うん、大変。飛行機にモバイルバッテリーを持ち込む条件って…?

うん、大変。飛行機にモバイルバッテリーを持ち込む条件って…?
記事のポイント
  • 絶対に機内持ち込みにすること!
  • バッテリー容量に注意すること!
  • 航空会社の規定も確認しておくこと!

飛行機って大変だ。

旅行や留学の必需品、それは『モバイルバッテリー』。ですが、飛行機に持ち込むとなるの厄介なのも、これまたモバイルバッテリー。機内持ち込み自体は可能なのですが、容量によって制限があるみたい。なので、ワーホリついでに調べてみました。

二条ねこ

飛行機にモバイルバッテリーを持っていけるけど、容量と個数には注意が必要っ!

まの

バッテリーって危険物ですものね。

さたえり

知っておくべき知識ってことやね!

飛行機とモバイルバッテリーの原則

飛行機とモバイルバッテリーの原則
  • 機内預け入れは不可。
  • 機内持ち込みにも制限アリ。
  • 航空会社によって微妙に異なる。
  • 注目すべきは『Wh』という数値。

調べてみると、飛行機に搭乗する際にモバイルバッテリーを持っていく場合、上記のような持ち込み条件がありました。なので、これらに注意してモバイルバッテリーを持ち込む必要があります。うん、大変。

とはいえ、旅行や留学でモバイルバッテリーを持っていくのは、今の時代では当たり前になっているはず。ですので、モバイルバッテリーを持っていかないという選択肢は、私を含めておそらくないでしょう。つまり、飛行機に乗るならば、モバイルバッテリーの機内持ち込みについては、かならず理解しておくほうがよいということになりますね。

二条ねこ

だから、これから1つずつ注意点を確認するぞー!

機内預け入れは不可

大原則として、モバイルバッテリーは機内預け入れはできません

これは、国際民間航空機関(ICAO)が禁止している事項になるので、私たち一般乗客は例外なく、モバイルバッテリーを機内預け入れできないと覚えておかないといけません。

機内持ち込みにも制限アリ

機内預け入れ不可なので、モバイルバッテリーは機内持ち込みに必然的になります。ただし、それにも細かな条件があります。

航空会社によって微妙に異なる

国際民間航空機関(ICAO)が、モバイルバッテリーの機内持ち込みの制限を取り決めているので、基本的には国際基準があると思っておけばよさそう。
ただ、航空会社によってはより厳しくモバイルバッテリーの機内持ち込みを制限しているところもありました。

二条ねこ

ここについては、実際に要チェックだねー!

注目すべきは『Wh』という数値

■Whの算出方法

Wh = 3.7 × mAh ÷ 1,000

モバイルバッテリーの機内持ち込み可能かどうかは、『Wh』(消費電力量)という数値が大きく関わっています。なので、お手持ちのモバイルバッテリーのWh量を見るか、記載されているmAhから計算すればOK。

このWh値と航空会社のモバイルバッテリー機内持ち込みの容量制限を照らし合わせれば、晴れてモバイルバッテリーを飛行機に乗せられる、ということになります。うーん、結構大変ですね…。

まの

つまり、モバイルバッテリーの容量に注目。ということですね?

二条ねこ

そういうことになるね〜。

各航空会社のモバイルバッテリー容量制限

  100Wh未満 100Wh〜160Wh未満 160Wh以上
日本航空(JAL) ○(2個まで)
全日本空輸(ANA) ○(2個まで)
スカイマーク(SKY) ○(2個まで) ○(2個まで)
ジェットスター・ジャパン(JJP) ○(2個まで)
エアアジア・ジャパン(WAJ) ○(2個まで)
エアージャパン(AJX) ○(2個まで)
ソラシドエア(SNJ) ○(2個まで)

2019年12月時点のモバイルバッテリー機内持ち込み可否表。

国内の主要な航空会社を調べてみると、160Wh未満ならモバイルバッテリーを機内持ち込みが可能でした。
国際線でも基本的には同じく160Whがボーダーラインという感じですが、航空会社によってはより厳しい基準を設けている可能性もあります。なので、搭乗する航空会社に事前問い合わせをするのが確実でしょう。

より確実に機内持ち込みをすることを考えると、100Wh未満(27,000mAh未満)のモバイルバッテリーをチョイスするのがよさそうです。これでも十分すぎるほどのバッテリー容量ですからね。

二条ねこ

160Whは約43,000mAhってことだから、よほど巨大なモバイルバッテリーじゃない限り大丈夫だとは思うけどねー。

飛行機乗りのモバイルバッテリーおすすめ

飛行機に乗る前提でモバイルバッテリーを購入するとしたら、

  • 160Wh(約43,000mAh)以下の容量を選ぶ
  • できればモバイルバッテリーは1つだけにする
  • モバイルバッテリーの性能を気にするべき

ということになりそうです。

容量に関しては、前述したように27,000mAh未満が現実的によさそうです。
これ以上大きい容量だと、大きく重たくなりますし、これぐらいの容量のモバイルバッテリーなら、どの航空会社でも大丈夫そうだと判断してですね。

また、複数モバイルバッテリーを持ち込むことは想定せずに、USB Type-C(USB PD)や急速充電に対応した、高性能なモバイルバッテリーを1つだけ決め打ちで持っていくべきでしょう。2つ持っていきたい場合は、より容量や規定に注意すべきでしょう。

二条ねこ

この条件から、飛行機に乗るとき用のモバイルバッテリーを探してみるぞー!

【1】Belkin『BOOST↑CHARGE 20100mAh モバイルバッテリー』

【1】Belkin『BOOST↑CHARGE 20100mAh モバイルバッテリー』
最大出力 30W
バッテリー容量 20,100mAh
インターフェース USB Type-A ×1
USB Type-C ×1

BOOST↑CHARGE 20100mAh モバイルバッテリーのスペック。

個人的に機内持ち込みでベストだと思っているのが、Belkin『BOOST↑CHARGE 20100mAh モバイルバッテリー』

容量的にも機内持ち込み可能かつ、USB PDにも対応しているので、充電環境に困る渡航先でも活躍してくれると期待。詳しくはレビューを見てほしいのですが、安全性も高く、個人的には20,000mAh付近のモバイルバッテリーでは、ベストバイだと思っています。かなりおすすめ。

【レビュー】Belkin『BOOST↑CHARGE 20100mAh モバイルバッテリー』—USB PD規格準拠の安心モバブーの決定版[PR]

【レビュー】Belkin『BOOST↑CHARGE 20100mAh モバイルバッテリー』—USB PD規格準拠の安心モバブーの決定版[PR]

2019年10月20日

【2】Belkin『Valet Charger Power Pack 6700mAh』

【2】Belkin『Valet Charger Power Pack 6700mAh』
最大出力 10W
バッテリー容量 6,700mAh
インターフェース USB Type-A ×1
Micro USB ×1

Valet Charger Power Pack 6700mAhのスペック。

Apple Watchを旅行に持っていくなら、Belkin『Valet Charger Power Pack 6700mAh』がおすすめ。

Apple Watchは、専用の充電器じゃないと充電されない面倒な仕組み。なので、Apple Watchに対応したモバイルバッテリーを持っておくと、旅行時も安心できるはず。大容量じゃなくてもOKなら、こちらもおすすめ。2個持ちのサブとしても。

【レビュー】Belkin『Valet Charger Power Pack 6700mAh』—Apple Watch対応&パススルーOKな万能モバイルバッテリー[PR]

2019年12月15日

まとめ「高性能な20,000mAh前後のモバブーを機内持ち込みが吉」

まとめ「高性能な20,000mAh前後のモバブーを機内持ち込みが吉」

飛行機にモバイルバッテリーを持ち込む際の要点をまとめると、

  • ぜーーーったいに機内持ち込み
  • 20,000mAh前後(100Wh未満)の持ち込みが楽
  • 国際線利用時には航空会社の規定を要チェック

という感じになりそうです。

重さ的にも20,000mAh前後のモバイルバッテリーを1つ持ち込むというのが、一番無難に持ち込めるパターンだと思います。あと、当然ですが機内持ち込み厳守。機内預け入れにしちゃうと、没収されることもあるようなので注意が必要です。

私はワーホリ(カナダ)目的で調べたので、実際に搭乗するのは国際線。なので、より注意して2つのモバイルバッテリーを飛行機に持っていこうと思います。

二条ねこ

大容量とApple Watch用の2つ持っていこうかなー!?

この記事で紹介したガジェット

おまけ

さたえり

てか、ワーホリするんやね!?

二条ねこ

まだチャンスは数年あるから、どこかで行こうと思っているよー!

まの

口だけ番長にならなければよいのですがね…。

二条ねこ

むっ!?

おわり