Kyash Cardを申し込んだ—3Dセキュア非対応・ポイント還元上限12万円/月なので“サブ”のまま

Kyash Cardを申し込んだ—3Dセキュア非対応・ポイント還元上限12万円/月なので“サブ”のまま
記事のポイント
  • Apple Cardをなんとか申し込んだ!
  • メリットもあるがデメリットも少なくない!
  • 実はそんなに飛びつかなくてもよかったりする!

和製Apple Cardを申し込んだの巻。

ついに『Kyash Card』の受付が開始したので、先日申し込みました。NFC Payと暗証番号での決済で便利に。だけど、かゆいところに手が届くわけではないVISAプリペイドカード。そんな感じでした。

二条ねこ

Apple Cardまでの“つなぎ”……。(ボソッ)

さたえり

こら!やめぃ!!

まの

プリペイドにはプリペイドの利点がありますけどね。

Kyash Card申込の流れ

二条ねこ

iPhone 11 Proのモックアップを作ったから、それで申し込みの流れを見ていくあーるっ!

まの

……モックアップを見せたかっただけですね、きっと。

Kyash Card申し込みの注意点の説明。

Kyash Card申し込みの注意点の説明。

  • カラー:シルバー・ネイビー・ピンク
  • アプリ:Ver. 6.0.0以降強制
  • 発行手数料:900円
  • 発行日数:約1か月以上
  • Google Pay:3月下旬

Kyash Cardの申し込みをしようとすると、申し込みについての注意点などが表示されました。それをまとめたのが上記になります。

Kyash Cardの基本仕様。

Kyash Cardの基本仕様。

発行手数料が別途900円かかること、ポイント還元率が1%ということ。……などなどが書かれています。

Kyash Cardは3色(シルバー・ネイビー・ピンク)展開。

Kyash Cardは3色(シルバー・ネイビー・ピンク)展開。

カラーは3色(シルバー・ネイビー・ピンク)あるので、きっと一番人気っぽい『ネイビー』にしました。特に理由はナシ。シルバーはApple Cardまでのお楽しみで。関係ないですけど、ピンクが一番好きなカラーだったり。

すでに気づいている人もいますが、カード裏面のイシュアの欄が“Kyash”となっています。すみしんライフカードから移行して自社発行にするのは、昨年4月のニュースに知っていたのですが、なんとも感慨深いものがあります。

新たに900円と個人情報の提出と登録が必要。

新たに900円と個人情報の提出と登録が必要。

  • 発行手数料¥900を残高にチャージ
  • 本人確認書類をアップロード
  • 本人確認書類を登録
  • 氏名と現住所を登録
  • 注意事項を確認

発行手数料は900円別途必要とのこと。ここが気になる人はいるかも…。

健康保険証は本人確認書類とは認められない。

健康保険証は本人確認書類とは認められない。

■対応している本人確認書類

  • 運転免許証
  • マイナンバー
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

本人確認書類なのですが、『犯罪収益移転防止法(犯罪による収益の移転防止に関する法律)』の影響もあり健康保険証はNG。運転免許証を持っている人は大丈夫ですが、いよいよマイナンバーカードが必須になってきた予感。

カード所有者氏名を入力。

カード所有者氏名を入力。

おそらく、カード所有者の入力を間違うと審査落ちするので、注意しなければ……。

PINコードの設定。

PINコードの設定。

Kyash CardでついにPINコード(暗証番号)での決済に対応したので、ここで4ケタの暗証番号を設定するようです。後で変更不可なので要注意。

申し込んだぞ!

申し込んだぞ!

あの後、住所などの最終確認があり、それを済ませればようやく完了。

“ティロリン”と900円お支払い。

“ティロリン”と900円お支払い。

あ、900円支払われた……。

二条ねこ

申し込み自体は簡単だけど、身分証明書で詰む人いそうな気がするなー。

まの

マイナンバーを通知カードのまま保管している人、多そうですからね。

比較表(Kyash Card vs Kyash Card lite)

  Kyash Card Kyash Card lite
PINコード
(暗証番号)
NFC Pay
(Visaタッチ決済)
Apple Pay
Google Pay
(QUICPay)
○¹
3Dセキュア
国内利用
海外利用
(オンライン決済のみ)
決済上限/回 30万円 5万円
決済上限/月 100万円 12万円
ポイント還元率² 1% 0.5%³
還元上限/月 12万円 12万円
発行手数料 900円 300円

Kyash CardとKyash Card liteの比較表。
¹2020年3月末頃対応予定。
²一部取引はポイント還元ナシ。
³2020年4月1日より。それまでは1%還元。

今回提供開始された『Kyash Card』と、以前から提供されている『Kyash Card lite』の比較表は上表のとおり。基本的な情報は公式サイトに記載されています。

一部改悪?『Kyash Card』開始前に注意点・変更点をじっくり読んだ

一部改悪?『Kyash Card』開始前に注意点・変更点をじっくり読んだ

2019年12月21日

■GOOD

  • 暗証番号での決済。
  • NFC Payへの対応。
  • 決済上限額の増額。

■BAD

  • QUICPayは還元率0%。
  • 3Dセキュア非対応。
  • ポイント還元上限は12万円/月。
  • 発行手数料が900円かかる。

私はKyashのヘビーユーザーなので、デメリット織り込み済みで申し込んでいるのですが、決してKyash Cardは手放しで褒めるのは難しいかなという印象を受けます。

暗証番号での決済やNFC Pay(利用者どれくらいだろ?)への対応は嬉しいポイントですが、相変わらず『3Dセキュア』には非対応。これではQRコード決済ではまともに使えません。また、Apple Payはまたまた対応見送りです。おそらく、国際ブランドがVISAなので、この先も対応しない気がしています。

そして、気をつけておきたいのがポイント還元。
決済上限額は増えたのですが、ポイント還元上限は12万円/月。つまり、12,000ポイントが限界。なので、あまり大きな買い物には向いていません。そして、こちらも以前の改悪を引き継いでいるのが、QUICPayブランドで決済すると“0%”になってしまうこと。

そういうことなので、うまくコントロールできるユーザーが持つには、かなーり申し分ないプリペイドカードなのですが、何も考えずに使いたいユーザーからすると、わりとトラップ的なものが多いのも事実でしょう。FinTech好きのサブカードとしては最高なのですがね。

ねこの所感:イシュアがKyashなのね

ついにKyashはイシュアとなった。

ついにKyashはイシュアとなった。

Kyashはすでに、Visaからプリペイドカード発行ライセンスを取得しているので、ついにKyash Cardではイシュアになっています。

だからこそ、Kyash Card liteの還元率を0.5%に下げて、Kyash Cardに移行させたいのでしょう。改悪はあるにしても、かなりユーザーフレンドリーなサービスなので、自社がイシュアにならないとマネタイズが大変そうですし、そういう面ではFinTechスタートアップながらバックボーンを受けているだけあると感じます。

まとめ「本当なら3Dセキュアが欲しかったところ」

まとめ「本当なら3Dセキュアが欲しかったところ」

何はともあれ、Kyash Cardを申しみました。

900円……と思われそうですが、個人的には利便性とこの体験を得られるだけで、発行手数料はペイできたかと。それよりも、ポイント還元率がしょっぱいのと、3Dセキュア非対応なのが痛いところかもしれません。

二条ねこ

メインにはならないけど、最高のサブカードではある…はずっ!

Apple PayとKyash

KyashのApple Pay対応状況は!?—運営に問い合わせた&未対応な理由はVISAとキャッシュバックな話

2019年9月7日

おまけ

二条ねこ

発行ステータスが進まないあーる……。

さたえり

なんか、殺到しすぎてアプリもメンテ入ってたやんね。

二条ねこ

正直、そのトラブルが信用を下げちゃうんだけどなー。いざというときに不安になるし……。

まの

FinTechは信用第一ですからね。

おわり