【レビュー】Belkin『3.5 mm Audio + Charge RockStar』—小型DAC/ADCでハイレゾなLightning→3.5mm変換くん[PR]

【レビュー】Belkin『3.5 mm Audio + Charge RockStar』—小型DAC/ADCでハイレゾなLightning→3.5mm変換くん[PR]
8
  • 充電しながらオーディオ出力可能。
  • 48kHz/24bitでハイレゾ級出力。
  • DAC機能+ADC機能搭載。
  • 純正と見間違える製品クオリティー。
  • 本体がちょっと大きめ。
  • ケーブルにしなやかさが欲しい。

実はいろいろ遊べる子!

Lightningを3.5mmステレオミニに変換できるアダプター、Belkin『3.5 mm Audio + Charge RockStar』をレビュー。充電しながらイヤホンが使えるのがウリの本製品。実は、D/Aコンバーター内蔵なので、小型DACとしても遊べちゃう!

さたえり

便利グッズな感じだけど、意外とオーディオ製品な気がするんよね!

二条ねこ

ただ変換したい人にも、小型DACとして使いたい人にも…ってことですなー!?

さたえり

若干説明くさいけど、そんな感じやね!

Belkin『3.5 mm Audio + Charge RockStar』って?

Belkin『3.5 mm Audio + Charge RockStar』全体画像。

Belkin『3.5 mm Audio + Charge RockStar』全体画像。

■3.5 mm Audio + Charge RockStarを3行まとめ

  • iPhoneを充電しながらイヤホンが使える。
  • 本体にDAC機能とADC機能を搭載。
  • 48kHz/24bit出力対応でハイレゾ級出力可能。
さたえり

iPhoneユーザーなら、とりあえず持っておきたい超便利アイテムって感じやね!

3.5 mm Audio + Charge RockStarのスペック
製品名 3.5 mm Audio + Charge RockStar
型番 F8J212btWHT
メーカー Belkin
インターフェース(オス) Lightning
インターフェース(メス) Lightning
3.5mmステレオミニ
備考 5V・2.4A電力供給対応
DAC・ADC搭載
48kHz/24bit出力対応

デザイン

本体:もはや純正のような装い

3.5 mm Audio + Charge RockStar本体上面。

3.5 mm Audio + Charge RockStar本体上面。

本体上端には、

  • Lightning(オス)

を搭載されています。

さすがはBelkinというか、本体の質感はかなり高い。おそらく、Belkinロゴを隠すと。Apple純正品と見間違えるはず。それくらい“純正感”アリアリな作りの良さ。

3.5 mm Audio + Charge RockStarの本体底面。

3.5 mm Audio + Charge RockStarの本体底面。

本体底面には、

  • Lightning(メス)
  • 3.5mmステレオミニプラグ

が搭載されています。

これで、Lightningを二股に分けて、充電しながら音楽が聞ける感じ。なお、オーディオスプリッターとしては使えないので注意。あくまで、充電とオーディオを同時に行うアイテムです。

付属品:最低限のシンプル

3.5 mm Audio + Charge RockStar付属品一覧。

3.5 mm Audio + Charge RockStar付属品一覧。

■3.5 mm Audio + Charge RockStarの付属品

  • クイックスタートガイド

ポイント

■3.5 mm Audio + Charge RockStarのポイント概要

  • I/0:充電&通信しながらイヤホン利用可能
  • DAC・ADC:デジタル出力+マイク入力の両対応
  • 48kHz/24bit:ハイレゾ級で音楽が楽しめる

I/O:充電&通信しながらイヤホン利用可能

充電しながら音楽が聞けるレアアイテム。

充電しながら音楽が聞けるレアアイテム。

この3.5 mm Audio + Charge RockStar最大のポイントは、やはりiPhoneを充電しながら音楽が聞けるということ。

ただのLightning変換アダプターではない。

ただのLightning変換アダプターではない。

Lightningを3.5mmステレオミニに変換するアダプターは、純正の『Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ』をはじめ、各所から発売されている。
ただ、これらはあくまで変換であって、同時に充電ができない。そこで今回の3.5 mm Audio + Charge RockStarの出番…というわけだ。

DAC・ADC:デジタル出力+マイク入力の両対応

DAC機能とADC機能を搭載。

DAC機能とADC機能を搭載。

充電しながら音楽が聞ける!…というだけなら、ただの便利グッズ的に収まってしまうのだが、DAC機能とADC機能が搭載されているなら話は別。そう、3.5 mm Audio + Charge RockStarは、オーディオ的アイテムでもあるのだ。

Lightning自体にアナログ出力がないので、この手の製品(Lightning to 3.5mmステレオミニ)は自動的にDAC機能を搭載しないとオーディオ出力ができない。逆に言えば、お手軽DACが簡単に手に入るとも捉えることができるわけ。

さらに、ADC(アナログをデジタルに変換)機能も搭載されているので、マイク入力がついているイヤホンでも利用可能。分かりやすく言えば、充電しながらイヤホンでLINE電話できるわけだ。うーん、至れり尽くせりで実に便利ではないか!

48kHz/24bit:ハイレゾ級で音楽が楽しめる

公式にはハイレゾロゴはないが、48kHz/24bit出力可能。

公式にはハイレゾロゴはないが、48kHz/24bit出力可能。

そして、オーディオ的に楽しめる大きなポイントとして、48kHz/24bit出力に対応しているというのも大きい。
48kHz/24bit、つまり『ハイレゾ』のDACとして使えるというわけだ。ただ、この製品自体はハイレゾ対応を謳っていはいない。なので、ハイレゾ対応というよりは、“ハイレゾ級”という表現に留めおくのがよさそう。一応、規格的にはハイレゾで出せるというニュアンスで。

まぁ、そんな言葉遊びをさておき、充電しながら48kHz/24bit出力が可能な小型DACと考えると、非常に感慨深い。だからこそ、「実は真面目なオーディオデバイスでは?」とふと思ってしまうのです。もっと注目されるべき製品ですね、これ。

補足

兄弟機バリエーション

Lightning Audio + Charge RockStar

こちらは、
Lightning – Lightning ×2
という変換アダプター。

iPhoneと接続したいイヤホンが、3.5mmステレオミニではなく、Lightning端子なタイプの場合はこちらをどうぞ。

RockStar USB-C to 3.5mm アダプタ

こちらは、
USB Type-C – USB Type-C + 3.5mmステレオミニ
という変換アダプター。

USB Type-C搭載のAndroidスマホや、iPad Pro(2018)で利用可能です。

純正アダプターとの比較

左:純正アダプター 右:本機

左:純正アダプター 右:本機

純正のApple『Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ』と比較するとこんな感じのサイズ感。

まとめ「便利アイテムだし、小型DAC&ADCでもある…って凄いじゃん!」

便利グッズとしてもオーディオ機器としても。

便利グッズとしてもオーディオ機器としても。

今回レビューした3.5 mm Audio + Charge RockStarを総括すると、

  • 充電しながら音楽が聞けるって便利
  • 小型DAC兼ADCとしても利用可能
  • 質感がApple純正っぽい

という感じでした。

有線イヤホンを充電しながら使いたいiPhoneユーザー、DACとして使いたいオーディオユーザー、そのどっちもが満足して使えるアイテムという感じでした。

さたえり

持っておいて損はないグッズやね!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

さたえり

地味なアイテムだけど、こういう変換アダプターってあると便利なんよね。

まの

イザというときに頼れるアダプターというわけですわね。

二条ねこ

バッグに常に忍ばせておいてもいいかもだねー!

おわり