Google Pixel 5 = つまらない端末 なのかの考察

Google Pixel 5 = つまらない端末 なのかの考察
記事のポイント
  • Google Pixel 5 = つまらない 論について考えた!
  • つまらないと感じるのは私がガジェット好きのギークだから!
  • 一般ユーザー目線に立つとギミックなしが最適解なのかも!

シンプルこそ美しい。

2020年10月に開催されたGoogleのオンラインイベント、Launch Night In。そこで発表された『Google Pixel 5』が、ガジェット好き界隈では「つまらない」と言われているそう。そこで本当につまらないのか、そこをギークが考えてみます。

二条ねこ

実は面白いGoogle Pixel 5ちゃんっ!

まの

SoliもActive Edgeも非搭載なのに…ですか?

さたえり

5Gもミリ波非対応なのに?

Google Pixel 5とは?

本題に入る前に、少しだけGoogle Pixel 5というデバイスについてのおさらいをしていきます。

Help at the Speed of 5G | Introducing the new Pixel 5 and Pixel 4a with 5G – YouTube

■Google Pixel 5とは?

Googleが生み出した5G(Sub6)対応のスマートフォン。防水・Qiワイヤレス充電に対応。

Google Pixel 5は、Google Pixelシリーズ(Pixelシリーズ)の第5世代めとなるスマートフォンで、2020年10月1日に開催された『Launch Night In』で発表されました。発売日は2020年10月15日で、価格は74,800円。

下記の『Google Pixel 5のスペック』という部分に、Pixel 4との比較も含めて、Google Pixel 5のスペックをまとめています。本記事では、“Pixel 4から失われたもの”についても触れていくので、事前に確認してもらえると、より理解しやすくなるはずです。

Google Pixel 5のスペック
  Google Pixel 5 Pixel 4
価格 74,800円 87,450円〜
カラー Just Black
Sorta Sage
Just Black
Clearly White
OS Android 11 Android 10
SoC Qualcomm Snapdragon 765G Qualcomm Snapdragon 855
RAM 8GB 6GB
ROM 128GB 64GB
128GB
ディスプレイ 画面サイズ 6.0インチ 5.7インチ
画面解像度 1,080×2,340 1,080×2,280
カメラ フロント 8MP(f/2.0) 8MP(f/2.0)
リア(広角) 16MP(f/2.2)
リア(標準) 12.2MP(f/1.7) 12.2MP(f/1.7)
リア(望遠) 16MP(f/2.4)
ネットワーク 無線LAN Wi-Fi 5(IEEE 802.11a/b/g/n/ac) Wi-Fi 5(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)
4G
5G ○(Sub6) ×
Bluetooth Ver. Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
コーデック SBC
aptX
aptX HD
LDAC
SBC
aptX
aptX HD
LDAC
バッテリー 4,000mAh 2,800mAh
インターフェース 端子 USB 3.1 Gen 1 Type-C USB 3.1 Gen 1 Type-C
SIM nanoSIM
eSIM
nanoSIM
eSIM
サイズ 70.4×144.7×8.0mm 68.8×147.1×8.2mm
質量 151g 162g
備考 Titan M
Qi
USB PD 2.0
FeliCa(NFC)
Pixel Imprint
Battery share
Titan M
Qi
USB PD 2.0
FeliCa(NFC)
Motion Sense
Soli
Active Edge

Google Pixel 5・Pixel 4のスペック比較表

3分で読むLaunch Night In概要—Google TV・Nest Audio・Pixel 5・Pixel 4a (5G)が登場

3分で読むLaunch Night In概要—Google TV・Nest Audio・Pixel 5・Pixel 4a (5G)が登場

2020年10月1日

Google Pixel 5 = つまらない

Google Pixel 5

Google Pixel 5

Google Pixel 5は、先代のPixel 4からいろいろ機能を削られていたり、スペックを落とされている部分があったりして、ガジェット好きなギーク界隈では「つまらないデバイス」と言われていたりもするそう。

確かに、今回のGoogle Pixel 5には表立った革新的な機能はなく、他社のAndroidスマートフォンのフラグシップモデルと比べても、数段見劣りする部分があったりします。そういう意味では、つまらないと言っている人の気持ちも分からないことはなく、個人的にはGoogle Pixelっぽいというよりかは、Google Nexusっぽいイメージがしっくりきています。

二条ねこ

IKEAっぽいというより、無印良品っぽい感じっ!

さたえり

うーん、分かりづらい……。

失われたガジェット感

Pixel 4

Pixel 4

Google Pixel 5が「つまらない」と言われる理由、それはPixel 4で搭載していた面白いギミックが軒並み廃止されたため。

そこで、ここからはPixel 4からGoogle Pixel 5になったタイミングで廃止された機能と搭載された機能について触れていきます。

廃止された機能

Pixel 4からGoogle Pixel 5になったことで、廃止された機能は以下のとおり。

■Google Pixel 5で廃止された機能

  • Soli(Motion Sense)
  • Active Edge
  • Pixel Neural Core
Soli

Soli

Pixel 4でギークの心をわしづかみにした『Soli』を利用した『Motion Sense』という機能。このMotion Senseによって、Pixel 4に触れることなくジェスチャーのみで操作可能に——ということだったのですが、Google Pixel 5ではまるっと廃止。Soli自体がありません。

Active Edge

Active Edge

また、Google Pixelシリーズおなじみとなっていた、スマートフォンの両サイドをギュっと握るとGoogle Assistantが起動する『Active Edge』。Google Pixelユーザーないし、HTCユーザーには馴染み深い機能(HTCでは『Edge Sense』)ですが、Google Pixel 5ではActive Edgeをバッサリと廃止。

そして、『Pixel Neural Core』というコプロセッサーも廃止。これはGoogle Pixel 5が 顔認証 → 指紋認証 となった兼ね合いもあるそうですが、SoC(Qualcomm Snapdragon 765G)で代用できるようになったため非搭載になったそうです。

要するに、Pixel 4で“エモみ”の部分だった、Soli(Motion Sense)やActive Edgeが廃止されてしまったことで、 Google Pixel 5 = つまらない というイメージになってしまっているわけです。

搭載された機能

反対に、Pixel 4からGoogle Pixel 5になったことで、搭載された機能は以下のとおり。

■Google Pixel 5で搭載された機能

  • Pixel Imprint
  • Battery share
Pixel Imprint

Pixel Imprint

『Pixel Imprint』とは、要するに指紋認証のこと。その代わり、Google Pixel 5では顔認証が非搭載なので、これを新搭載や新機能と言うのはちょっと違う(過去には『Nexus Imprint』もあったので)かも……。

Battery share

Battery share

『Battery share』とは、Qiワイヤレス充電規格と用いたリバースチャージのこと。少し前に登場したGoogle純正の完全ワイヤレスイヤホン『Pixel Buds』もQi対応なので、このBattery shareを利用すれば、Google Pixel 5からPixel Budsへ電力供給ができるというわけです。Samsung Galaxyではすでに搭載されている機能なので、リバースチャージを使ったことがある人もいるはずです。

【レビュー】Google『Pixel Buds』—ギミック凝縮なTWS型ほんやくコンニャク

【レビュー】Google『Pixel Buds』—ギミック凝縮なTWS型ほんやくコンニャク

2020年8月23日

搭載された機能を考えると分かるように、ギミックらしいギミックは特にありません。もちろん、5Gは新搭載ですがSub6止まりですし、2020年発売のスマートフォンであるなら、特段目新しい機能ではありません。Battery shareも然りです。

ギークと一般ユーザーの乖離

Pixel 4 & Google Pixel 5

Pixel 4 & Google Pixel 5

…こうやって話していくと、Google Pixel 5はガッカリ端末と思ってしまうのですが、それはおそらく私がガジェット好きのギーク女子だから。そう、きっと私が一般ユーザーだったなら、Google Pixel 5がつまらないとは思わなかったはず。

まの

ここがキモというわけですわね?

二条ねこ

そうそうっ!
つまらないって思うのはデバイスのせいじゃなくて、ターゲット層がズレてたからかなって!

多くのユーザーにギミックは不要

Google Pixel 5では前述のとおり、Soli(Motion Sense)とActive Edgeという、2つの要素がPixel 4からオミットされています。ただ、それらをオミットしてスペースが空いたからか、Google Pixel 5ではバッテリーが大幅増加(2,800mAh → 4,000mAh)となっていたり、販売価格もかなり安くなってくれました(SoCもSDM 700番台に抑えたのも要因の1つ)。

分かりやすく言えば、ギークがエモみを感じるギミックをごっそり削って、その代わりに一般ユーザーが喜ぶバッテリー容量とリーズナブルな価格を手に入れたということ。

世の中のスマートフォンを利用するユーザーのほとんどは“非”ギーク。そう考えると、Google Pixel 5というデバイスはギークに向けたデバイスではなく、より一般ユーザーが手に取りやすいデバイスにした。だから、余計(だと判断された)なギミックがオミットされたということな気がします。

デバイスをギーク目線だけで見てはいけない

Pixel 4 & Google Pixel 5

Pixel 4 & Google Pixel 5

このGoogle Pixel 5というデバイスで感じるのは、決してデバイスはギークのためだけに存在しているのではないということ。ネットの海ではギークだらけですが、リアルの世界ではマイノリティーということを忘れてはいけません。これは私自身の戒め。

もちろん、Soli(Motion Sense)もActive Edgeも面白い機能なので、Google Pixel 5でも使いたかった…というのが本音。ですが、それと引き換えにバッテリー容量が半分になると言われてしまうと…なんだか複雑な気分になってしまいます。これが非ギークなら、なおさらでしょう。

一般ユーザーはスマートフォン1台持ちがほとんどなので、それらのどちらかを取るとなれば、十中八九バッテリーでしょう。きっと、そこでSoliなどを取るのはギーク。そこで感じたのが、デバイスをギーク目線だけでは見てはいけないということ。Google Pixel 5が想定している顧客が私ではないということなのでした。

二条ねこ

コテコテなデザインが好きな人が、無印良品やUNIQLOを求めないのと同じ感じであーる。

GoogleはAppleではない

Google Logo

Google Logo

——Googleはテック企業なのだから、革新的な機能を入れるべきではないか。

そんなことをふと思ったのですが、よく対比されるApple(とiPhone)とは異なり、Androidスマートフォンというのは他社からも無数にリリースされていますし、そもそもGoogleはAppleほどハードウェアメーカーではありません。Googleが売りたいのはハードウェアではなく、その後ろに存在しているサービスやデータなのです。

なので、Google Pixelを尖ったAndroidスマートフォンにするよりは、非常にニュートラルでベーシックなデバイスにしたほうが良いとの判断かもしれません。変態端末と化したAndroidスマートフォンは他社から出ていますので。iOSデバイスはAppleしか出せないので、自分で革新性やギミックをプロモーションしていく必要があるのですが、Googleはそこまでハードウェアをプッシュする必要性がないとも捉えることができるのです。

Pixel Slate

Pixel Slate

それもあってか、近年のGoogleはハードウェアの撤退(Pixel Slateとか)や、機能をオミットを本当にバッサリやってきます。それこそ、少し前のAppleみたいくバッサリと。Googleからすると、ハードウェアは“実験場”なのかもしれません

二条ねこ

だからこその一期一会なエモみもあるんだけどねー。

さたえり

それがSoliやったのかもやね!

Google Pixel 5 = シンプル&ミニマル

Google Pixel 5は最高のシンプルスマートフォンである。

Google Pixel 5は最高のシンプルスマートフォンである。

話が変な方向にブレてきましたが、発表当初こそ「つまらない」と感じていたGoogle Pixel 5ですが、いろいろ考えていくうちに「これがいい」と180°考えが変わってきました。

まの

見事な手のひら返しですわね。

二条ねこ

んごご……。

Google Pixel 5には変態ギミックはありませんが、必要十分なスペックだけを詰め込んだ、いわば“贅肉”のないスマートフォン。シンプルとミニマリズムをGoogleなりに体現したスマートフォンなのです。

私のメインのAndroidスマートフォンはSamsung Galaxy Note20 Ultra(5G)なのですが、まさにそれとは対極に位置するのがこのGoogle Pixel 5。確かにGoogle Pixel 5はつまらないかもしれないのですが、Google Pixel 5ベースで考えると、Galaxy Note20 Ultraは“贅肉と豪奢”なスマートフォンとも感じたりもします。もちろん、それはそれでギーク心をくすぐるのでアリ。

とにかくシンプルでベーシックに使いやすい。そして贅肉のない美しさ。これこそ、Google Pixel 5最大の魅力。このギーク感のなさに共感できるのであれば、むしろ積極的に買ってもよいスマートフォンでないかと思うわけです。

Galaxy Note20 Ultra 5Gハンズオン:カメラは素敵だけど超出っ張る

Galaxy Note20 Ultra 5Gハンズオン:カメラは素敵だけど超出っ張る

2020年10月5日

まとめ「Google Pixel 5はつまらなくていい端末」

まとめ「Google Pixel 5はつまらなくていい端末」

確かに、Soli(Motion Sense)やActive Edgeのようなギミック感はなく、捉え方や期待していたユーザーからすると、Google Pixel 5は期待はずれであり、つまらないスマートフォン。

ただ、考えれば考えるほど、Google Pixel 5はつまらない端末でいい、つまらない端末がいい、そういうふうに思うようになりました。まさにシンプルイズベスト。

最近のiPhoneがシンプルさを忘れて豪奢になりはじめたので、個人的にはGoogle Pixel 5のほうが、在りし日iPhoneっぽくて好きだったりします。とにかく、ギークは面倒な生き物なのです。うんうん。

二条ねこ

もしGoogle Pixel 5を買ったら、それは非ギークの自分が勝利した瞬間かもっ!?

この記事で紹介したガジェット

おまけ

まの

語りましたわね。

二条ねこ

なんだか、Google Pixel 5には謎の魅力があるんだよねー。というか、最近のGoogleデバイスに惹かれつつあるぞぞぞ……。

さたえり

とか言いつつ、iPhoneは買うんやろうね。

二条ねこ

当然!あれは“儀式”なのだっ!!

おわり