【レビュー】VAVA VA-UM003:「これでいい」な小型軽量ポータブルSSD[PR]

【レビュー】VAVA VA-UM003:「これでいい」な小型軽量ポータブルSSD[PR]

この記事はSUNVALLEY JAPAN様よりレビュー用サンプルを頂いて記事を書いております。

記事のポイント
  • M.2 SSDより一回り大きいだけのコンパクトボディが魅力的!
  • フォーマット次第では理論値よりも高速になる場合もあるぞ!
  • 超高速を追い求めないのであればチョイスとして最適かもだ!

RAVPower → VAVA

超小型ポータブルSSD、VAVA『VA-UM003(VAVA Portable SSD)』をレビュー。USB-C接続で最大540MB/sの転送速度…そして超コンパクト!

二条ねこ

まさに“ちょうどいい”ポータブルSSDちゃんっ!

まの

本当にM.2サイズのひと回り大きいだけですわね。

さたえり

…小さいは正義!?

本日のレビュー:VA-UM003

VA-UM003 - VAVA

VA-UM003 – VAVA

VA-UM003ってなに?

USB 3.1 Gen 2 Type-C接続に対応した、スティックサイズの小型ポータブルSSD。公称転送速度は、Readで540MB/s、Writeで480MB/s、を誇る。

9
  • リーズナブルな価格設定
  • 小型軽量なサイズ感
  • 放熱性に優れた金属筐体
  • USBケーブル2種類付属
  • キャリングポーチ付属
  • ほどほどな転送速度
VAVA Portable SSD
VA-UM003
型番 VA-UM003
メーカー VAVA
容量 1TB
最大転送速度 読み込み 540MB/s
書き込み 480MB/s
フォームファクタ M.2
フラッシュメモリ MLC NAND
プロトコル AHCI
コントローラ SSD Silicon Motion SM2258XT
USB JMicron JMS580
キャッシュメモリ 搭載
インターフェース 内部 SATA III
外部 USB 3.1 Gen 2 Type-C
サイズ 102×30×8.5mm
質量 41g
備考 対応規格 ACS-2
対応機能 NCQ
S.M.A.R.T
TRIM
その他 UASP対応

VA-UM003のスペック

二条ねこ

圧倒的に超高速…って感じじゃないけど、実利用では問題ナシっ!
金属筐体で価格も安いから、とにかくハードに使いたくなる感じであーる!!

デザイン

本体:Obsidianのような鈍い光沢感

VA-UM003

VA-UM003

サイズ 102×30×8.5mm
質量 41g

VA-UM003のサイズと質量

VA-UM003のサイズは 102×30×8.5mm で、重さは41g

搭載されているSSDのフォームファクタはM.2なのですが、まさにM.2 SSDを一回り大きくしただけの超小型設計。主に金属筐体を使っているようなので、耐衝撃性や高放熱性が期待できそう。

二条ねこ

うむむ…小さくてクールなデザインっ!

筐体構造は、樹脂系素材と亜鉛&アルミニウムの合金素材をサンドイッチした形になっており、上面はまさに“Obsidian(黒曜石)”のような鈍い輝きを放つ。光の反射で、表面が粒子状の輝きを放ち、非常に見た目的にも美しく仕上がっています。

下面はリブランディングにより、 RAVPOWER → VAVA にロゴタイプが刷新されています。前モデルでは貼付されていたシールもなく、よりシンプルに洗練された形に生まれ変わりました。

本体側面から見ると、筐体の薄さに驚く。M.2 SSDのサイズから考えると、本当にプラス数mmぐらいしか差がありません。

本体右面には、デバイス接続用のUSB Type-C(×1)、接続状態とアクセスを通知するLEDインジケーター、を搭載。
本機に搭載されているUSB Type-Cポートは、『USB 3.1 Gen 2』の通信プロトコルに対応している。なので、USB自体がボトルネックになることはまずないでしょう。

I/Oポート

VA-UM003

I/Oポート部分

  内部I/O 外部I/O
インターフェース SATA USB Type-C
転送規格 SATA III USB 3.1 Gen 2

VA-UM003のI/Oポート構成

VA-UM003は、内部的にはSATA III接続になっており、外部的にはUSB 3.1 Gen 2 Type-C接続になっています。

USB 3.1 Gen 2が10Gb/s、SATA IIIが6.0Gb/s(実効転送速度は600MB/s)、というのが理論上の最大転送速度。ですので、内部接続がSATAであることが、どこまで実際の転送速度に影響してくるのか…というところ。ここに関しては、ベンチマーク結果をのちほど掲載しております。

付属品:追加コストゼロで即利用可能

VA-UM003

付属品

■付属品一覧

  • USBケーブル(USB Type-A to USB Type-C)
  • USBケーブル(USB Type-C to USB Type-C)
  • キャリングポーチ
  • 取扱説明書

VA-UM003の付属品は、USBケーブルが2本(USB Type-A to USB Type-CとUSB Type-C to USB Type-C)、キャリングポーチ取扱説明書…という合計4つ。

VA-UM003

とにかく嬉しいのが、USBケーブルがType-A接続とType-C接続で、合計2本付属していること。これなら、わざわざ買い足す必要がないので、幅広い環境で追加コストゼロで即利用することができます。

また、持ち運び時に便利なキャリングポーチが付属しているのも嬉しいところ。キャリングポーチに入れて運用すれば、他のデバイスやVA-UM003自身を傷付けることなく、いつまでも綺麗な状態で使うことが可能でしょう。

二条ねこ

充実の付属品なのが嬉しい限りなのであーるぞっ!

測ってみた

■ベンチマーク環境

  • 利用デバイス:MacBook Pro 13″(2020)
  • 利用ケーブル:Thunderbolt 4ケーブル
  • 接続インターフェース:Thunderbolt 3(USB 3.2 Gen 2)

CrystalDiskInfo

VA-UM003

CrystalDiskInfoでVA-UM003の詳細を調べてたところ、AHCIプロトコルのSATA III接続のSSDとなっていました。

内部に搭載されているSSDの型番なのですが、CrystalDiskInfo上では断定することができませんでした。ただ、VAVA公式サイトにて、NANDが「B16A」であると表記があるので、ここから推測するに、Micron Technology製のTLC NANDのSSDが採用されているのでしょう。

さたえり

あれ、VA-UM003って…MLC NANDじゃなかったん?

二条ねこ

USのVAVAでは、「TLC NAND」表記なんだよねー。うーむ……。

AmorphousDiskMark

  1GiB 32GiB
SEQ1M QD8 Read 456.99MB/s 432.15MB/s
Write 445.04MB/s 416.64MB/s
SEQ1M QD1 Read 468.71MB/s 438.00MB/s
Write 444.23MB/s 451.24MB/s
RAND4K QD64 Read 25.50MB/s 22.05MB/s
Write 124.24MB/s 114.80MB/s
RAND4K QD1 Read 25.54MB/s 21.65MB/s
Write 125.25MB/s 39.02MB/s

AmorphousDiskMarkでの転送速度測定結果
※MacBook Pro 13″のThunderbolt 3ポートにThunderbolt 4ケーブルを接続してexFATフォーマットにて測定。

まずは、ベーシックなexFATフォーマットで転送速度を測定してみました。

公称値には届かないものの、SATA III接続のSSDと考えれば、そう悪くない転送速度が出ていると言えるのではないでしょうか。

  1GiB 32GiB
SEQ1M QD8 Read 556.08MB/s 535.11MB/s
Write 485.82MB/s 480.42MB/s
SEQ1M QD1 Read 469.25MB/s 424.27MB/s
Write 442.11MB/s 431.64MB/s
RAND4K QD64 Read 123.54MB/s 100.33MB/s
Write 123.70MB/s 111.67MB/s
RAND4K QD1 Read 25.45MB/s 21.03MB/s
Write 125.31MB/s 109.52MB/s

AmorphousDiskMarkでの転送速度測定結果
※MacBook Pro 13″のThunderbolt 3ポートにThunderbolt 4ケーブルを接続してAPFSフォーマットにて測定。

お次は、macOS専用の高速なAPFSフォーマットで転送速度を測定してみました。

APFSフォーマットにしてしまうとMac縛りが発生するので、Windowsでも使いたいユーザーからすると不便なフォーマットにはなってしまいます。ただ、この場合だと、公称値(Read 540MB/s・Write 480MB/s)よりも高速な転送速度を得ることができました。

さすがにNVMe接続のSSDと比べると遅くはなってしまうのですが、このぐらいの転送速度が出るのであれば、実利用で不満で出てくることはまずないでしょう。

二条ねこ

外付けSSDなら、別にSATA接続でも気にならないし、ロマン派以外はこれくらいの速度が出れば問題がない感じだよねー。

使ってみた

M.2+αなサイズ感

VA-UM003

一口にポータブルSSDと言っても、そのサイズは千差万別。内蔵しているSSDのフォームファクタによっても変わってくるし、耐衝撃性をどこまで求めるかや放熱性能、デザインの思想によっても変わってくる。

そんな数あるポータブルSSDの中でも、今回のVA-UM003はかなり小型に作られている。やはり、モバイルをするのであれば 小型軽量 = 正義 なのは間違いないので、これは嬉しい限り。

VA-UM003

VA-UM003自体、搭載しているSSDはM.2規格のものなのですが、まさにM.2を金属筐体で包み込んだ+αなサイズ感しかない。この徹底した無駄のなさが美しいのです。金属筐体なので、熱がケース内に籠もる心配もありませんし、これくらい凝縮した感じがやっぱりベストなのです。

SATA接続でも不満ナシ

VA-UM003

VA-UM003は、価格が安価ということもあり、内部のSSDにはSATA接続のものが採用されている。…じゃあ、それが不満になるのかと聞かれたら、意外とそんなことはありません。

当然ながら、より高速な転送が可能となる、NVMe接続をチョイスするのに越したことはないでしょう。とはいえ、外付けSSDでの運用だと、結果的にUSB周りがボトルネックになっていることも多々あります。もちろん、環境さえ整えてあげれば、NVMe接続のポータブルSSDがベストにはなるのですが…これが結構なコスト高。

VA-UM003

パソコンに内蔵するSSDがSATAだとガッカリしますが、ポータブルSSDなら話は別。SATA接続であるVA-UM003を使っていて、速度面で不満になることはハッキリ言って皆無。普通に読み込み速度で500MB/s以上出ていますし、これが1万円強で手に入ることを考えると、「これでいいのでは?」と思うわけなのです。

まとめ「価格と性能のバランスが絶妙なSSD」

VA-UM003

そういうわけで、今回のVAVA『VA-UM003』のレビューを総括すると、

  • M.2 SSDの一回り大きいだけの小型筐体が素晴らしい
  • USBケーブルがAもCも付属しているのが最高
  • フォーマット次第では公称値以上の転送速度が出るぞ

…という感じ。

上を見ればもっと高速なポータブルSSDはありますが、同容量で価格が倍以上に跳ね上がってしまう。ですので、価格と性能のバランスを考えると…VA-UM003は良い落とし所かと。

SATA III接続が気になってしまう人もいるかもしれませんが、フォーマット次第では公称値以上の転送速度を叩き出してくれましたし、エクストリーマー以外は気にする必要ナシ。本体のビルドクオリティも高く、金属筐体の質感と高放熱性も優れていますし、1つ持っていて損はないポータブルSSDと言えるのではないでしょうか。

二条ねこ

そこそこ安くて、そこそこ速い。これでいいのであーるっ!

<Amazon専用クーポンコード>

UM0038VIVID4

※有効期限:2021年4月28日 〜 2021年5月1日
※割引率:5%オフ(商品ページの15%オフと併用可)

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

それにしても、外付けポータブルSSDも安くなったよねー。

まの

SATA接続の2.5″ SSDが、128GBで2万円以上していた時代が懐かしいですわ。

さたえり

今となっては、SSDがデファクトスタンダードになった感もあるやんね!

二条ねこ

うーむ…隔世の感ですなー。

おわり