タピオカ!『iPhone 11』シリーズ発表&スペック比較—進化もあれば失ったもの大きい《Apple Special Event》

タピオカ!『iPhone 11』シリーズ発表&スペック比較—進化もあれば失ったもの大きい《Apple Special Event》
記事のポイント
  • 発表されたのは5製品。
  • 新旧iPhoneを比較してみた。
  • 進化しているのはカメラだけ。

タピオカとボトムズカメラ。

日本時間11日2時から行われた『Apple Special Event』にて、新型iPhoneこと、『iPhone 11』『iPhone 11 Pro』『iPhone 11 Pro Max』が発表されたので、スペックを見ていきます。

二条ねこ

うーん…タピオカ…ボトムズ……ダサいっ!

まの

賛否がありそうなデザインではありますよね。

二条ねこ

名前の論理性も何だそれって感じなんだよねー。悪夢だぁ…。

Apple Special Eventで発表されたもの

Apple Special Eventで発表されたもの

■発表されたもの

  • iPad(第7世代)
  • Apple Watch Series 5
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max

発表されたハードウェアとしては上記のとおり。

ほかにサービスとして、

  • Apple Arcade(9月20日開始・600円/月)
  • Apple TV+(11月1日開始・600円/月)

についても発表された。

Appleは近年、サブスクリプションビジネスに力を入れていることもあり、このApple ArcadeとApple TV+については、発表イベントの最初のほうで紹介されている。

二条ねこ

Apple TV+は気になってるし、日本でもサービス開始されたら加入する気がするな〜。

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxについて

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxについて

ここからは、おそらく多くのユーザーが良くも悪くも気になっている、

  • iPhone 11(iPhone XRの後継機)
  • iPhone 11 Pro(iPhone XSの後継機)
  • iPhone 11 Pro Max(iPhone XS Maxの後継機)

について見ていくとする。

なお、発売日に関しては9月20日となっていて、予約開始は9月13日21時からとなっている。なので、購入をするなら消費増税前に買うのが、もっとも賢い買い方になるはず。

  iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
64GB 74,800円 106,800円 119,800円
128GB 79,800円 122,800円 135,800円
256GB 90,800円
512GB 144,800円 157,800円

新型iPhoneの価格比較表。

なお、各iPhone 11シリーズについては、上記のような価格(すべて税別表示)になっている。個人的には『iPhone 11 Pro』のシルバーの64GBモデルを購入予定。

さたえり

結局、買うんやね…。

二条ねこ

ダサくてもタピオカっても、儀式ですからな〜♪(洗脳済)

SoC

  iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone XS
SoC Apple A13 Bionic Apple A13 Bionic Apple A12 Bionic

新旧iPhoneのSoC比較表。

iPhone 11シリーズでは、SoCが新たに『Apple A13 Bionic』となり、またまたパワーアップ。元がSnapdragonやKirinよりも高速なので…って、もはや何向けなのでしょうか。

カメラ

カメラ
  iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone XS
フロントカメラ 12MP(f/2.2) 12MP(f/2.2) 7MP(f/2.2)
アウトカメラ 超広角:12MP(13mm・f/2.4)
広角:12MP(26mm・f/1.8)
超広角:12MP(13mm・f/2.4)
広角:12MP(26mm・f/1.8)
望遠:12MP(52mm・f/2.0)
広角:12MP(26mm・f/1.8)
望遠:12MP(52mm・f/2.4)

新旧iPhoneのカメラ性能比較表。

カメラに関しては、如実に進化が表れている。それくらいAppleが力を入れているということでしょう。

iPhone 11シリーズから新たに、『ナイトモード』が追加され、暗所でもクッキリハッキリ撮影できるようになっています。そう、Google Pixel 3aのように…。

デザイン

  iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone XS
サイズ 75.7×150.9×8.3mm 71.4×144.0×8.1mm 70.9×143.6×7.7mm
質量 194g 188g 177g

新旧iPhoneのサイズと質量比較表。

サイズと質量に関しては、iPhone XRとiPhone XSに比べて、少しずつ大きく重たくなっています。正直、iPhone XS自体が軽いスマホとは言えないので、AQUOS Zeroとまでは言わないが、軽量化を意識してほしかった。

タピオカカメラ・ボトムズカメラと言われている。

タピオカカメラ・ボトムズカメラと言われている。

デザイン面で触れておかないといけないのは、タピオカカメラ…ではなく、ガラスの処理の変更。iPhone 11 Pro/11 Pro Maxでは、背面のガラスが従来の光沢ガラスではなく、磨りガラス調に変更されています。なお、iPhone 11は光沢ガラスのままな模様。

バッテリー

  iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone XS
駆動時間 ビデオ再生で17時間 ビデオ再生で18時間 ビデオ再生で14時間

新旧iPhoneのバッテリー駆動時間比較表。

公式サイトではもう少し詳しく用途別でバッテリー駆動時間が書かれていますが、こんな感じでバッテリー持ちは良くなっています。これは素直に歓迎すべきところ。

3D Touch

  iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone XS
Taptic Engine -(Haptic Touch) -(Haptic Touch) ○(3D Touch)

iPhoneと3D Touchについて。

個人的にかなり残念なのが、iPhone 11シリーズでは『Taptic Engine』がオミットされ、それに伴い『3D Touch』(強押し)から『Haptic Touch』(長押し)に変わっています。

あれだけ、開発に苦労していて、ローンチ時もドヤっていたTaptic Engineと3D Touchですが、あっけなく終焉を迎えてしまいました。まぁ、iPadシリーズには非採用だったので、Appleとしては体験をブレさせないために統一させたという“大義名分”があるでしょう。

その他

その他のポイントを駆け足で触れていくと、

  • 5G:非対応
  • Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax):対応
  • I/O:Lightning
  • 防水性能:水深2mから水深4mに強化
  • 付属品:USB Type-C to Lightning に変更(Proのみ)

という感じ。

残念ながら、5Gには非対応。アメリカと韓国が5G先にやったもの勝ちゲーム(?)をやっているのに、意外とAppleは保守的でした。このあたりはSamsungに先を越されたしまった感が強くなってきました。

iPhone 11とiPhone 11 Proで付属品が異なる。

iPhone 11とiPhone 11 Proで付属品が異なる。

なお、Lightning端子のままです。おそらくApple MFIのライセンス料が絡んできそうですが、いつまでLightningにしがみつくかも気になるところ。個人的には2020年のiPhoneはUSB Type-Cにすると予想しています。

まとめ「タピオカカメラよりも、問題はカメラしか性能向上がないこと」

まとめ「タピオカカメラよりも、問題はカメラしか性能向上がないこと」

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxを中心に見ていきましたが、ご覧のとおり、カメラは大幅にパワーアップしたものの、それ以外はそんなに変わっていません。3D Touchにいたっては廃止されています。

iPhone 11はiPhone XRs
iPhone 11 ProはiPhone XSs
iPhone 11 Pro MaxはiPhone XS Maxs
というテンションですね。昔なら。

…でも、買うかもしれません。

二条ねこ

増税前だし…そういう理由で買おうっ!(白目)

この記事で紹介したガジェット

おまけ

まの

率直な感想をどうぞ。

二条ねこ

ノーコメントっ!

さたえり

え…!?

二条ねこ

“閉口”って意味でねー。

まの

…なるほど。

おわり