【速報】Microsoftが『Surface Laptop』を発表!スペックと『Windows 10 S』はどうなのさ?

夏ぽんず(@atticponzu)です!予告通りMicrosoftが新製品を発表しましたね!その名も『Surface Laptop』。みなさんはどう思われましたか?今回は『Surface Laptop』のスペックと『Windows 10 S』について書いていきたいと思います。

Microsoftが『Surface Laptop』発表!999ドルから!

Surface Laptop

Microsoftが米国時間の5月2日に『Surface Laptop』と、文教向け(教育機関向け)OSの『Windows 10 S』を発表しました。

とりあえずは四の五の言う前に、公式動画を見てもらうのが一番いいと思います。ということで、下に動画を貼り付けていますので、ぜひ見てください!

どうですか?中々のPVだと思います。(どうして、Appleっぽくしてしまうのかは謎ですが。もっとオリジナリティは欲しいです。)

パッと見て目に引くのが、「カラバリ」と「クラムシェル型」だということですね。ここは今までの「Surfaceシリーズ」とは一線を画す製品思想だと思います。

ということで、これからスペックなどを見ていきたいと思います。

『Surface Laptop』スペック

ということで、気になるスペックをまずは表にしましたので、御覧くださいっ!

OS Windows 10 S(Windows 10 Proへのアップデートも予定)
ディスプレイ 13.5インチ(解像度:2256×1504)
タッチパネル 10点マルチタッチ対応
CPU Intel第7世代 core i5/core i7
RAM 4GB/8GB/16GB
SSD 128GB/256GB/512GB
ワイヤレス WIFI:IEEE802.11ac/a/b/g/n Bluetooth:4.0LE
バッテリー駆動時間 14.5時間(動画再生)
サイズ 308.1mm×223.27mm×14.48mm
重量 1.252kg
インターフェイス USB3×1、Surfaceコネクタ、miniDisplayPort、イヤホンジャック

ざっとこんな感じでしょうか?

まだ、まとめているサイトがないので公式から引っ張ってきました。みなさんは、おお!って思うスペックでしたでしょうか?私的には目新しさは特にないって感じでした。

スペックに関して思ってことを、箇条書きでまとめてみましたので、よければ御覧ください。

  • 目新しさがないのは文教向けだから致し方なし。
  • USB Type-C見送りは今の時期にナシ。
  • Surfaceコネクタを残したのは英断。

まず、目新しさは文教向けだからしょうがないかと思いました。それより問題なのは、2017年にもなって「USB Type-C」を搭載しなかったことですね。しかも、インターフェイスがクラムシェルにしては貧弱すぎです。USB1発って・・・だめでしょ。しかも「USB Type-A」だし。ただ、Surfaceコネクタがあるのはいいですね。

やはり、USB Type-Cがないのは「時代遅れ」

先程書きましたが、ギズモードも同じことに触れていました。以下引用です。

USB-Cコネクタ非搭載なのにはちょっと驚きましたけどね。今はノートとスマホの間で主流になりつつあるので、すぐ時代遅れになっちゃうんじゃ…という不安が。

*出典:https://www.gizmodo.jp/2017/05/the-surface-laptop-is-microsofts-shot-at-a-portable-computer-for-everyone.html

もうこれはおっしゃる通りです。これではこの先に出るであろう、「Surface Pro 5」にも一抹の不安がよぎってしまいます。

カラーは4色展開

Surface Laptop

カラバリは4色!これは良い!

ここに来てのカラーバリエーションですね!

ラインナップは、「Platinum」、「Graphite Gold」、「Burgundy」、「Cobalt Blue」です。

どれもシックなカラーリングで素敵だと思います!ここはナイス!

しかも、キーボードの面は「Surface Pro 4」用キーボードと同じく「アルカンターラ」という人工皮革がそれぞれのカラーリングで用意されています。ここまでのカラーリングの徹底っぷりも珍しいですね。

注意:上位モデルではカラバリがない!

本体カラーはプラチナ、バーガンディ(赤系)、コバルトブルー(青系)、グラファイトゴールドの4色。ただし現状ではCore i5/RAM 8GB/256GB SSDモデル(1299ドル)のみで、他はプラチナだけ。ここは注意が必要な点です。

*出典:https://japanese.engadget.com/2017/05/02/surface-surface-laptop-4/

これは、Engadgetからの引用なのですが、これによると「一部モデル」でしかカラバリが内容です。

Microsoft的にはこの「一部モデル」を売りたい(利ざやの問題?)のかもしれませんが、上位モデルを解体ユーザーこそ、カラバリを提供するべきなのではないのか?と思ってしまいます。

日本で発売される!?

ここが一番の問題かもしれませんね。

既に米国では発売されている「Surface Studio」みたいに、日本では発売されないということも考えられます。

理由としては、このPCはあくまで「文教向け」でかつ、「Chromebook」に対抗した商品だからです。と考えると、「Chromebook」が普及していない日本では、そもそも発売すらされないことも十分に考えられます。

『Windows 10 S』は『Windows RT』だからコケる?

Surface RT

Surface RTという黒歴史

ここからは『Windows 10 S』という新しいOSについて書いていきたいと思います。

この『Windows 10 S』というのは、「ストアアプリ」しか動かないOSです。これだけ見てしまうと「Windows RT」というMicrosoftの黒歴史OSと同じように見えてしまいます。

ただ、RTのそれとは異なっている点は、「文教向け」と最初からターゲティングしていることと、通常の「Windows 10 Home」には付いていない機能(セキュリティ関係、共有PC構成など)が付与されていることです。

これらの付加機能はいわば「エンタープライズ」向けに使われている機能であり、ここは最初から「管理とセキュリティ」に重きを置いていることが分かります。

簡単に言うと、以下のようになります。

  • 『Windows 10 S』は『Windows RT』ではない。
  • 『Windows 10 Pro』の「.exeアプリ」が使えない版が『Windows 10 S』
  • セキュリティや共有への強化はさすが「文教向け」

ということです。

『Surface Laptop』は『Windows 10 Pro』にアップデートされるから大丈夫

あと、『Surface Laptop』自体も、将来的に「Windows 10 Pro」にアップデートがされることがスケジューリングされているので、もし日本でコンシューマー向けに発売されるとしたら、そのアップデートのタイミングかもしれません。

今回のまとめ

『Surface Laptop』と『Windows 10 S』について調べてまとめてみました。正直、各所で褒め称えられているほどの製品ではないですね。あくまで「文教向け」です。

この『Surface Laptop』製品投入で一番大切なことは、Microsoftは「Chromebook」に危機感を感じているという点です。だから今のタイミングで「文教向け」に製品を出そうとしたのです。

夏ぽんず
んー。日本ではでないかもねぇ・・・期待薄