「『Rakuten UN-LIMIT VII』は『VI』と何が違う?」のまとめ

「『Rakuten UN-LIMIT VII』は『VI』と何が違う?」のまとめ
記事のポイント
  • 『Rakuten UN-LIMIT VII』は“月額0円”を廃止!
  • その代わりに楽天市場でのポイント還元増!
  • 楽天ヘビーユーザーのための料金プランに刷新!

— VIIは楽天経済圏重視 —

楽天モバイルの新料金プラン『Rakuten UN-LIMIT VII』。本稿では、旧プラン(UN-LIMIT VI)との違いUN-LIMIT VIIでの新サービスや特典、などについて網羅的にまとめています。

二条ねこ
  • Rakuten UN-LIMIT VI:誰が使ってもそこそこお得
  • Rakuten UN-LIMIT VII:楽天経済圏ユーザーは超お得

…という感じかなー!?

まの

シナジー効果を高めた、というわけですね。

さたえり

ある種の“篩に掛ける”やね。

「何が違う?」の結論

『Rakuten UN-LIMIT VI(現プラン/まもなく旧プラン)』と『Rakuten UN-LIMIT VII(新プラン)』の違いを簡単にまとめると、

  • “1GB以下・月額0円”の枠が廃止された
  • 楽天市場でのポイント還元倍率が増えた
  • 楽天サービスがお得に使えるようになった

となり、新プランでは楽天経済圏ユーザーをより重視するものとなっています。

『Rakuten UN-LIMIT VII』の概要

Rakuten UN-LIMIT VII
サービス開始 2022年7月1日
月額基本料金 20GB超過 3,278円/月
20GB以下 2,178円/月
3GB以下 1,078円/月
データ基本容量 無制限
(パートナー回線:5GB/月)
超過後速度
(パートナー回線)
最大1Mbps
データ追加料金
(パートナー回線)
660円/1GB
音声通話料金 22円/30秒
留守番電話 対応
(無料)
通話かけ放題
(15分/回)
対応
(1,100円/月)
国際ローミング 対応
(無料)
ネットワーク 5G Sub6/mmWave
4G LTE

Rakuten UN-LIMIT VIIの料金プラン[*1]

新料金プラン『Rakuten UN-LIMIT VII』は、2022年7月1日より開始。

既存の『Rakuten UN-LIMIT VI』ユーザーは、新プラン開始と同時に『Rakuten UN-LIMIT VII』へと自動移行されます(現プラン『Rakuten UN-LIMIT VI』自体が消滅)。

なお、『Rakuten UN-LIMIT VII』開始と同時に、請求金額が変更されるわけではありません。

新料金プランの適用までには、最大4か月の猶予期間が設けられております。当該期間中においては、現プラン『Rakuten UN-LIMIT VI』の料金が適用(もしくは、相当のポイント還元)されます。

料金プラン比較(VII vs VI)

SCROLL
新プラン
(Rakuten UN-LIMIT VII)
旧プラン
(Rakuten UN-LIMIT VI)
基本料金 20GB超過 3,278円/月 3,278円/月
20GB以下 2,178円/月 2,178円/月
3GB以下 1,078円/月 1,078円/月
1GB以下 - 0円/月
(1回線目のみ)
データ基本容量 無制限
(パートナー回線:5GB)
無制限
(パートナー回線:5GB)
データ追加料金
(パートナー回線)
660円/1GB 550円/1GB
超過後速度
(パートナー回線)
最大1Mbps 最大1Mbps
音声通話料金 22円/30秒 22円/30秒
通話かけ放題
オプション
15分/回
(1,100円/月)
10分/回
(1,100円/月)
ネットワーク 5G Sub6/mmWave
4G LTE
5G Sub6/mmWave
4G LTE

新旧の料金プラン比較[*2]

『Rakuten UN-LIMIT VII』と『Rakuten UN-LIMIT VI』の料金プランの違いは上表のとおり。詳細は後述。

主な変更点

新プラン『Rakuten UN-LIMIT VII』への移行による主な変更点について、これから解説していきます。

“1GB以下・月額0円”が廃止

SCROLL
新プラン
(Rakuten UN-LIMIT VII)
旧プラン
(Rakuten UN-LIMIT VI)
20GB超過 3,278円/月 3,278円/月
20GB以下 2,178円/月 2,178円/月
3GB以下 1,078円/月 1,078円/月
1GB以下 1,078円/月 0円/月
(1回線目のみ)

新旧の料金プラン比較[*3]

新プラン『Rakuten UN-LIMIT VII』では、“1GB以下・月額0円”という料金体系が廃止されました。

これにより、最低でも1,078円/月(税込)発生することになります。

データ追加料金の値上げ

SCROLL
新プラン
(Rakuten UN-LIMIT VII)
旧プラン
(Rakuten UN-LIMIT VI)
データ基本容量 無制限
(パートナー回線:5GB)
無制限
(パートナー回線:5GB)
データ追加料金
(パートナー回線)
660円/1GB 550円/1GB
超過後速度
(パートナー回線)
最大1Mbps 最大1Mbps

新旧の料金プラン比較[*4]

パートナー回線(auローミング)における、データチャージの料金が 550円/1GB(税込) → 660円/1GB(税込) と値上げされます。こちらは、2022年7月1日より適用。

なお、楽天回線エリア内でのデータ利用であれば、関係はありません(データ容量が無制限なため)。また、楽天回線エリア拡大にともない、パートナー回線は縮小傾向となっています。

通話かけ放題オプションの時間延長

SCROLL
新プラン
(Rakuten UN-LIMIT VII)
旧プラン
(Rakuten UN-LIMIT VI)
Rakuten Link
通話時間 無制限 無制限
利用料金 無料 無料
通話かけ放題
通話時間 15分以内/回 10分以内/回
SMS 無制限 無制限
利用料金 1,100円/月 1,100円/月

新旧の料金プラン比較[*5]

新プラン『Rakuten UN-LIMIT VII』では、通話かけ放題オプションがアップグレード。

“1回10分”のかけ放題から、“1回15分”のかけ放題と、無料で通話可能な連続時間が5分延長されています。なお、オプション料金については変更ナシ(税込1,100円/月)。

楽天市場でのポイント還元増加

SCROLL
新プラン
(Rakuten UN-LIMIT VII)
旧プラン
(Rakuten UN-LIMIT VI)
楽天ポイント
内訳
通常の買い物 1倍 1倍
楽天モバイル利用 +2倍 +1倍
楽天カード 通常分
楽天カード 特典分
+2倍 +2倍
ダイヤモンド会員 +1倍 -
楽天ポイント
合計
最大6倍 最大4倍

新旧の料金プラン比較[*6]

新プラン『Rakuten UN-LIMIT VII』では、楽天市場での買い物時のポイント還元率が 最大4倍 → 最大6倍 にアップグレードされています。

なお、こちらは2022年6月1日より先行スタート。

楽天グループサービスの特典

Rakuten UN-LIMIT VII
NBA Rakuten 月額利用料金44%オフ
(990円/月 → 550円/月)
パ・リーグ Special 毎月50%相当ポイント還元
(702年/月)
楽天ミュージック
(Rakuten Music)
月額利用料金20%オフ
(980円/月 → 780円/月)
楽天マガジン 毎月30%相当ポイント還元
(418円/月)

楽天グループサービスの特典内容[*7]

同時に楽天グループサービスを契約すると、月額利用料金の割引ポイント還元が特典として付与されるようになります。

加えて、各種楽天グループサービスを新規で申し込みした場合、一定期間の利用料金が無料になる特典が設けられています。

新サービス

ここからは『Rakuten UN-LIMIT VII』の開始に併せて開始される、楽天モバイルの新サービスについて解説していきます。

楽天メール

アップデート内容
  • キャリアメールアドレス『楽天メール』の開始(2022年7月1日開始開始)
  • 『メールアドレス持ち運び』サービスの提供(2022年8月開始予定)

2022年7月1日より、楽天モバイルのキャリアメールアドレス『楽天メール』が提供開始となります。

『楽天メール』は利用無料。ドメイン名は『〜@rakumail.jp』。メールアドレス持ち運びにも対応します。

アップデート内容
  • 『メッセージ削除機能』の追加(2022年6月開始予定)
  • 『Rakuten Link デスクトップ版』の追加(2022年内開始予定)
  • ミニアプリの順次追加
  • アプリ内ゲームの追加

楽天モバイル公式のRCS(Rich Communication services)アプリ『Rakuten Link』に、複数の機能が順次追加されます。

『メッセージ削除機能』は、メッセージ削除時間のタイマー予約が可能。また、PCでもRakuten Linkが利用できる『Rakuten Link デスクトップ版』も提供される予定で、デスクトップ版でもチャット・通話(音声・ビデオ)・メールが利用可能。

さらに、Rakuten Linkは『スーパーアプリ』化を目指しており、ミニアプリやゲームも順次展開予定となっています。

あんしんコントロール

アップデート内容
  • 見守りアプリ『あんしんコントロール』の開始(2022年内開始予定)

ペアレンタルコントロールアプリ(見守りアプリ)として、『あんしんコントロール』というアプリを提供予定。こちらは有料オプション。

『あんしんコントロール』には、SNSモニタリング機能・ウェブフィルタリング機能・位置情報追跡機能などが実装されています。

楽天モバイル法人サービス

アップデート内容
  • 楽天モバイル法人サービスの開始(2022年10月開始予定)

コンシューマには無関係ですが、MNOの楽天モバイルとして、法人向けのサービスが開始されます。

まとめ「新プランは楽天経済圏ユーザー向け」

新プランは楽天経済圏ユーザー向け
Rakuten UN-LIMIT VII
  • 2022年7月1日より開始
  • ​“1GB以下・月額0円”が廃止(1,078円/月〜)
  • ​データ追加料金の値上げ(660円/1GB)
  • 通話かけ放題オプションの時間延長(10分 → 15分)
  • 楽天市場でのポイント還元増加(4倍 → 6倍)
  • ​楽天グループサービスの特典

Rakuten UN-LIMIT VIIについて総括すると、上記のようになります。

“1GB以下・月額0円”が廃止がクローズされがちですが、楽天経済圏のヘビーユーザーにとっては、以前よりもお得になる可能性もあります。

二条ねこ

あとはエリア拡大とプラチナバンド確保ですな!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

“1GB以下・月額0円”が廃止されるから「改悪」って言いたくなるけど、常識的に考えたら、ずっと0円なんて無理ですな。

まの

ですわね。
ただ、そうだとすると『povo2.0』はどうなのでしょうね!?

二条ねこ
  • そもそもトッピングありきのプラン
  • 0円運用は通信速度的に非現実的
  • 180日トッピング無だと強制解約

という感じだから、『povo2.0』に関しては、『楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VI)』よりも、実は0円運用が難しかったりするんだよねー。

さたえり

なーる。

まの

そういう縛りを設けて、KDDI側の管理コストを減らしているわけですわね。

二条ねこ

ま、楽天モバイルと違って、KDDIは複数のブランドやプランを持ってるし、仮に『povo2.0』が逆ザヤになっても、ダメージ自体は少ないと思われーる。

おわり


*1ユニバーサルサービス料/電話リレーサービス料別・各種割引未適用時の税込表記・日本国内で利用の場合
*2ユニバーサルサービス料/電話リレーサービス料別・各種割引未適用時の税込表記・日本国内で利用の場合
*3ユニバーサルサービス料/電話リレーサービス料別・各種割引未適用時の税込表記・日本国内で利用の場合
*4税込表記・日本国内で利用の場合
*5税込表記・日本国内で利用の場合・SMS送信上限は100通/日
*6ポイント獲得上限あり・条件あり
*7税込表記・一部条件あり


▽Source
Rakuten(1, 2), Rakuten Mobile(1, 2