日本主要3キャリアの5G(料金プラン・対応エリア)まとめ

日本主要3キャリアの5G(料金プラン・対応エリア)まとめ
記事のポイント
  • docomo・au・SoftBankの5Gについて調べてみた!
  • 料金プランはとにかくややこしいので要注意!
  • 対応エリアは各社方向性は違うけど、どれもまだまだ!

5Gはいつから?…うん、まだ先かも。

国内主要3キャリア(NTTドコモ・au・SoftBank)の5G対応エリア5G料金プランを調べて比較してみました。5G料金プランはとにかくややこしい。5G対応エリアは…まだまだのようです。

二条ねこ

日本での5Gは始まったばかりっ!

まの

これから、ですわね。

さたえり

問題はやっぱエリアやんね。

5G対応料金プランプラン

5G対応料金プランプラン

NTTドコモ

  5Gギガホ 5Gギラライト
月額料金 7,650円 〜7GB:6,150円
〜5GB:5,150円
〜3GB:4,150円
〜1GB:3,150円
データ容量 100GB 7GB
期間割引 5Gギガホ割:1,000円引(6か月間)
備考 過後通信速度:最大3Mbps
『データ量無制限キャンペーン』中はデータ容量無制限
過後通信速度:最大128kbps

NTTドコモの5G料金プラン。
※価格はすべて税別表記。月額料金は割引適用なしの場合。

NTTドコモは、データ容量大容量プラン『5Gギガホ』・データ容量段階制プラン『5Gギガライト』の2プラン。

5Gギガホについては、当面の間『データ量無制限キャンペーン』というキャンペーンにて、データ容量を無制限にする模様。

au

  データMAX 5G ピタットプラン 5G データMAX 5G ALL STARパック データMAX 5G Netflixパック
月額料金 2GB〜:8,650円
〜2GB:7,170円
〜7GB:7,150円
〜4GB:5,650円
〜1GB:4,150円
2GB〜:11,150円
〜2GB:9,670円
2GB〜:9,650円
〜2GB:8,170円
データ容量 無制限 7GB 無制限 無制限
期間割引 5Gスタートキャンペーン:1,000円引(2年間)
スマホ応援割II:1,000円引(6か月間)
5Gスタートキャンペーン:1,000円引(2年間) 5Gスタートキャンペーン:1,000円引(2年間)
スマホ応援割II:1,000円引(6か月間)
5Gスタートキャンペーン:1,000円引(2年間)
スマホ応援割II:1,000円引(6か月間)
備考 テザリング等は30GB/月 テザリング等は80GB/月 テザリング等は60GB/月

auの5G料金プラン。
※価格はすべて税別表記。月額料金は割引適用なしの場合。

auは、データ無制限プラン『データMAX 5G』・データ容量段階制プラン『ピタットプラン 5G』・データ無制限+コンテンツプラン『データMAX 5G ALL STARパック』・データ無制限+Netflixプラン『データMAX 5G Netflixパック』の4プラン。

データMAX 5G ALL STARパックは、Netflix・Apple Music・YouTube Premium・TELASAのコンテンツがパッケージになったプラン。
データMAX 5G Netflixパックは、Netflix・TELASAのコンテンツがパッケージになったプラン。

SoftBank

  メリハリプラン ミニフィットプラン
月額料金 2GB〜:8,480円
〜2GB:6,980円
〜5GB:8,480円
〜2GB:6,980円
〜1GB:4,980円
データ容量 50GB 5GB
期間割引 5G無料キャンペーン:1,000円引(2年間)
半年おトク割:1,000円引(6か月間)
5G無料キャンペーン:1,000円引(2年間)
半年おトク割:1,000円引(6か月間)
備考 対象コンテンツ使い放題

SoftBankの5G料金プラン。
※価格はすべて税別表記。月額料金は割引適用なしの場合。

SoftBankは、データ容量大容量プラン『メリハリプラン』・データ容量段階制プラン『ミニフィットプラン』の2プラン。

メリハリプランは、YouTube・Amazon Prime Video・Hulu・Twitter・LINE・Instagram等のカウントフリーになっているプラン。なお、LINEは通話に関しては対象外。

5G対応エリア

  • NTTドコモ 5G対応エリア:(PDF
  • au 5G対応エリア:(PDF
  • SoftBank 5G対応エリア:(PDF

NTTドコモ・au・SoftBankの5G対応エリアについては、上記の公式サイト(PDF)から確認可能です。

NTTドコモ

■NTTドコモ回線5G対応エリア概要

  • 北海道:ごく一部の建物
  • 東北:ごく一部の建物
  • 関東:ごく一部の建物
  • 中部:ごく一部の建物
  • 近畿:ごく一部の建物
  • 中国:ごく一部の建物
  • 四国:ごく一部の建物
  • 九州:ごく一部の建物
  • 沖縄:ごく一部の建物

※2020年3月23日時点。

NTTドコモの5Gエリアは、現時点では非常に狭い様子。

イメージで言うと、地域的な“エリア”(面)ではなく、建物やスタジアムなどの“スポット”(点)として5G基地局となっています。なので、NTTドコモ回線で5Gを日常的に利用するというのは、まだ先という感じ。

NTTドコモの5Gのロードマップを見る限り、エリアとしての5G回線の提供は2021年3月末頃。それまでは施設内での利用を中心とした5G回線になりそうです。

au

■au回線5G対応エリア概要

  • 北海道:河西郡のごく一部のエリア
  • 東北:(対象エリアなし)
  • 関東:埼玉・千葉・東京の一部エリア
  • 中部:富山・静岡・愛知の一部エリア
  • 近畿:大阪の一部エリア
  • 中国:岡山・広島の一部エリア
  • 四国:愛媛の一部エリア
  • 九州:福岡・佐賀・大分の一部エリア
  • 沖縄:那覇市の一部エリア

※2020年3月23日時点。

auの5Gエリアは、現時点では地域差がかなりある様子。

NTTドコモの5Gエリアに比べると面であるイメージを受けるが、5G対応エリアと非対応エリアの差がはっきりと出ている感じ。簡単に言ってしまうと、あるところはあるけれど、ないところは一切ない…というイメージです。

au公式には、2020年夏以降、全都道府県主要都市に展開していくそう。2021年3月には約1万局、2022年3月には2万局超、とのこと。

SoftBank

■SoftBank回線5G対応エリア概要

  • 北海道:(対象エリアなし)
  • 東北:(対象エリアなし)
  • 関東:千葉・東京の一部エリア
  • 中部:石川・愛知の一部エリア
  • 近畿:大阪の一部エリア
  • 中国:広島の一部エリア
  • 四国:(対象エリアなし)
  • 九州:福岡の一部エリア
  • 沖縄:(対象エリアなし)

※2020年3月23日時点。

SoftBankの5Gエリアは、auよりも局地的で狭め。

NTTドコモの5Gエリアが“点”として、auの5Gエリアが“面”とするならば、その中間がSoftBankの5Gエリア。かなりまだらな感じで5Gエリアが局地的にしかない様子。恩恵をすぐに受けられるのは、おそらく東京・大阪のユーザーのみかも。

SoftBankは5Gエリアをマップにしており、非常に親切。
東京は2020年4月末には東京駅周辺(秋葉原〜浜松町)が5G対応に、2020年夏以降には新宿や渋谷も5G対応エリアになる様子。大阪は2020年4月末に御堂筋界隈(大阪〜難波〜天王寺)を中心として5G対応に、2020年夏以降には十三が5G対応エリアになる様子。

まとめ「日本の5Gはまだまだこれから」

まとめ「日本の5Gはまだまだこれから」

日本の主要3キャリアの5G(料金プラン・対応エリア)を見てきたわけですが、まだまだこれからという感じ。そういうこともあり、各社とも5Gエリアが整備されるまでは、しばらく5Gプランの割引を行っています。

なので、当面は「あ、ここ5Gだ!」ぐらいの面持ちでいるほうが良さげ。5Gのエリアでベンチマークを測定して楽しむ…くらいの恩恵かもしれません。待てば海路の日和ありですね。

二条ねこ

プランが微妙に違ってきたのは面白いところっ!

5G時代のキーワード『Sub6』・『ミリ波』とは?—違いは使われる周波数帯にあった

5G時代のキーワード『Sub6』・『ミリ波』とは?—違いは使われる周波数帯にあった

2020年2月25日

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

5Gが始まれば、MNOの契約者もどっと増えそうですなー。

まの

MVNOとの明確な差別化できそうですからね。

さたえり

あとはキャリア選びだけやね!

おわり

Reference:
NTTドコモ, au, SoftBank