日本上陸!UMPC『MiniBook』がMakuakeに登場!Yogaる×8タブ×ペンで熱い!!

日本上陸!UMPC『MiniBook』がMakuakeに登場!Yogaる×8タブ×ペンで熱い!!
記事のポイント
  • CHUWI『MiniBook』は日本上陸!
  • JIS配列キー&技適認証で日本仕様になった!
  • Yogaる8タブ!しかもデジタイザーペンも!!

YogaるUMPCが日本上陸!

CHUWIの『MiniBook』が“日本語キーボード”になって、クラウドファンディングサイトMakuakeにて出資受付中。画面サイズが8インチでタブレットになるスタイル。…これって、UMPC兼8タブとして使えるじゃん!

二条ねこ

超絶久しぶりの8タブとして使えるUMPCかもっ!?

まの

Core m搭載でデジタイザーペン対応というところも良さそうですね。

二条ねこ

でしょー!
まさかJIS配列で日本上陸するとは思わなかったよー!

話題のUMPC『MiniBook』が日本上陸

話題のUMPC『MiniBook』が日本上陸

UMPC注目株『MiniBook』が日本上陸を果たした。
Image:Makuake

UMPC界隈では注目されていたCHUWI『MiniBook』
なんと、クラウドファンディングサイトMakuakeにて、9月23日から出資受付中になっています。そう、あのMiniBookが日本に上陸したのです!やったね!!

二条ねこ

メーカー別UMPC全12製品まとめ』で紹介してた『MiniBook』が日本に来たぞーーー!

Chuwi MiniBook Unboxing & Hands-On (8″ UMPC)

■CHUWI『MiniBook』のポイント

  • コンバーチブルタイプの2in1 PC。
  • UMPCではハイエンドなCore m3を搭載。
  • バックライト搭載の日本語キーボード。
  • 1,024段階筆圧感知のデジタイザーペン対応。
  • eMMC+SSDのデュアルROM構成。

これから詳細を見ていくのですが、先にCHUWI『MiniBook』のポイントをまとめると上記のような感じ。

いわゆるYogaタイプの2in1 PCにもなるUMPC。そして、上位モデルはCPUに最新のCore m3を搭載。さらにデジタイザーペンにも対応。そして、日本市場に合わせてキーボードが日本語配列に仕様変更されています。

ここからも分かるように、UMPCマニアが多い日本市場に力を入れていることが伝わってきます。しかも、UMPCにもかかわらずデュアルストレージ(eMMC + SSD)仕様。まさに“全部盛り”なUMPCになっています。

二条ねこ

2019年のベストバイUMPC筆頭株な気がするっ!

さたえり

UMPCっぽくないハイエンド仕様なのもポイントやんね!

MiniBookの“エモい”ポイント

そういうわけで、このCHUWI『MiniBook』の“エモい”ポイントとなりそうな部分をひとつずつ見ていきます。

二条ねこ

これでエモみを感じたら…出資するぞー!

さたえり

…やっぱり。

コンバーチブルタイプの2in1 PC

2019年のUMPCトレンド、“Yogaる”んだ!

2019年のUMPCトレンド、“Yogaる”んだ!
Image:Makuake

まず、パッと目につくのが、コンバーチブルタイプの2in1 UMPCという点。いわゆる“Yogaる”UMPCなのだ。

OneMix登場以降、最新のUMPCはコンバーチブルタイプなのがスタンダードになっているような気がする。なので、トレンドをしっかり抑えている点ではポイントが超高い。

さらに、PC Watchの記事によると、Continuumセンサー(自動でタブレットモードに切り替わる機能)も搭載されている模様。なので、頻繁にラップトップスタイルとタブレットスタイルを切り替えるユーザーにとっても便利に使える気がする。実用面のチューニングが実に細かい。

CPUにCore m3選択可能

CPUは2種類から選択可能。

CPUは2種類から選択可能。

このMiniBookには2つのモデルがあり、

  • 上位モデル:Core m3-8100Y
  • 下位モデル:Celeron N4100

というCPU構成になっている。

UMPC = 低スペック という構図も今は昔。
8インチというポケッタブルなサイズ感にもかかわらず、最新のCore mシリーズを搭載。小さいながらもハイエンドスペックを搭載しているところは頼もしい。これならちょっとしたゲームも動作しそう。もちろん、コーディングにも十分なスペック。

バックライト付き日本語キーボード

日本語キーボード!しかもバックライト付き!!

日本語キーボード!しかもバックライト付き!!
Image:Makuake

UMPCは海外勢からしか出ていないこともありUS配列が常。
しかし、MiniBookは今回の日本上陸に合わせて、JIS配列のキーボードに仕様変更されている。この日本仕様なチューニングは高評価。

画像を見る限り、8インチという制約の大きいサイズ感で上手にキーボードを詰め込んでいる印象を受ける。メインであるQWERTY部分のキーもわりと素直に並んでいる。方向キーは1段下がっていて押しミスも少なく、なかなかにキーボードにこだわっている印象を受ける。

デジタイザーペン対応

2in1 PCをフル活用できるデジタイザーペン対応。

2in1 PCをフル活用できるデジタイザーペン対応。
Image:Makuake

そして嬉しいのが、デジタイザーペンに対応している点。やっぱり、2in1だったらこうでなくっちゃ!

デジタイザーペンのプロトコルは分からないが、筆圧感知は1,024段階と書かれている。なので、ちょっとしたメモやイラストなら問題なさそう。8インチタブレットにもなるので、Windows 8登場時に流行したお絵描き8タブ(艦これタブにも!)としても使えそう。

指紋認証センサー搭載

指紋認証センサーは電源ボタン一体型。

指紋認証センサーは電源ボタン一体型。
Image:Makuake

こちらもUMPCのスタンダードになってきている『指紋認証センサー』を抜かりなく搭載。

MiniBookの指紋認証センサーは独立しているタイプではなく、電源ボタンと兼用になっているもの。なので、電源オンと指紋認証が同時に行えるのもポイント。当然、別々になっているものよりもデザイン的にも機能的にもスッキリしていて好印象。キーボードに制約があるUMPCだからこそ、こういう細かいスペックが大きなスペックとして影響してくるだろう。

eMMC+SSDのデュアルROM構成

夢の eMMC + SSD + microSD 構成!

夢の eMMC + SSD + microSD 構成!

個人的に“エモい”と感じたのが、ストレージがeMMCとSSDのデュアルストレージ構成になっていること。

正直、UMPCでこういう構成にしてくるなんて“変態”としか言えない。しかもmicroSDも使えるので、夢のUMPCで3ストレージ構成なんてことも…。要不要ではなく、こういうところにマニアック心をくすぐられたりする。なかなかに購入者層のツボを抑えた仕様にしてきていると思う。

二条ねこ

まさに変態UMPCでですな〜!(褒めてる)

MiniBookのスペック

製品名 MiniBook
メーカー CHUWI
ラインナップ ハイクラス版 スタンダード版
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Intel Core m3-8100Y(1.10GHz・2コア4スレッド) Intel Celeron N4100(1.10GHz・4コア4スレッド)
GPU Intel UHD Graphics 615 Intel UHD Graphics 600
RAM 8GB(LPDDR3)
16GB(LPDDR3)
8GB(LPDDR4)
ROM 128GB(eMMC) + 256GB(SATA SSD)
128GB(eMMC) + 512GB(SATA SSD)
128GB(eMMC) + 256GB(SATA SSD)
画面サイズ 8インチ(16:10)
画面解像度 1,920×1,200(WUXGA)
タッチパネル ○(10点マルチタッチ)
デジタイザーペン ○(1,024段階筆圧感知)
インカメラ 2MP
アウトカメラ
Wi-Fi IEEE 802.11b/g/n/ac
Bluetooth 4.0
インターフェース USB 2.0 Type-A ×1
USB 3.0 Type-A ×1
USB 3.0 Type-C ×1
ステレオミニプラグ
microSDカードスロット
Mini HDMI
バッテリー 26.6Wh
本体サイズ 201.0×128.6×19.3mm(W×D×H)
質量 0.65kg
備考 4K 60Hz対応・DirectX対応・OpenGL対応

CHUWI『MiniBook』日本仕様のスペック。

今回、Makuakeで出資受付中のCHUWI『MiniBook』の日本仕様のスペックは上表のとおり。

ラインナップとしては、Core m搭載のハイクラス版Celeron搭載のスタンダード版が存在している。主な違いはCPUとRAMとROMの3つだけなので、単純に好みで選択すればよさそうです。

MiniBookはMakuakeで出資受付中

この『MiniBook』はクラウドファンディングサイトMakuakeで出資受付中。出資概要は以下のとおり。

■MiniBook出資概要

  • 支援金額:57,085円〜
  • 製品の発送:2020年1月末までを予定

そして、MakuakeでのMiniBookのラインナップは以下のとおり。

ラインナップ CPU RAM ROM 付属品 価格
超早割24%OFF Celeron 8GB 128GB(eMMC) + 256GB(SSD) レザーカバー 57,085円
早割20%OFF Celeron 8GB 128GB(eMMC) + 256GB(SSD) レザーカバー 60,000円
早割22%OFF Core m3 8GB 128GB(eMMC) + 256GB(SSD) スタイラスペン
レザーカバー
63,560円
Makuake特別22%OFF Core m3 16GB 128GB(eMMC) + 512GB(SSD) 78,130円
早割22%OFF Core m3 16GB 128GB(eMMC) + 512GB(SSD) スタイラスペン
レザーカバー
82,985円
Makuake特別20%OFF Core m3 16GB 128GB(eMMC) + 512GB(SSD) スタイラスペン
レザーカバー
85,600円

Makuakeでのラインナップ。

まとめ「UMPC+8タブ!夢のデバイスが6万円弱で手に入る!!」

まとめ「UMPC+8タブ!夢のデバイスが6万円弱で手に入る!!」

前々から注目していたCHUWIの『MiniBook』が、ついに日本上陸することになりました。しかも、日本語キーボードという“日本仕様”にチューニングされています。

Core m3モデルでも6万円台で手に入ることを考えたら、かなり高コスパな気がします。ハイエンドな最新UMPCを探していて、8タブの夢を見続けているアナタにピッタリの1台かもしれない!?

二条ねこ

出資…迷うぞー!

この記事で紹介したガジェット
  • CHUWI|MiniBook
メーカー別UMPC全12製品まとめ。最強は2in1&ペンかも? –2019年版–

メーカー別UMPC全12製品まとめ。最強は2in1&ペンかも? –2019年版–

2019年6月24日

おまけ

二条ねこ

価格もお手頃だし、MiniBookは日本で人気出そうっ!

さたえり

UMPCマニアにはたまらないスペックやもんね!

まの

もしかして、出資するのですか?

二条ねこ

ふっふっふー♪

おわり