【比較】DELLの”最強”2in1 PC『XPS13 2-in-1』を『MacBook』と比較レビューしてみた #4

@atticponzuです!DELLの『XPS 13 2-in-1』連続レビュー第4回目ですっ!今回は、MacBookと比較レビューをしていきたいと思います!両方とも、良いところ・悪いところが見えてきますね・・・

DELL『XPS13 2-in-1』レビューリンク

こちらは連続レビューになるので、関連リンクを載せておきます!

『XPS 13 2-in-1』VS『MacBook』スペック比較

それでは、まずはDELLの『XPS 13 2-in-1』とAppleの『MacBook』のスペックを比較していきたいと思います。スペックは以下の表にまとめてみましたので、ご覧いただければっ!

各々、優れている箇所は赤字で示していますので、ご参考までに!

モデル DELL  『XPS13 2-in-1』 12インチ『MacBook』2016
OS Windows 10 mac OS
解像度 13.3インチ(3200×1800ピクセル QHD+) 13.3インチ
(1920×1080ピクセル FHD)
12インチ(2,304×1440ピクセル 227ppi)
CPU core i7-7Y54、core i5-7Y54 core m3 1.1GHz(TB2.2GHz)、core m5 1.2GHz(TB2.7GHz)
RAM 8GB、16GB(LPDDR3) 8GB 1,866MHz(LPDDR3)
ストレージ 256GB、512GB(PCI-e) 256GB、512GB(PCI-e)
GPU Intel HD 615 IntelHDGraphics 515
インターフェイス USB Type-C×2(1つはThunderbolt3兼用端子)、イヤホンジャック、microSDカードリーダー USB Type-C、イヤホンジャック
タッチパネル 10点マルチタッチ対応(デジタイザー対応) なし
認証デバイス  対応(指紋認証、ウェブカメラ*なぜか現状設定できない) なし
バッテリー 最大8.5時間 最大15時間 最大10時間
サイズ 8〜13.7×304×199 mm(T×W×H) 3.5〜13.1×280.5×196.5 mm(T×W×H)
重量 1240g 920g

解像度はドロー

解像度は確かに数値だけ見ると、『XPS 13 2-in-1』の方が高解像度を選択できるので、有利には見えますが・・・正直、両方共十分高解像度で、引き分けと言った感じです。

『XPS 13 2-in-1』は高解像度ですが、Windows 10がこの高解像度に追いついていない感じもしますし、『MacBook』は解像度では少し劣っているかもしれないですが、mac OSの作り込みが良いので高解像度をフルに活かせている印象です。

CPUは『XPS 13 2-in-1』の勝利!

もちろん、OSによってサクサク度合いは変わりますが、CPUのカタログスペックだけで判断すると、『XPS 13 2-in-1』の勝利です。

と言うのも、どちらも名前は違えど「core M」という一番低電圧なcoreシリーズのCPUなのですが、『XPS 13 2-in-1』の方が1世代新しいCPUを積んでいるので、勝利したということになりますっ!

あとは、core i7(m7)を選択できる点でも、『XPS 13 2-in-1』の方がCPUスペックでは有利と思います!

RAMは『XPS 13 2-in-1』有利だが・・・

16GBのRAMを選択できる『XPS 13 2-in-1』が確かに勝利しているのですが、両方使用している私からしたら、何ら変わりや違いはありません。

正直、どっちもサクサクです笑

GPUはCPUの世代が新しい『XPS 13 2-in-1』が有利!

GPUはどちらもCPU内蔵のものですので、CPUの世代によって有利不利があります。

なので、CPUが1世代新しい『XPS 13 2-in-1』が『MacBook』よりも多少勝っていると言えます・・・そんなに変わりはないですが。使っている本人もベンチマークでも取らない限り、分からないと思いますっ

インターフェイスは『XPS 13 2-in-1』の圧倒的勝利

インターフェイスに関しては『XPS 13 2-in-1』の圧倒的な勝利です!

『MacBook』は、USB Type-Cとイヤホンジャックしかありません。
しかし『XPS 13 2-in-1』は、USB Type-Cは2つありますし、しかも1つはThunderbolt3にも対応しているので、データの高速転送が可能です。また、micro SDのカードリーダーがあるので、カメラの画像を読み込むのにカードリーダーが必要でないというメリットもあります。

『XPS 13 2-in-1』の圧倒的勝利でもあり、『MacBook』のインターフェイスが非常に乏しいので、圧倒的敗北と言い換えれるかもしれないですね・・・

『XPS 13 2-in-1』はタッチパネル付き!

タッチパネルは『XPS 13 2-in-1』にしかついていません。しかも、ワコムテクノロジー搭載のデジタイザでお絵かきまでできちゃいます!

mac OSはタッチパネルになることは当分ありそうにないですし、タッチパネルがどうしても欲しい人は、ここで『XPS 13 2-in-1』に決定になるかもです!

ただ、Windows 10にタッチパネルはあればいいなぁ・・・ぐらいな気もします。もちろん、デジタイザは超絶便利ですし、絵師さんや、Photoshopがはかどりますよ!

バッテリーは使い方によるかなぁ・・・

私はノートパソコンにおいて、バッテリーの持ちを非常に気にしてます笑

両方とも過去にレビューで計測しているのですが、使い方によってどちらが勝ちとも言えない感じもします。

ただ、単純なブログ更新なら『MacBook』の方が若干ではありますが、長時間持つ印象です。とは言っても、どちらも長時間駆動してくれます。

取り回しは『MacBook』が圧倒的勝利!

画面サイズが違うにしても、『MacBook』の軽さは最強ですので、持ち運ぶなら『MacBook』は最強です。

『XPS 13 2-in-1』も13インチながらに、11インチクラスのフットプリントを実現しているチート級スペックなのですが、若干重量があるので『MacBook』の方がやはり取り回しは便利いいです。

重さが気にならないなら、『XPS 13 2-in-1』は画面サイズも1回り大きいですし、そこは個人の価値観や好みによるものが大きくなると思いますっ!

キーボード比較

 

せっかく比較レビューなので、どうしても書きたい「キーボード」について書きたいと思います。ベンチマークは正直そこまで必要でないと思いますし、あくまで使い勝手のレビューもしたいので!

キーボードの配列に慣れが必要

もちろん、私の主観が入るのですが『MacBook』の方が「キーボード」は使いやすいと思います!

『MacBook』も、キーボードがペタペタキーボードとか、ストロークが浅いとか言われているので好みがあるのは理解してます。ただ、「キー配列」が素直でタッチタイプし易いとは紛れもない事実だと思います!

ところが『XPS 13 2-in-1』は画像をご覧いただけば分かるのですが、キーボード右側の配列が窮屈です。正直、これはいただけない部分です。

エンターキーが小さい・・・

『XPS 13 2-in-1』のどうしても気になってしまうところは、「エンターキー」の小ささです。画像はキーボードの端を揃えて撮影したのですが、横幅はあまり変わりませんし、エンターキーに至っては『MacBook』の方がかなり大きく使いやすいです。

ストロークがよく、小気味よく打てるぶん、余計にアラが目立ってしまいます・・・うーん。

今回のまとめ

ということで、『XPS 13 2-in-1』レビューの第4回目は『MacBook』との比較を行いました!個人的には、インターフェイスは『XPS 13 2-in-1』が圧倒的に良くて、キーボードは『MacBook』が圧倒的に良い。という結果になりました。

正直、細かいスペックはOSが違うこともあり、どちらも大差ないと思います。

絵師なら『XPS 13 2-in-1』、ライターなら『MacBook』かもしれませんね。

それでは、次回で『XPS 13 2-in-1』のレビューも最終回の予定です!でわでわ〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です