TWS用にaptX Adaptive対応の高音質スマホを探した

TWS用にaptX Adaptive対応の高音質スマホを探した
記事のポイント
  • 完全ワイヤレスイヤホン用の高音質スマートフォンが欲しい!
  • 『aptX Adaptive』コーデックに対応している製品がベスト!
  • aptX Adaptive対応の高音質スマホは思ったより少ない!

高音質なAndroidスマホを求めて。

昨今の完全ワイヤレスイヤホンのポテンシャルを最大限活かすために、『aptX Adaptive』に対応したAndroidスマートフォンを購入することにしました。…そんな高音質スマートフォン探しのお話。

二条ねこ

同じコーデックでもプレーヤーによって音が変わるんだよねー。うーむ……。

まの

SoCとDSPの差異ですかね?

さたえり

上位のSnapdragonのほうが高音質…とか!?

高音質スマホが欲しい

高音質スマートフォン

本稿の最大の目的は、完全ワイヤレスイヤホンのポテンシャルを最大限活用できる高音質なスマートフォンを探す、ということです。

■Bluetoothコーデックの種類

  • SBC
  • AAC
  • aptX
  • aptX HD
  • aptX LL(aptX Low Latency)
  • aptX Adaptive
  • LDAC
  • Samsung Scalable Codec
  • HWA(LHDC)

Bluetoothコーデック(オーディオ用コーデック)の種類も、今や多岐にわたる。こうなると、いかに“スペック上”高音質なBluetoothコーデックを搭載したプレーヤーを確保するのかが、いち音楽好きとしてのミッションだったりします。

そこで注目したいのが『aptX Adaptive』という、高音質と低遅延を両立させた新たなBluetoothコーデック。詳しいことは割愛するとして、転送ビットレートが279kbps〜420kbpsで可変し、レイテンシーは50ms〜80ms程度。48kHz/24bit(96kHz/24bitでの転送もSoCによっては可能)のハイレゾにも対応している。

Samsung Scalable CodecやHWA(LHDC)は独自色が強いので別として、『LDAC』という高音質がウリのBluetoothコーデックも存在している。ところが、このLDACはバッテリー消費等の問題から、完全ワイヤレスイヤホンへの搭載実績が非常に乏しいのが現状。なので、個人的な狙い目としているのが『aptX Adaptive』対応の高音質スマートフォンというわけです。

さたえり

うーん、マニアックすぎる……。

まの

無駄な買い物に終わらなければよいのですがね。

aptX Adaptive対応スマホは少数派

aptX Adaptive対応スマホ

iPhoneは『SBC』と『AAC』という、2つのBluetoothコーデックしか対応していません。Bluetooth転送によるオーディオの音質は、Bluetoothコーデックだけですべてが決まるとは言い切れない。ですので、iPhoneがダメ…とはならないのですが、今回の目的である『aptX Adaptive』対応のスマートフォン探しというものからは外れます。

二条ねこ

iPhoneの対応コーデックもそろそろ増やしてほしいよねー。

まの

aptX系は無理としても、LDACは欲しいですわね。

では、Androidスマートフォンなら何でもOKなのか、と言われれば、そうではないのがややこしいところ。

同じく高音質がウリである、『aptX HD』や『LDAC』という2つのBluetoothコーデックは、Android O以降ではエンコーダがAOSPに寄贈されている関係で、対応スマートフォンがかなり多い。ところが、今回の『aptX Adaptive』に対応しているスマートフォンはとにかく少ない。しかも、開発者モードを覗くとaptX Adaptiveに対応しているが、メーカーサイトのスペックシート上は記載していない…なんてこともしばしば。

少なくとも、aptX Adaptiveのエンコーダのライセンス関係から、Qualcommの一部のSnapdragon搭載スマートフォンには絞られてはきます。ただ、欲しいAndroidスマートフォンがaptX Adaptive対応になっているかどうかは、ひとつひとつ当たっていくしかないということになります。

二条ねこ

SoC的に対応していても、ベンダー側が採用を見送るのも全然あるからねー。

高音質スマホの購入候補

前置きがかなり長くなってしまいましたが、aptX Adaptive対応Androidスマートフォンの中で、購入候補となっているものを5製品ピックアップしてみました。なお、メーカーサイトでaptX Adaptive対応の記載がないスマートフォンに関しては、実機の開発者モードを開いて確認しています。

Androidの開発者向けオプションをONにする方法(スマホメーカー別)

Androidの開発者向けオプションをONにする方法(スマホメーカー別)

2021年2月8日
  Xperia 1 II LG V60 ThinQ 5G AQUOS zero2 Redmi Note 9S OPPO A73
SoC Qualcomm Snapdragon 865 Qualcomm Snapdragon 865 Qualcomm Snapdragon 855 Qualcomm Snapdragon 720G Qualcomm Snapdragon 662
DSP Hexagon 698 Hexagon 698 Hexagon 690 Hexagon 692 Hexagon
Bluetoothコーデック SBC
AAC
aptX
aptX HD
aptX Adaptive
LDAC
SBC
AAC
aptX
aptX HD
aptX Adaptive
LDAC
SBC
AAC
aptX
aptX HD
aptX Adaptive
LDAC
SBC
AAC
aptX
aptX HD
aptX Adaptive
LDAC
SBC
AAC
aptX
aptX HD
aptX Adaptive
LDAC

aptX Adaptive対応Androidスマートフォン

購入候補となるAndroidスマートフォンは、いずれも独自Bluetoothコーデック(Samsung Scalable Codec・HWA)を除けば、まるっと網羅されています。なお、aptX LLは、Wi-Fiと干渉して実装が困難な点と、aptX Adaptiveがあれば不要な点から、特になくても問題ないと判断しています。

Bluetoothコーデックはバッチリ——となれば、Bluetooth転送時の音質と関係してきそうな、スマートフォンのSoCとDSPを気にしつつ選定していく感じになってきます。あとは、せっかくなのでオーディオ以外の機能やデザイン性も考慮したいところ。

■追記:2021年02月05日

開発者向けオプションに表示されているBluetoothコーデックが、かならずしも当該Android端末が対応しているBluetoothコーデックとは限りません。Redmi Note 9SとOPPO A73は、aptX Adaptiveを正式にサポートしている旨の記述が公式サイトにはないので、利用できない場合もあります。公式にサポートされていない機種に関しては、実機を確認することを強くおすすめします。

【候補1】Xperia 1 II

Xperia 1 II
Xperia 1 II
メーカー Sony
SoC Qualcomm Snapdragon 865
RAM 12GB
ROM 256GB
Bluetooth Ver. Bluetooth 5.1
コーデック SBC
AAC
aptX
aptX HD
aptX Adaptive
LDAC
バッテリー 4,000mAh
インターフェース データ USB Type-C ×1
オーディオ 3.5mmステレオミニジャック ×1
その他 Qi
NFC
FeliCa
サイズ 72×166×7.9mm
質量 181g

Xperia 1 IIのスペック
※SIMフリー版(XQ-AT42)のスペックを記載。

  • 価格:★☆☆☆☆
  • 音質:★★★★★

オーディオ重視のスマートフォンといえば、真っ先に思い浮かぶのがSonyのXperiaシリーズ。その中でも、aptX Adaptiveに対応しているのがXperia 1 IIというフラグシップモデル。

独自のテクノロジー『DSEE Ultimate』を搭載しているだけあって、オーディオメインのスマートフォンとしてはかなりアリと判断。試聴した感じも、スマートフォンと考えれば文句なしという感じでした。価格が高価なのと、Xperia 1 IIIが出そうなのが気になるところですが、とりあえずの有力候補。

【候補2】LG V60 ThinQ 5G

LG V60 ThinQ 5G
LG V60 ThinQ 5G
メーカー LG
SoC Qualcomm Snapdragon 865
RAM 8GB
ROM 128GB
Bluetooth Ver. Bluetooth 5.1
コーデック SBC
AAC
aptX
aptX HD
aptX Adaptive
LDAC
バッテリー 5,000mAh
インターフェース データ USB Type-C ×1
オーディオ 3.5mmステレオミニジャック ×1
その他 Qi
NFC
FeliCa
サイズ 78×170×9.2mm
質量 218g

LG V60 ThinQ 5Gのスペック

  • 価格:★☆☆☆☆
  • 音質:★★★★★

高音質に定評があるのがLGのスマートフォン。そんな中でも狙っているのがLG V60 ThinQ 5Gという2画面スマートフォン。スマートフォンなのにDACを搭載している、このエモさからも有力候補。

今回は完全ワイヤレスイヤホンでの利用目的メインなので本題からそれるのですが、有線接続時は『Hi-Fi Quad DAC』が使えるのが魅力的。「LGのスマートフォンはDAC」と呼ばれるゆえんがここにあるという感じ。Qualcomm TrueWireless Stereo Plusには対応していないのですが、試聴した感じの音質も文句なしだったので、かなり気持ちが揺らいでいます。

2画面スマホ『LG V60 ThinQ 5G』SoftBank版が欲しい理由

2画面スマホ『LG V60 ThinQ 5G』SoftBank版が欲しい理由

2020年9月27日

【候補3】AQUOS zero2

AQUOS zero2
AQUOS zero2
メーカー SHARP
SoC Qualcomm Snapdragon 855
RAM 8GB
ROM 256GB
Bluetooth Ver. Bluetooth 5.0
コーデック SBC
AAC
aptX
aptX HD
aptX Adaptive
LDAC
バッテリー 3,130mAh
インターフェース データ USB Type-C ×1
オーディオ
その他 NFC
FeliCa
サイズ 74×158×8.8mm
質量 141g

AQUOS zero2のスペック

  • 価格:★★★☆☆
  • 音質:★★★☆☆

SoftBank版が異常に値崩れしているという点から、SHARPのAQUOS zero2も狙いどころ。試聴時の音質的には悪くなかったけど、搭載バッテリー容量が少ないので、そのあたりがオーディオ用としてちょっと不安。あと、3.5mmステレオミニジャックが非搭載なのも気になるかも。

【候補4】Redmi Note 9S

Redmi Note 9S
Redmi Note 9S
メーカー Xiaomi
SoC Qualcomm Snapdragon 720G
RAM 6GB
ROM 128GB
Bluetooth Ver. Bluetooth 5.0
コーデック SBC
AAC
aptX
aptX HD
aptX Adaptive
LDAC
バッテリー 5,020mAh
インターフェース データ USB Type-C ×1
オーディオ 3.5mmステレオミニジャック ×1
その他
サイズ 76.68×165.75×8.8mm
質量 209g

Redmi Note 9Sのスペック

  • 価格:★★★★★
  • 音質:★☆☆☆☆

おそらく、最安クラスでaptX AdaptiveとQualcomm TrueWireless Stereo Plusに対応してスマートフォンなのが、XiaomiのRedmi Note 9S。3.5mmステレオミニジャックもあるので、激安スマホオーディオ用にバッチリ…なのですが、試聴した結果、音質が有線も無線もあまり良くないイメージでした。安価で購入できるので致し方なしかも。

【候補5】OPPO A73

OPPO A73
OPPO A73
メーカー OPPO
SoC Qualcomm Snapdragon 662
RAM 4GB
ROM 64GB
Bluetooth Ver. Bluetooth 5.0
コーデック SBC
AAC
aptX
aptX HD
aptX Adaptive
LDAC
バッテリー 4,000mAh
インターフェース データ USB Type-C ×1
オーディオ 3.5mmステレオミニジャック ×1
その他
サイズ 72.9×159.8×7.45mm
質量 162g

OPPO A73のスペック

  • 価格:★★★★★
  • 音質:★★☆☆☆

開発者モードを見ると、aptX Adaptiveにひっそり対応していたのがOPPOのOPPO A73という廉価スマートフォン。音質はRedmi Note 9Sよりもちょっと気持ちマシかな、というくらいの感想。いくらBluetooth転送といっても、やはりある程度は音質と価格は比例するのかもしれません。

どれを買うべきか

Xperia 1 II・LG V60 ThinQ 5G
さたえり

…で、どれを買うつもりなん?

二条ねこ

『Xperia 1 II』『LG V60 ThinQ 5G』かなー!?

価格が価格なので、かなり悩んでいるのですが、Sony『Xperia 1 II』かLG『LG V60 ThinQ 5G』の2択まで絞り込んでいます。ひょっとすると、全然違うスマートフォンを買っているかもしれませんが、今のところはどちらかにする予定。

■追記:2021年02月12日

結局は『Xperia 1 II』を買いました。

DAPスマホとして『Xperia 1 II』を導入した –成功編–

DAPスマホとして『Xperia 1 II』を導入した –成功編–

2021年2月12日

まとめ「高音質でAdaptiveなスマホは希少」

まとめ「高音質でAdaptiveなスマホは希少」

今後登場するイヤホンやヘッドホンが、どこまでaptX Adaptiveに対応してくるかは微妙なところですが、aptX Adaptive対応スマートフォンは持っておきたいところ。ただ、その絶対数が少なく、なおかつ高音質をウリにしているスマートフォンはもっと少ない。

LGがスマートフォン事業を撤退するのでは…との報道も出ており、そうなると高音質なスマートフォンはXperia一択になるかもしれません。

二条ねこ

Bluetooth中心だと高級DAPはやりすぎだし…うむむ。

この記事で紹介したガジェット

おまけ

さたえり

完全ワイヤレスイヤホンって、もっとライトに楽しむものな気がするんやけど……。

二条ねこ

そうなんだよねー。
音質重視なら絶対ワイヤードなんだけど、もっとラフなリスニング環境下での高音質化を図りたいんだよねー。

まの

…難しいですわね。

おわり