MIXI Mリアルカードとプレミアム会員ってどうなの?

プレミアム会員に加入するメリットを模索中
MIXI Mリアルカードとプレミアム会員ってどうなの?
記事のポイント
  • MIXI M『プレミアム会員』の“月額480円”はサービス内容を鑑みると割高
  • リアルカードの有効期限が来るたびに発行手数料が発生するのがネック
  • バーチャルカードが複数枚発行できるのは良いが使えない店舗が多いのは難

MIXIが『MIXI Mリアルカード』と『MIXI Mプレミアム会員』を提供開始しました。
早速、プレミアム会員に加入し、リアルカードを発行したものの、現状は「微妙」というのが正直な感想。とはいえ、せっかくサブスク加入したので、特典について整理してみます。

二条ねこ

“月額480円”という、ランニングコストが悩ませますな。

まの

かなり強気な価格設定ですわね。

さたえり

『Apple Pay』と『Google Pay』の両方に対応しているのは、大きなメリットではあるんやけどね。

『MIXI Mリアルカード』について

Image:MIXI

タイトル
MIXI Mリアルカード
概要

『MIXI Mリアルカード』とは、スマートフォンアプリ『MIXI M』と連携させて利用する、券面にカード番号の表記がないナンバーレスのプリペイドカード。

仕様
  • 国際ブランド
    • Visa
  • タッチ決済
    • Visa Contactless Payments
  • 発行手数料
    • 1,000円
  • 有効期限
    • 3年
  • 保有可能枚数
    • 2枚
  • 利用枠
    • 10万円/月 〜 50万円/月
  • PINコード
    • 設定可能
  • カード名義人
    • 本人名義

MIXI Mには『リアルカード』と『バーチャルカード』が存在しており、今回紹介しているのは『リアルカード』のほう。以前、『6gramカード』というリアルカードが同社から発行されていたのですが、その後継となるのが、今回の『MIXI Mリアルカード』です。

バーチャルカードでは国際ブランドが『Visa』と『JCB』から選択可能ですが、リアルカードの国際ブランドは『Visa』のみとなっております。また、昨今のプリペイドカードとしては当然ですが、タッチ決済である『Visa Contactless Payments』にも対応しています。

この『MIXI Mリアルカード』自体、はっきり言って、券面がスケルトンデザインになっているということ以外、特に取り立てて書くことはありません。それくらい、良くも悪くも“普通”なプリペイドカードです。ポイント還元の類もありません。

強いて言えば、競合しているプリペイドカードとは異なり、最大2枚までリアルカードを発行できるところが、メリットらしいメリットになるでしょう。

二条ねこ

券面がスケルトンデザインという面白さも、競合に『B/43』があるから、そこまで目立ってないのであーる。

まの

『B/43』との違いは、こちらはナンバーレスプリペイドカードだというところですわね。

『MIXI Mプレミアム会員』について

Image:MIXI

タイトル
MIXI Mプレミアム会員
概要

『MIXI Mプレミアム会員』とは、便利な機能などが使えるようになる、有料のサブスクリプションサービス。

価格
  • 月額480円
特典
  • 毎月3枚までバーチャルカードが無料発行可能
    • バーチャルカードの無料発行期間は3か月
    • 無料発行権利は期間内なら繰越が可能
    • バーチャルカードの保有上限は30枚
  • ガソリンスタンドやホテルでのリアルカード決済に対応
    • 利用時にオーソリとして1万円が差し引かれる
    • 売上確定したタイミングで差額分のオーソリは返金
  • 毎月5,000円まで残高の受取手数料が無料
  • 海外加盟店での決済手数料が無料
    • 通常は決済手数料が3%発生するが無料になる

MIXI Mリアルカードと同時に発表されたのが、有料のサブスクリプションサービス『MIXI Mプレミアム会員』。

この手のサブスクリプション型決済サービスといえば、みんなの銀行『プレミアムサービス』、Revolut『Revolut Metal』、住信SBIネット銀行『ミライノデビット プラチナ』、などがありますが、これらはすべてデビットカード。しかし、今回のMIXI Mはプリペイドカードなので、そう考えると少し珍しいかもしれません。

『MIXI Mプレミアム会員』に加入すると、ガソリンスタンドやホテルでの決済に対応すること、そして海外加盟店での決済手数料が無料になること、これらが主な特典になってきます。現時点では、サブスクリプションに加入しても、ポイント還元の類はありません。なので、加入は慎重に。

二条ねこ

ちょっと特殊なサブスクリプションなのかもですな。

さたえり

月額480円のランニングコストを回収できるかは、ちょっと難しいところやんね。

『リアルカード』と『プレミアム会員』ってどうなの?

ナンバーレスのプリペイドカード『MIXI Mリアルカード』。
有料のサブスクリプションサービス『MIXI Mプレミアム会員』。

双方とも、後発のわりにはパンチ力に欠ける印象を持ってしまいます。

『MIXI Mリアルカード』については、そもそもの発行手数料が高い。
有効期限が3年で、そのたびに再発行手数料として1,000円が発生してしまうのが、何とも解せぬところ。プリペイドカードにかかるコストも重々承知しているのですが、それでも割高感は否めません。

『MIXI Mプレミアム会員』については、特典が自分には合わないかと。
外貨決済にかかる事務手数料が無料になるのは嬉しいのですが、国際ブランドのレートを考慮すると、海外決済に強い『Revolut』や『Sony Bank WALLET』のほうが、結果的に安く済むかもしれません。このあたりは要検証ですが。

二条ねこ

そもそもなんだけど、MIXI Mは『プリペイドカード』だから、デビットカードに比べて使える店舗が限られてしまうのがネックですな。

まの

もっと言うと、他のプリペイドカードと比べても、決済できる店舗が少ないイメージですわ。

二条ねこ

うーん、その印象は強いですな。

まとめ「“もうひと押し”が欲しい」

まとめ
『MIXI Mプレミアム会員』について

最大2枚までリアルカードを発行できるのは良いが、有効期限が3年で、そのたびに再発行手数料として1,000円が発生してしまうのは、ちょっと高い。

『MIXI Mプレミアム会員』について

外貨決済にかかる事務手数料が無料になるのは良いが、もっと海外決済に強いカードはあるので、わざわざ加入する必要性はない。

せっかく『MIXI Mプレミアム会員』に加入したのですが、調べれば調べるほどに「微妙では!?」と感じてしまう始末。

たぶん、MIXI Mプレミアム会員、すぐに解約しちゃう気がします。……うーん、すいません。

二条ねこ

ごめんぬ。

『Revolut』と『ミライノデビット プラチナ』の比較

『Revolut』と『ミライノデビット プラチナ』の比較

2023年3月24日
記事に登場したガジェット
  • MIXI|MIXI M

おまけ

二条ねこ

なんか、加入して失敗しちゃったかも。

まの

これからに期待するしかありませんわね。

さたえり

なんか、しれーっと“サ終”しそうな感もあるけどね。

おわり