【Nintendo Switch】 プレゼンテーション 2017を見たまとめ

サムネイル

ついに全貌が明らかになりましたね。プレゼン2017のまとめをしておこうと思います。

価格は¥29,980-

うむむ。これは大方の予想通りですね。
PS4やXbox oneの価格を下げてきていることを考えると、
これくらいでじゃないと勝負にならないと考えてるのでしょうね。
逆ザヤには(PS3みたく)なってないといいですが…原価はいくらでしょうかねー

発売日は3月3日に決定!

予約は1月21日からで、
体験会は1/14〜15に東京ビックサイトで行われます。体験会は終了しました。
ああ…行けない。残念(´・ω・`)

オンラインはついに有料に(2017秋以降まで無料)

この「オンライン有料化」は仕方ないかなって感じですね。

  • サーバーの強化面
  • 他社は有料(任天堂は無料だった)だし…
  • オンラインをさらに強化(していくと感じた)

から、これはお子様には敷居が高いって思うかもですが、
ここは致し方なしって感じですね。

リージョンロックフリーになった!

これは海外ゲーム好きには朗報ですよね!
世界的に囲い込みをしていくって感じがしてきますね。
ハード面でもWii Uのような閉鎖的なソフトの作り込みではなく、
かなり開発環境も良くなったようですので、
それも関係しているのかな?って思います。
実際、洋ゲーの開発会社も今回はポジティブコメント多いですし、
開発コスト面でのメリットも大きそうですね。

他ハード・ソフト面で気になったとこ

  • 動画撮影対応(シェア)
  • モーションコントロールを各コントローラーに入れている
  • USB-C対応
  • ちゃんと体験できるソフトを用意している(任天堂らしいですね)

感じたこと

社長を中心としたプレゼンで、
かなり「Switch」を意識したプレゼンでデザインでした。
また、歴代のゲームを振り返ったのも印象的でした。
Nintendo Switchは任天堂の集大成
といった感じで、やはり気合いが入っているなぁ…と感じました。

各ジョイコンにもLRボタンを上手く組み込んでおり、
ハード面でもかなり練られていて今までの「おもちゃ」イメージから、
「高性能ゲーム機」のイメージが強くなった気がしました。

任天堂純正のソフトの紹介も、
そのプレゼン自体を1コンテンツとして意識していました。
(キャラや役割を意識したプレゼンでした)

それなのに、Wiiのエッセンスも散りばめられており、
故岩田前社長ファンとしては嬉しい限りです(`・ω・´)

 

ちゃんとスプラトゥーンも出るよ!(ロンチではないが)

これは嬉しいイカ!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です