Linksys『Velop』を買った3つの理由。うむ…AirMacの代替になるか!?

記事のポイント
  • VelopとAirMacの仕様を比較した!
  • AirMacの代替にするならNAS必須!
  • IPv6は惜しいがトライバンド対応は良き!

確かにAirMacっぽい。

巷でAirMacの代替と呼ばれている、Linksys『Velop』を買いました。なので、AirMacと仕様比較した上で、なぜVelopにしたのかの理由を語ります。

二条ねこ

分かったことは、おすすめだけど万人におすすめじゃないことっ!

さたえり

微妙な言い回しやね。

まの

不満点でもあるのでしょうか…!?

Linksys『Velop』を買ったぞ!

Linksys『Velop』を買ったぞ!

ずっとAirMac Time Capsuleユーザーな私。ただ、最近どうも不調だったので、Linksys『Velop』というメッシュWi-Fiルーターを買いました。ようやく初メッシュWi-Fiです!

二条ねこ
やぽぽーいっ!
まの

このLinksys『Velop』って、Appleが推奨しているメッシュWi-Fiルーターなのですよね?

二条ねこ

そうなのであーるっ!
このLinksys自体が、Apple系周辺機器でお馴染みのBelkinと2013年に買収と吸収合併しているからねー。そう考えると、AppleがLinksysを推すのも分かるということだっ。

【レビュー】Linksys『Velop』—AirMac代替なメッシュWi-Fiルーター

2019年7月14日

VelopとAirMac Time Capsuleの仕様比較

VelopとAirMac Time Capsuleの仕様比較

おそらく、このVelopを購入検討する人の大半がAirMac Time Capsuleからの移行組なはず。つまり、代替機ということ。

なので、LinksysのVelopとAppleのAirMac Time Capsuleのスペックを比較してみます。

  Velop AirMac Time Capsule
理論値 867Mbps 1,300Mbps
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac IEEE 802.11a/b/g/n/ac
周波数帯 2.4GHz
5GHz
2.4GHz
5GHz
MIMO
ビームフォーミング
メッシュWi-Fi
IPv6 PPPoE ○¹
IPv6 IPoE
IPv4 over IPv6
内蔵HDD
Time Machine
インターフェース LAN/WAN(Gigabit Ethernet) ×2 LAN(Gigabit Ethernet) ×3
WAN(Gigabit Ethernet) ×1
USB Type-A(2.0) ×1

VelopとAirMac Time Capsuleの仕様比較表。
¹日本のIPv6 PPPoE接続だと通さないとの報告もアリ。

Wi-Fiルーター好きなら気になるであろうスペックをピックアップしてみました。

Wi-Fiがac対応なことや、MIMO・ビームフォーミングに対応しているのは、2019年だと当たり前なので割愛。やはりトピックは、『メッシュWi-Fi』のシステムを構築できるか否かでしょう。

こちらも気になる『IPv6』ですが、意外にもAirMac Time Capsuleでも対応していました。AirMacって…かなり高性能だったのですね。

二条ねこ

懸念点は自動バックアップ機能『Time Machine』非対応になっちゃったことだよねー。

さたえり

これはSynologyのNASに任せるしかなさそうやね。

Linksys『Velop』を選んだ理由

さて、ここからは、数あるメッシュWi-Fiルーターの中でも、なぜLinksys『Velop』を選んだかを話していきます。

まもなくレビュー記事を書く予定ですが、この『Velop』がおすすめかと聞かれればおすすめだが、BUFFALOのメッシュWi-Fiとも熟慮して検討すべし…という感じです。今のところですが。

【理由1】トライバンド対応メッシュWi-Fiだから

【理由1】トライバンド対応メッシュWi-Fiだから

1つめの理由が、メッシュWi-Fiルーターの中でも、『トライバンド』という規格に対応している(トライバンドモデルのみ)から。

デュアルバンドとトライバンドの周波数帯

  • デュアルバンド:2.4GHz・5GHz
  • トライバンド:2.4GHz・5GHz(W52・W53)・5GHz(W56)

トライバンドモデルのVelopは、5GHz帯の1つをメッシュWi-Fiの中継専用に使うことが可能。メッシュWi-Fiだからこそ、トライバンドが必要だったりするので、このVelopを選んだわけです。

二条ねこ

国内で売られているメッシュWi-Fiルーターの多くが、まだデュアルバンドなんだよねー。

★図解★メッシュWi-Fiとは?—中継機との違い・仕組みを徹底解説だ(`・ω・´)

★図解★メッシュWi-Fiとは?—中継機との違い・仕組みを徹底解説だ(`・ω・´)

2019年3月20日

【理由2】AirMacの代替と呼ばれているから

【理由2】AirMacの代替と呼ばれているから

2つめの理由が、Velop自体がAirMacの代替として、Appleが推奨しているから。

前述のとおり、このVelopを購入検討している人の大半がAirMacからの移行組だと思われる。だからこそ、Apple自身がAirMacの代替としてVelopを推奨している安心感があったりする。

【理由3】IPv6に正式対応しているから

【理由3】IPv6に正式対応しているから

3つめの理由が、IPv6にアップデートで対応したから。ただ、“条件付き”ではあります…。

IPv6についての説明は割愛するので、次世代の高速インターネットと思ってもらえればと。ただ、IPv6に対応しているといっても、IPv6 IPoEとIPv4 over IPv6というNTT的が言っている『V6プラス』に非対応なのが、非常に残念。

このIPv6 IPoEとIPv4 over IPv6には、BUFFALO『WTR-M2133HP』が対応している。こちらもメッシュWi-Fiルーターなので、AirMacの代替として考えていないなら、BUFFALOのほうがおすすめ

『メッシュWi-Fi』vs『Wi-Fi 6』問題

『メッシュWi-Fi』vs『Wi-Fi 6』問題

メッシュWi-Fiルーターと導入するかどうかで悩むのが、こちらも次世代のWi-Fiと呼ばれる『Wi-Fi 6』という規格。

Wi-Fi論。メッシュWi-Fi vs Wi-Fi 6—2019年最強のルーターを考えたぞ!

Wi-Fi論。メッシュWi-Fi vs Wi-Fi 6—2019年最強のルーターを考えたぞ!

2019年4月8日

現状は、メッシュWi-Fiを取るか、Wi-Fi 6を取るか、その取捨選択に迫れる。Wi-Fi 6対応ルーター自体がまだ少なく(RT-AX88U等)、その恩恵を受けられるのは数年先にはなりそうだが、これは気になるポイント。

AirMacの代替としてシンプルにまとめたいなら、VelopのようなメッシュWi-Fiルーター。
とにかく速度を求めてルーターも弄りたいなら、RT-AX88UのようなWi-Fi 6対応ルーター。

こーんな感じで今のところは、人によっておすすめが変わってきそうです。

まの

今回はAirMacの代替としてWi-Fiルーターが欲しかったから、Velopにしたということですね?

二条ねこ

まとめちゃうとそゆことですな〜。

まとめ「AirMacの代替としてならVelopは一考の余地あり」

まとめ「AirMacの代替としてならVelopは一考の余地あり」

とどのつまり、今回Linksys『Velop』を買った理由は、『AirMac Time Capsule』の代替にしたかったからということ。

ただ、正直なところ、メディア各所が「AirMacの代替だ」と言うほど、代替ってない感がしたり…。本音を言うなら、代替ならばHDDぐらいは積んでほしかったかな。ただ、Belkin製でトライバンド対応なのは高評価なので、全然おすすめではあります。

二条ねこ

今のところは…

  • AirMac代替が欲しい人:Linksys『Velop
  • IPv6完全対応が欲しい人:BUFFALO『WTR-M2133HP
  • Wi-Fi 6対応が欲しい人:ASUS『RT-AX88U

っていう感じの買いわけかなー!?

この記事で紹介したガジェット

おまけ

まの

完全にAirMacの代替にするなら、NASが必須ですね。

二条ねこ

そうなんだよねー。
再度NASを構築しないとだし、V6プラスを考慮するとVelopをブリッジモードで使って、ONUとの間にルーターをかますのがベストかも?

さたえり

そうなってくると、全然スッキリしなくなるやんね…。

おわり