最強のiPad Proケース決定戦—Apple純正 vs OtterBox vs moshi!一挙比較レビューの巻

最強のiPad Proケース決定戦—Apple純正 vs OtterBox vs moshi!一挙比較レビューの巻

最強を決めようぞ。

2018年発売の新型iPad Pro。純正ケースが賛否両論な評価なので、どれを買うか迷うところ。そこで、自称ケースオタクの私が、2018年iPad Pro用の人気ケースをガチ比較レビューします!

四条ねこ
今回比較レビューするのが、

の3つだよー!(全部11インチ用だよ)

まの
ということは……。
さたえり
3つとも買ったんやね。(何やってんだか)

エントリーはこの3つだ!

今回はiPad Pro 11インチ用ケース3つを比較。

今回はiPad Pro 11インチ用ケース3つを比較。

今回、比較レビューをしていくのは写真左から、

  • Smart Keyboard Folio
  • OtterBox Symmetry Series 360 Case
  • VersaCover for iPad Pro

の順番で、合計3製品です。

私が持っているのは、すべて11インチ用iPad Proケースですが、12.9インチ用のケースもサイズが違うだけなので、12.9インチユーザーは…脳内変換してください。

▼すべて、2018年iPad Pro 11インチで比較・検証しています。

▼こちらはApple純正(画像左)のキーボード付きケース。

▼こちらはmoshi製(画像右)の折り紙的なケース。

Apple vs OtterBox vs moshi –三者機能比較–

四条ねこ
今回は前置き少なめで、早速3つのケースの比較をしてくぞJOJO〜!

外観

Smart Keyboard Folio

Apple純正のSmart Keyboard Folioは、マグネットでiPad Proと装着するスタイル。ケースの質感は、今回の3つ製品の中では一番マットで、しっとりとした肌触りが特徴です。

表面も裏面も同色で、カメラ部分のくり抜き処理が一番小さい(さすが純正!)感じ。お高いケースだけあって、工作精度も高く作られています。

OtterBox Symmetry Series 360 Case

OtterBoxから発売されているOtterBox Symmetry Series 360 Caseは、一般的なはめ込み式の装着スタイル。ケースの質感は、表面はツルツル(純正よりはマット感はない)で、裏面は光沢感の強いポリカーボネートです。

表面は、Appleライクな“風呂の蓋”スタイル。右側のベロは、Apple Pencil保護用です。裏面は、透明感が高いポリカなので、林檎マークもバッチリ見えます。カメラのくり抜きは、この中で一番大きかったです。

VersaCover for iPad Pro

moshiから発売されているVersaCover for iPad Proも、一般的なはめ込み式の装着スタイル。ケースの質感は、表面はこの中では一番サラサラ感が強く、裏面はOtterBoxとは異なり、ちょっと曇りガラスのような光沢感のないポリカーボネートです。

表面は薄いグレー(このケースのみ2色展開)で、折り紙のような折り目が特徴。こちらもApple Pencil保護のベロがありますが、OtterBoxとは異なり、背面に来るようになっています。裏面は林檎マークが見える仕様。光沢感がないので、高級感があるように見えます。

重さ

重さはそれぞれ実測で、

  • Smart Keyboard Folio:292g(非公表)
  • OtterBox Symmetry Series 360 Case:294g(295g)
  • VersaCover for iPad Pro:220g(221g)

でした。括弧内の数値は、メーカーの公称値です。

数値だけで言うと、OtterBox Symmetry Series 360 Caseが一番重たいのですが、実際に使ってみるとSmart Keyboard Folioが、一番重たく感じます。持ってて明らかに軽く感じるのは、VersaCover for iPad Proです。

Smart Keyboard Folioはキーボード込みなので不利です。それを考慮すると、OtterBox Symmetry Series 360 Caseがダントツで重たいです。しかも分厚いので、余計に重量感を感じます。

スタンド機能

Smart Keyboard Folio

Apple純正のSmart Keyboard Folioは、2つの角度で立てられます

深めの角度。

深めの角度。

タイピングに向いている浅めの角度。

浅めの角度。

浅めの角度。

何に使うか分からないくらい浅めの角度。

いわゆる、お絵かきに適したスタンドはありません。上下180°回転させて使うこともできますが、その場合はソフトウェアキーボードが出ない(物理キーボードが優先して認識される仕様のため)ので、正直言って使い物にならないでしょう。

OtterBox Symmetry Series 360 Case

OtterBoxのOtterBox Symmetry Series 360 Caseは、2つの角度で立てられます

タイピング・お絵かきに適した角度。

タイピング・お絵かきに適した角度。

純正にはない、タイピングやお絵かきに適した深めの角度。

動画視聴向きの角度。

動画視聴向きの角度。

動画視聴・ブラウザー閲覧に向いた浅めの角度。

ごくごく一般的なスタンド機構ですが、Smart Keyboard Folioに比べると“天と地の差”でこっちのほうが使いやすいです。安定度もかなり良き。

VersaCover for iPad Pro

moshiのVersaCover for iPad Proは、3つの角度で立てられます

タイピング・お絵かきに適した角度。

タイピング・お絵かきに適した角度。

純正にはない、タイピングやお絵かきに適した深めの角度。

動画視聴向きの角度。

動画視聴向きの角度。

動画視聴に向いた浅めの角度。

ブラウザー視聴向きの角度。

ブラウザー視聴向きの角度。

さらに、このケースだけ縦置きが可能

このケースは折り目は特殊なので、このようにさまざまな立て掛け方が可能。縦置きができるので、ブラウザー閲覧目的にかなり適しているケースな気がします。安定度も悪くない。

側面保護

Smart Keyboard Folio

Smart Keyboard Folioは側面ノーガード。

Smart Keyboard Folioは側面ノーガード。

Apple純正Smart Keyboard Folioは、このように側面が剥き出しのノーガードです。なので、側面を保護したいなら、スキンシールを併用すると良いかも知れません。

ガックシ…『iPad Pro 2018』は側面“ノーガード戦法”がほぼ確定?

2018年11月7日

iPad Pro 2018の側面保護…『スキンシール』で解決だ!

2019年4月2日

OtterBox Symmetry Series 360 Case

OtterBox Symmetry Series 360 Caseは側面保護バッチリ。

OtterBox Symmetry Series 360 Caseは側面保護バッチリ。

OtterBoxのOtterBox Symmetry Series 360 Caseは、側面がぶ厚めのソフト系素材で守られています。

スピーカーグリルやUSB Type-C端子付近を持つとふにゃふにゃなので、持つときはそのあたりを避けるべきです。

VersaCover for iPad Pro

VersaCover for iPad Proも側面保護バッチリ。

VersaCover for iPad Proも側面保護バッチリ。

moshiのVersaCover for iPad Proは、OtterBoxより薄手のソフト系素材で守られています。

こちらもOtterBoxと同様に、スピーカーグリルやUSB Type-C端子付近はふにゃふにゃなので、持つときはそこ以外にするようにしましょう。

Apple Pencil保護

Apple Pencilをカバーできるのは、OtterBox Symmetry Series 360 CaseとVersaCover for iPad Proです。純正のSmart Keyboard Folioはできません。

比較表

どれもしばらく使ってみて、独断と偏見で比較表にまとめてみました。

製品名 Smart Keyboard Folio OtterBox Symmetry Series 360 Case VersaCover for iPad Pro
デザイン性
重量
スタンド機能
側面保護 ×
Apple Pencil保護 ×

2018年iPad Pro用ケースの比較表。

Smart Keyboard Folioだけダメダメなケースのように見えてしまいますが、このケースだけキーボードがついていることは、忘れないでください。キーボードがついているのに、OtterBox Symmetry Series 360 Caseよりも軽いのは◎です。

そうそう、比較をしていますが、どれも人気なだけあって、クオリティーの高いケースです。なので、どれも基本的には“ハズレはない”と思ってもらって大丈夫なはず。

それぞれに向いている人

Smart Keyboard Folioは“タイプする人”向き

やっぱり、タイピングする人にオススメしたい!

やっぱり、タイピングする人にオススメしたい!

Apple純正のSmart Keyboard Folioは、タイピングをガシガシする人にオススメ。むしろ、それに特化している気がします。

OtterBox Symmetry Series 360 Caseは“絵描きする人”向き

スタンド機能的にも、イラストレーターにオススメ!

スタンド機能的にも、イラストレーターにオススメ!

OtterBoxはOtterBox Symmetry Series 360 Case、Apple Pencilの保護機能や、深めのスタンド機能を考えると、イラストを描く人にオススメ。

VersaCover for iPad Proは“視聴する人”向き

縦置きスタンドがあるから、とにかく“見る”な人にオススメ!

縦置きスタンドがあるから、とにかく“見る”な人にオススメ!

moshiのVersaCover for iPad Proは、自由の高いスタンド機能から考えて、動画視聴やブラウザー閲覧を頻繁にする人にオススメ。Apple Pencilの保護もできるので、メモを書く人にも合うと思います。

総評:最強は…どれだ!?

総評:最強は…どれだ!?

どれも特徴的なケースで、どれも良いと思うのが結論なのですが…ダメですかね?

まの
決定戦なのに、同率優勝は…ね。
さたえり
ねこさん的には、どれが良かったと思うん?
四条ねこ
うーん…moshiのかなー。

個人的には、moshiのVersaCover for iPad Proが軽いので好きです。Apple Pencil保護もバッチリですし、スタンド機能の魅力的。

でもでも、どれも良きですよ!

おまけ

さたえり
結局、3つとも買ったんやね…。
まの
ほんと、無駄遣いですよ!
四条ねこ
あははー。やっちったー。
さたえり
でも、こういう人って多そうな気がするなぁ。

おわり