【ミニレビュー】Samsung『Galaxy Note10+ Leather Back Cover』—本革な唯一無二の選択肢

【ミニレビュー】Samsung『Galaxy Note10+ Leather Back Cover』—本革な唯一無二の選択肢
記事のポイント
  • Note10+用の希少な純正本革ケース。
  • 高級感はボチボチだけど工作精度は高い。
  • 日本未発売が惜しい。

やっぱり、純正が一番。

Galaxy Note10+専用純正ケース、Samsung『Galaxy Note10+ Leather Back Cover』をレビュー。なぜか日本未発売なこのケース。せっかくなので、海外で購入したのでちょっとだけ紹介。

二条ねこ

えーと…

  • 安定の純正ケース
  • 本革仕様で質感は上々
  • グリップ力もOK
  • もうちょっと高級感欲しい

って、感じの感想かなー。

まの

サードパーティー製ケースが少ないので、純正にお世話になる人が多そうですわね。

さたえり

種類はiPhone用とは天と地ほどの差があるからね…。

Samsung『Galaxy Note10+ Leather Back Cover』って?

Samsung『Galaxy Note10+ Leather Back Cover』全体画像。

Samsung『Galaxy Note10+ Leather Back Cover』全体画像。

Galaxy Note10+ Leather Back Coverってなに?

Samsung Galaxy Note10+用の純正本革レザーケース。

7
  • カメラ周りの切り抜きは純正らしく正確。
  • 純正カバーという安心感。
  • 装着時もスマホ本体が分厚くならない。
  • 以前のALCANTARA COVERに比べて高級感に劣る。
  • スマホ本体の下側面は保護されない。
  • 何故か日本で購入不可。
二条ねこ

iPhone純正レザーケースのGalaxy版って感じですなー。

スペック表
製品名 Galaxy Note10+ Leather Back Cover
型番 EF-VN975LLEGUS
メーカー Samsung
備考 素材:本革

本体チェック

Galaxy Note10+ Leather Back Cover外側。

Galaxy Note10+ Leather Back Cover外側。

Galaxy Note10+ Leather Back Coverは、いわゆるレザーケース。ただ、レザーといってもいろいろありますが、こちらは“本革”仕様のタイプ。

カラーバリエーションは6種類(Black・Blue・Red・Silver・White・Tan)あり、今回はBlueを購入しました。本当はTanかRedが欲しかったのですが、どちらも私が購入した店舗では売り切れ。結果、女子っぽくないBlueになりました。

Galaxy Note10+ Leather Back Cover内側。

Galaxy Note10+ Leather Back Cover内側。

外側は当然、本革のレザーなのですが、Galaxy Note10+と接する内側はファブリック調の素材になっていました。
なんだか、以前のアルカンターラっぽい触り心地で気持ちいい。これなら、変に擦れてGalaxyが傷つく心配もなさそうです。さすが純正。

Galaxy Note10+ Leather Back Cover側面。

Galaxy Note10+ Leather Back Cover側面。

ボタン部分だけ別素材で、メタルっぽいマテリアルに。
これなら手探りでボタンを押すのも容易で、しかもデザイン的にもアクセントになってて良き。イメージ的には、ほんとiPhone純正本革ケースと一緒。

Galaxy Note10+ Leather Back Coverカメラ部分。

Galaxy Note10+ Leather Back Coverカメラ部分。

カメラ部分は、以前のGalaxy Note8ケース(ALCANTARA COVER)とは異なり、特に凝った作りにはなっていない様子です。ポジティブ言えば、シンプル。ネガティブに言えば、高級感が減った。そんな感じ。

【レビュー】最も美しいケース|Galaxy Note8 ALCANTARA COVER

【レビュー】最も美しいケース|Galaxy Note8 ALCANTARA COVER

2018年6月10日

装着してみた

二条ねこ

ってことで、Galaxy Note10+に装着っ!

Galaxy Note10+に装着した。

Galaxy Note10+に装着した。

カメラ部分の工作精度はさすが純正。

カメラ部分の工作精度はさすが純正。

「さすが純正」と言いたくなるほどの工作精度の高さが伺えます。純正でもイマイチなケースって、ごくまれに見かけちゃいますけど…これなら大丈夫そう。

特にカメラ周りの切り抜きはバッチリ。
ケラレも当然なく、だからといって不用意に切り抜きされているわけでもない。この切り抜き部分からチラっと見えるGalaxy Note10+のAura glow(オーラグロー)がちょっぴりセクシーな感じ。

下側面はくり抜きが多めのタイプ。

下側面はくり抜きが多めのタイプ。

賛否ありそうなのが、下側面のくり抜きの大きさ。

この手のレザーケースの多くが、下側面部分がガッツリくり抜かれていますが、このGalaxy Note10+ Leather Back Coverも例外なくくり抜きが大きめ。なので、Galaxy Note10+の下側面の保護具合に不安をおぼえるユーザーもいるかも。ただ、しっかり角は守られているので、落下耐性はそこまで低くなさそうです。

二条ねこ

Galaxy Note10+の場合は、S-Penが下側面にあるから、これくらいくり抜きが大きいほうが取り出しやすかったりなんだよねー。

使ってみた感想:純正の安心感と美しさは捨てがたい

純正ならではの細かい作り。

純正ならではの細かい作り。

いわゆる私は“ケース純正派”なので、純正ケースがスマホに装着されているだけで満足だったり…。

そもそも、Galaxy Note10+用のケースというのは非常に少なく、大型家電量販店でも選択肢がほぼなくて困っている状況。iPhoneと比べるのは酷だけど、同じくSamsungのGalaxy S10と比べてもケース数が少ない。しかも、S10向けにはこのLeather Back Coverは日本で販売している謎。おそらく、Note10+ユーザー自体少ないのかも…。

本革ならではのエイジングも楽しみのひとつ。

本革ならではのエイジングも楽しみのひとつ。

結局のところ、選択肢もあってないようなものなので、このGalaxy Note10+ Leather Back Coverは“ベストでありマスト”、という感じ。

レザーの質感は普通くらい、iPhoneの純正ケースよりは下、そんな感じだけど、ちゃんと本革を採用しているので、エイジングは楽しめそう。そのエイジング具合も、また美しさとしてケースの色になっていくのも楽しみだったりします。

まとめ「Note10+ユーザー唯一無二の選択肢」

Galaxy Note10+ユーザーなら、輸入してでも買う価値アリ。

Galaxy Note10+ユーザーなら、輸入してでも買う価値アリ。

残念なことに、この『Galaxy Note10+ Leather Back Cover』は、日本のSamsungでは取り扱いがありません。なので、私のように海外で購入するか、米国のAmazonから直輸入する必要アリ。そこが一番のネックかも。

とはいえ、入手性自体は悪くないので、ここは純正ケースのためにも直輸入するのは大いにアリ。Galaxy Note10+専用ケースの選択肢の少なさも相まって、このGalaxy Note10+ Leather Back Coverが唯一無二のケースになること間違いなし

二条ねこ

このケースだけじゃなく、『Galaxy Note10+ Silicone Cover』も合わせて買ってたりするあーる。

【ミニレビュー】Samsung『Galaxy Note10+ Silicone Cover』—しっとり感がたまらないノートの相棒

【ミニレビュー】Samsung『Galaxy Note10+ Silicone Cover』—しっとり感がたまらないノートの相棒

2020年2月8日
Galaxy Note10/10+純正ケースまとめ—シリコンケース・レザーケースも現状日本未発売

Galaxy Note10/10+純正ケースまとめ—シリコンケース・レザーケースも現状日本未発売

2020年1月21日
この記事で紹介したガジェット
  • Samsung|Galaxy Note10+ Leather Back Cover

おまけ

二条ねこ

なんで、日本未発売なのかなー!?

まの

S10用は販売しているのですが…ね。謎ですわ。

さたえり

やっぱり、そこまでの販売台数を見込んでないとか!?

二条ねこ

えーー!?Note10+は超いい端末なのになー。

おわり