DeX神『Galaxy Tab S4』発表。日本発売の期待は薄いが…iPadと比較はするっ!

DeX神『Galaxy Tab S4』発表。日本発売の期待は薄いが…iPadと比較はするっ!

これはPCの代替になるか!?

Samsungが“フラグシップ”タブレット端末『Galaxy Tab S4』を発表しました。当然、iPad ProとSurface Goとは比較します。ただ、日本発売の可能性が低いのが悲しい…。

四条ねこ
どーせ、日本で発売されないんだろうなー。(投げやり)
まの
ねこさんっ!?
ちゃんと製品を紹介してくださいよ?
四条ねこ
だって、前モデル『Galaxy Tab S3』も日本で出なかったもんっ!
日本でも充分売れると思うんだけどなー(汗)

スペック

スペック

Samsung『Galaxy Tab S4』は、Androidタブレットではかなり高スペックな位置付け。Apple的に言うと『iPad Pro』のようなイメージです。発売は米国で8月10日から。

それでは、前機種である『Galaxy Tab S3』も充分なスペックだったのですが、1年間でどれだけ進化したのか、まずは前機種と比較していきます。

さたえり
ただ単にスペックを書いても、そういう情報はもういっぱいあるんやもんね!
四条ねこ
そゆことー♪
Galaxy Tab S3 vs Galaxy Tab S4。

Galaxy Tab S3 vs Galaxy Tab S4。

  Galaxy Tab S3 Galaxy Tab S4
OS Android 7.0 Nougat Android 8.1 Oreo
CPU Snapdragon 820 Snapdragon 835
RAM 4GB 4GB
ROM 32GB(eMMC) 64GB/256GB(eMMC)
カメラ フロント5MP
リア13MP
フロント8MP
リア13MP
ディスプレイ 10.5インチ(2,560×1,600) 9.7インチ(2,048×1,536)
サイズ 237mm(W)×169mm(D)×6mm(H) 249.3mm(W)×164.3mm(D)×7.1mm(H)
重量 429g(Wi-Fi)
434g(LTE)
482g(Wi-Fi)
483g(LTE)
バッテリー 6,000mAh 7,300mAh
その他 アスペクト比4:3
指紋認証あり
Sペン対応
USB Type-C
microSD
アスペクト比16:10
指紋認証なし
虹彩認証あり
Sペン対応
USB Type-C
microSD(512GB対応)

前機種Galaxy Tab S3との比較表。

1年の進化があるので、当然SoCも進化しています。しかし、RAMはそのままの模様。ここは同社(Samsung)のスマホを考えると、最低6GBにはして欲しかったところ。

旧機種と大きく異なるのは、ディスプレイサイズの大型化と、アスペクト比が16:10に変更されたことでしょう。Galaxy Tab S3はiPadと同じアスペクト比でしたが、Galaxy Tab S4は横に長い比率になりました。ここは賛否が分かれそうです。

四条ねこ
基本的には順当なスペックアップってところかなー?
まの
それだと、プッシュできるポイントは少ないですよね?
四条ねこ
否っ!
Galaxy Tab S4の最大のトピックは、単体で『DeX』が駆動することと“ペンタブ化”できることなんだよ〜!

特徴

Samsung公式のレビューを兼ねたPV。

基本スペックもハイエンドタブレットとなっているので、完璧とまではいかなくても高スペックに仕上がっているGalaxy Tab S4。

しかしながら、Galaxy Tab S4の最大の真価は、より“PCライク”に使えるようになったことでしょう。

さたえり
PCライクって?
四条ねこ
Galaxy S8にも搭載されているドッキングステーションシステム『DeX』が、Galaxy Tab S4だと…なんと“単体”で駆動するんだよーーーーー!
エモーショナルっ!

タブレット単体で『DeX』が駆動

タブレット単体で『DeX』が駆動

Galaxyシリーズには、『DeX』というドッキングシステムがある。

これは専用のドッキングステーションを、Galaxyに装着してHDMI出力することにより、PCのようなマルチウィンドウな画面で作業ができるというもの。

この『DeX』が、Galaxy Tab S4ではなんと、タブレット単体で利用できるようになった。これは、タブレットとPCのいいとこ取りをした、Samsungの“新時代”への提案だろう。

四条ねこ
これ…しゅごぃいい!(じょばー)

HDMI接続時に“ペンタブ”として利用可能

HDMI接続時に“ペンタブ”として利用可能

さらに、Galaxy Tab S4は、HDMI出力を単なるミラーリングにはしない。なんと、HDMI出力時に“ペンタブ”として使えるのだとか。

Galaxyシリーズに搭載されている『Sペン』は、Wacomのデジタイザー技術を用いたペンなので、非常にクリエイターからも評判が高い。そのペンが、よりクリエイティブになることは、全てのクリエイターが歓迎している…かも?

四条ねこ
実際、どこまで実用的な機能かは未知数だけど、こういうのは面白いよねー!

競合機種とプチ比較

競合機種とプチ比較

やはり、気になってしまうのが競合機種との比較だと思います。

四条ねこ
ってことで、『Galaxy Tab S4』と『iPad Pro 10.5』、そして『Surface Go』をプチ比較していくよー!
  Galaxy Tab S4 iPad Pro 10.5 Surface Go
ペンの精度
ペンの使いやすさ
PC的に使える
薄さと軽さ
拡張性

競合機種との簡易比較表。

比較してみると、ペンの精度はGalaxy Tab S4とiPad Pro 10.5が勝っていると思います。Surface Goの『Surface Pen』は、クリエイターの私からみても、まだまだ改善の余地はありです。

Galaxy Tab S4が『DeX』を内蔵したことにより、よりPCに近くなりました。ただ、流石に“本当のPC”であるSurface Goには負けるでしょう。しかし、iPad Pro 10.5には圧勝なのは明白。

四条ねこ
要するに…

  • Galaxy Tab S4 → 中間
  • iPad Pro 10.5 → スマホ的
  • Surface Go → PC的

な感じかなー?

まの
それぞれが少しずつ違うということですね?
四条ねこ
そゆことー!

日本での発売を望む…これは欲しい!

日本での発売を望む…これは欲しい!

正直、かなり魅力的なタブレットだと思います。Samsungらしいエポックメイキングな部分も多く、iPadのようなクリエイティブな要素もあります。

四条ねこ
問題は、日本で発売されるのかだよねー(汗)
さたえり
ねこさんはどう思うん?
四条ねこ
正直…日本で発売は“厳しい”かなー(泣)

前モデルである『Galaxy Tab S3』も、日本国内での発売はナシ。そう考えると、今回の『Galaxy Tab S4』も日本での発売は、かなり厳しいでしょう。

四条ねこ
どうして発売しないのかなー?(汗)
まの
やはり、キャリアとの関係がありそうですね。

欲しい人は、直輸入しよう。うん。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

四条ねこ
Samsung製品は、日本での販路が特殊すぎんよー(汗)
まの
Windows 10搭載の『Galaxy TabPro S』も、家電量販店では買えずにコストコだったりしますもんね…。
さたえり
なーんか、ありそうやんね?
四条ねこ
うむぅ…いろいろありそうだけど、ユーザー目線で販路は確保して欲しいなー。

おわり