徴的。折りたたみ式なので、展開時は17.3インチ(4:3)折りたたみ時は 12.5インチ(3:2) ×2 、という2つの顔を持つ。

専用のキーボード『ASUS ErgoSense Bluetooth keyboard and touchpad』が用意されており、合計で6つのモード(On-screen keyboard・Laptop・PC・Tablet・Book・Extend)で使えるようになっている。

CES 2022ではお披露目だけのようで、おそらく詳細な発売日や価格については、2022年5月開催のCOMPUTEX TAIPEI 2022で公開されるものと推測されます。

二条ねこ

2021年末に畳み掛けるようにOLED搭載機をリリースしてたけど、こういう“伏線”があったわけですな。…うーむ。

Zenbook 17 Fold OLED UX9702
プラットフォーム
OS Windows 11 Home
Windows 11 Pro
CPU Intel Core i7-1250U
├ 1.1GHz–4.7GHz
└ 2P+8Eコア
iGPU Intel Iris Xe Graphics
RAM 16GB
└ LPDDR5
SSD 1TB
└ NVMe PCIe 4.0
ディスプレイ
画面パネル OLED
└ FOLED
画面サイズ 17.3インチ
└ 4:3
画面解像度 2,560×1,920
ボディ
サイズ 約378.5×287.6×8.7–11.7mm
質量 約1,650g

Zenbook 17 Fold OLED UX9702のスペック
※いずれも最大構成の場合
※Source:ASUS

ASUS『ROG Flow Z13 (2022) GZ301』

2022 ROG Flow Z13 – One Device. Infinite Play. | ROG – YouTube

ASUS ROG Flow Z13 First Look: The Ultimate Gaming Tablet? – YouTube

ROG Flow Z13 (2022) GZ301

<特徴>

  • 13.4″のタブレット型ゲーミングパソコン
  • Surfaceライクなキックスタンド搭載
  • 最大でRTX 3050 Ti Laptop GPU搭載可能
  • 4K@60HzとFHD@120Hzから選択可能
  • eGPU兼ドッキングステーション『ROG XG Mobile』対応
  • デジタイザーペン(ASUS Pen)対応

<価格>

  • 未定

<発売日>

  • 2022年第2四半期

ASUS『ROG Flow Z13 (2022) GZ301』は、ゲーミングに特化したタブレットパソコン。

イメージ的には、2-in-1ノートの『ROG Flow X13』をタブレット端末に落とし込んだ感じのプロダクト。なので、本機でも専用のeGPU兼ドッキングステーション『ROG XG Mobile』が利用できるようになっています。

2021年前半のASUS ROGはAMD推しな感じだったのですが、今回はIntel推しな様子。ROG Flow Z13もIntel CPU搭載なので、待望のThunderbolt 4が搭載されています。また、USB PDによる充電にも対応。

タブレットではあるが“ゲーミング”なので、リフレッシュレートが120Hzのパネルも選択可能(4Kだと60Hz)。そして、嬉しいデジタイザーペン(ASUS Pen)にも対応しています。

二条ねこ

2-in-1なROG Flow X13を、タブレット端末にしてIntel化したって感じあーる。

ROG Flow Z13 (2022) GZ301
プラットフォーム
OS Windows 11 Home
CPU Intel Core i9-12900H
├ 2.5GHz–5.0GHz
└ 6P+8Eコア
dGPU NVIDIA GeForce RTX 3050 Ti Laptop GPU
RAM 16GB
└ LPDDR5
SSD 1TB
└ NVMe PCIe 4.0
ディスプレイ
画面パネル LCD
画面サイズ 13.4インチ
└ 16:10
画面解像度 3,840×2,400
└ WQUXGA
ボディ
サイズ 約302×204×12.0mm
質量 約1,180g

ROG Flow Z13 (2022) GZ301ZEのスペック
※Source:ASUS

CES 2022ぷちまとめ

世界最大規模のIT見本市だけあり、CESに対する力の入れようは各社ともに凄まじいものがあります。なので、とてもじゃないけど追いかけきれないし、全部を深掘りしてチェックは大変。

…というわけで、カバーできなかったぶんを“ぷちまとめ”として、以下にまとめておきます。

Lenovo
  • ThinkBook Plus Gen 3
    詳細

    前掲の内容を参照のこと。

  • ThinkPad X1 Nano Gen 2
    詳細

    ThinkPad X1 Nanoの第2世代。
    オプションでタッチ対応も可能。
    2022年4月発売。1,659ドル〜。

  • ThinkPad X1 Yoga Gen 7
    詳細

    ThinkPad X1 Yogaの第7世代。
    2022年3月発売。1,749ドル〜。

  • ThinkPad X1 Carbon Gen 10
    詳細

    ThinkPad X1 Carbonの第10世代。

  • Yoga 9i
    詳細

    14″の2-in-1ラップトップPC。
    1,399ドル〜。

  • Yoga 7i
    詳細

    16″と14″の展開。
    オプションでIntel Arc graphics搭載版も用意。
    899ドル〜。

  • Yoga 6
    詳細

    AMD Ryzen搭載モデル。
    749ドル〜。

  • ThinkPad Z 13
    詳細

    サスティナブル素材採用。
    トラックパッドの物理ボタン廃止。
    トラックポイントにジェスチャー追加。
    1,549ドル〜。

  • ThinkPad Z 16
    詳細

    サスティナブル素材採用。
    トラックパッドの物理ボタン廃止。
    トラックポイントにジェスチャー追加。
    2,099ドル〜。

ASUS
  • Zenbook 17 Fold OLED UX9702
    詳細

    前掲の内容を参照のこと。

  • ROG Flow Z13 (2022) GZ301
    詳細

    前掲の内容を参照のこと。

  • Zenbook 14X OLED Space Edition
    詳細

    ASUS製ラップトップが宇宙に送られてから25年を記念するモデル。
    MILを超えるSMC-S-016Aに準拠した宇宙グレードの耐久性
    天面に3.5″ OLEDサブディスプレイ(ZenVision)搭載。
    厚さ15.9mm。質量1.4kg。

Razer
  • Razer Blade 14
    詳細

    14″ゲーミングラップトップPC。
    GeForce RTX 30シリーズ搭載。
    Windows Hello対応カメラ搭載。
    1,999.99ドル〜。

  • Razer Blade 15
    詳細

    15.6″ゲーミングラップトップPC。
    GeForce RTX 30シリーズ搭載。
    4K@144Hzディスプレイ搭載可能。
    2,499.99ドル〜。

  • Razer Blade 17
    詳細

    17″クリエイター向けラップトップPC。
    GeForce RTX 30シリーズ搭載。
    NVIDIA Studio認定。
    4K@144Hzディスプレイ搭載可能。
    2,699.99ドル〜。

  • RAZER x Fossil Gen 6
    詳細

    Fossilコラボのスマートウォッチ。 OSはWear OS by Google。
    329ドル。

  • Project Sophia
    詳細

    モジュラー構造採用のゲーミングデスク。 コンセプトモデル。

  • Enki Pro HyperSense
    詳細

    触覚フィードバック搭載のゲーミングチェア。
    映像に連動してチェアが振動・稼働をする。

Samsung
  • Odyssey Ark
    詳細

    55″の曲面ゲーミングモニター。
    アスペクト比は16:9。
    曲率は1,000R。
    ピボットとチルトに対応。

HP
  • OMEN 45L Gaming Desktop
    詳細

    新しい冷却システム搭載。
    フロントパネルとサイドパネルはツールレス着脱。
    PCケース単体で販売予定。

  • VICTUS 15L Gaming Desktop
    詳細

    エントリークラスのゲーミングデスクトップPC。

  • OMEN 27u
    詳細

    4K@144Hz。
    HDMI 2.1入力対応。
    DCI-P3 95%。

Dell
  • XPS 13 Plus
    詳細

    トラックパッドがパームレストの高さと同じ。
    キーボード面がフルフラットのデザイン。
    ファンクションキーが静電容量のタッチ式。

  • Alienware x14
    詳細

    Alienware史上もっとも薄いゲーミングラップトップPC。
    厚さは14.5mm。 GPUは最大でGeForce RTX 3060まで。

  • Alienware x15 R2
    詳細

    Alienware x15の第2世代。

  • Alienware x17 R2
    詳細

    Alienware x17の第2世代。

  • Concept Nyx
    詳細

    ローカルPCをゲーミングサーバー化。
    コンセプトモデル。

  • Concept Polaris
    詳細

    AlienwareのeGPUボックス。
    フルサイズのグラフィックボードに対応。
    製品化の可能性があるコンセプトモデル。

Sony
  • PlayStation VR2
    詳細

    PlayStation VRの後継機。
    4K HDR・OLEDパネル。
    視野角(FoV)は110°。
    アイトラッキング対応。
    3Dオーディオ対応。
    ヘッドセットフィードバック搭載。
    PlayStation 5とはUSB Type-Cで接続。

富士通
  • FMV LOOX
    詳細

    FUJITSU PC 40th Anniversaryモデル。
    『CES Innovation Awards 2022』受賞製品。
    13.3″の軽量タブレットPC。
    2022年内に発売を予定。

二条ねこ

これでも一部なんだよねー。

まの

…さすがですわね。

各社の公式YouTube

Razer

まとめ「CES 2022はギークの夢の国」

CES 2022はギークの夢の国

CES 2022…ずっと見てたら、1日は余裕で潰せます。ヘブンになります。

CES 2022: Abbott Labs Keynote – YouTube

二条ねこ

Keynoteを見てるだけでも楽しいのですぞっ!

CES 2021で私が気になるガジェット4製品

CES 2021で私が気になるガジェット4製品

2021年1月12日
この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

オンライン開催になってから、わたしのような一般人でも情報が入手しやすくなったのであーる。

まの

そういう恩恵もあるわけですね。

二条ねこ

今後はハイブリッド開催が主流になったりして!

さたえり

これも“ニューノーマル”なわけやね!

おわり