なっ!?『MacBook Pro 2018』は13インチも”4コア”に?

なっ!?『MacBook Pro 2018』は13インチも”4コア”に?

13インチユーザーには朗報かも?

いよいよ来週に控えた『WWDC 2018』ですが、やはり新型MacBook Proの発売は確実みたいです。さらに…なんと!この『MacBook Pro 2018』は、13インチモデルでも”4コア”になるそうです。

四条ねこ
こっこれは!?…ゴクリ。
まの
13インチユーザーが”2コア”で憂き目にあっていた日も、ようやく終焉を迎えるのですね。
さたえり
ついでに”キーボードの不具合”も直して欲しいやんね!
四条ねこ
だねっ!今回はWWDC目前だから、『MacBook Pro 2018』のスペック情報をまとめてみたよー!

13インチは”4コア”、15インチは”6コア”に?

13インチは”4コア”、15インチは”6コア”に?

海外メディアや個人的な予想を含めても、正直なところ『MacBook Pro 2018』は、大幅な外観の変化や革新的な機能の追加は無いと思います。

ただ、CPUは大幅なアップグレードになりそうです!

7/14/2018追記:
ついに『MacBook Pro 2018』が発表されました。

例の“アレ”は?新型『MacBook Pro 2018』が買いな5の理由と1の懸念点

2018.07.14
まの
業務で使用している私達からすると、CPUの底上げがされるのが一番嬉しかったりしますよね。
四条ねこ
だねーっ!
しかも、今回はCPUの”大幅”アップグレードになりそうなんだよね〜!
2016年モデルや2017年モデルユーザーでも、全然買い換える余地がありそうっ!

Apple系情報サイト『MacRumors』によると、今回のWWDCで発表されるであろう『MacBook Pro 2018』は、13インチモデルで”4コア”15インチモデルで”6コア”になるそうです。ちなみに現行のモデルは、13インチモデルで2コア、15インチモデルで4コアです。

Intelの『第8世代Coreプロセッサー(Coffee Lake)』

このコア数の増加は、Intelの『第8世代Coreプロセッサー(Coffee Lake)』によるものです。

四条ねこ
この『Coffee Lake』では、Uシリーズでも最低4コアになったんだよー!

MacBook Proシリーズは慣例的に、13インチモデルはUシリーズを搭載し、15インチモデルはHシリーズを搭載していることが多いです。なので、『Coffee Lake』が搭載されれば、自動的に13インチモデルでも4コアになるという訳です。

また、『Coffee Lake』のHシリーズには、6コア12スレッドのモデルも存在します。これが15インチモデルに搭載されれば、15インチモデルのMacBook Proは6コアになりますね。

まの
ということは…Intelのお陰ですか!?
さたえり
Appleは何もしてないんじゃ…(汗)
四条ねこ
まーまー(笑)
少し話はズレるけど、Appleが自社でMac向けCPUを開発するなんていう噂もあるから、いつまでIntelのCPUを搭載するのかも気になるなー。

『Coffee Lake』のラインナップ

『Coffee Lake』のラインナップ

ちなみに補足情報ですが、現行のCPUである『Coffee Lake』は以下のような振り分け方になっています。

  • Uシリーズ:モバイル用。TDP 15Wと28Wが存在。
  • Hシリーズ:モバイル用。TDP 45Wのみ。
  • Tシリーズ:デスクトップ用。TDP 35Wのみ。
  • Gシリーズ:ワークステーション用。TDP 65Wと100Wが存在。AMDのGPU搭載。
四条ねこ
デスクトップ用の『Coffee Lake-S』なんてのもあるよー!
自作PCユーザーから人気の『Core i7 8700K』とかがそうだねっ!
さたえり
ひゃー。ややこしいやんねぇ…(汗)
四条ねこ
一時期ラインナップが整理されたかなって思ったら、また増えた感じだからねー。結構把握するのって大変だよねっ(汗)

どちらにせよ、MacBook Proに関係するのは、”U”と”H”だと思っておけば間違いないと思います。

RAMは16GB止まりが濃厚

RAMは16GB止まりが濃厚

CPUに関しては朗報だと思いますが、反対にRAM(メモリー)に関しては残念ながらアップグレードはなさそうです。

現行の『MacBook Pro 2017』のRAMの最大搭載量は16GBです。残念ながらこれは『MacBook Pro 2018』でも変わらず”16GB”のままだそうです。

さたえり
32GBにして欲しい声は多いんやないの!?
四条ねこ
これも”Intel絡み”なんだよねー。

そもそも、32GBまで搭載できるモバイル向けCPUとして『第8世代Coreプロセッサー(Cannon Lake)』が生産の遅れから、2019年になるという噂があります。これに引きずられて、搭載できるRAMの容量が16GB止まりになるという訳です。

まの
『Cannon Lake』も『Coffee Lake』も、同じ”第8世代”というのがややこしいですね。
四条ねこ
いやぁ…ほっんとややこしい(汗)
ちなみにだけど、”第9世代”は『Ice Lake』だよー!
さたえり
この辺もいずれ記事にしたほうが良さそうやんね…。

キーボードの不具合は改善される?

キーボードの不具合は改善される?

そして、現行のMacBookユーザー、つまり『バタフライ構造キーボード』を使用している人が一番気になるであろうものが、”キーボードの不具合問題”です。

四条ねこ
これについては、超・超エントリーを書いたっ!

MacBook Proキーボード不具合問題。海外でリコール署名運動に発展

2018.05.07

要注意!?MacBook Pro 2016 & 2017不具合まとめ

2018.05.05
まの
ここに表示させると多くなるので、気になる人は検索バーで”MacBook”と検索してみてください。ねこさんの荒ぶりが見られますよ(笑)
四条ねこ
ひどいぞーまのさんっ!

そんな”訴訟問題”にまで発展している、MacBookやMacBook Proのキーボードですが、こちらに関しては以前の記事で書いた、Apple特許を取得したこと以外に情報がありません。

おそらく何かしらの改善をしてくるとは思いますが、そもそも『バタフライ構造キーボード』に問題がありそうなので、根本的な解決にはまだまだ程遠いかも知れません…。

四条ねこ
正直なところ、ユーザー的にはこの不具合が改善されない限り買いにくいよねー(汗)
海外では訴訟問題に発展しているから、もしかするとAppleがリコール認定するかも知れないけど、どうなんだろうねー。
まの
リコール認定すると、企業的には膨大なコストが掛かるので簡単にはできませんからね。

正直なところ、キーボードに関しては”蓋を開けてみる(分解という意味でも)”しかなさそうです。

『WWDC 2018』で新モデル発表は確実

『WWDC 2018』で新モデル発表は確実

Apple系のリークサイトである『AppleInsider』によると、現行の『MacBook Pro 2017』がアメリカ本国で欠品していたり、発送が遅れているそうです。これは、新モデルが出る布石でしょうね。

四条ねこ
ま、毎年MacBook Proの新モデルは出ているけどね〜。
まの
それを言ってはおしまいですよ?

いよいよ来週が『WWDC 2018』ですが、おそらくCPUの向上やキーボード不具合の改善はあるにしても、大幅な刷新にはならないと思います。今までの周期的にも、フルモデルチェンジにはまだ早いですからね。
フルモデルチェンジは2020年ではないかと、個人的には踏んでいます。

どちらにせよ『WWDC 2018』は正座待機で刮目せよ!…ですね!

おまけ

まの
いよいよって感じになってきましたね。
さたえり
うち的には、バッテリーの持ちも良くなって欲しいんやけどねぇ。
四条ねこ
CPUが新しくなれば、省電力性も上がるからバッテリー持ちも良くなるかもだねっ!
まの
そして、後はキーボードだけですね。
四条ねこ
ほんと…ねー。どうなることやら…。

おわり

Image:Intel
Source:MacRumorsAppleInsider