DAPスマホとして『Xperia 1 II』を導入した –成功編–

DAPスマホとして『Xperia 1 II』を導入した –成功編–
記事のポイント
  • Androidスマートフォンを音楽プレーヤーとして迎え入れた!
  • DAPスマホとして選んだのは『Xperia 1 II』!
  • これはワイヤレス派のWALKMANと言っても過言ではないぞ!

今回は成功編。

音楽プレーヤー用途として、Xperia 1 IIというAndroidスマートフォンを購入しました。Xperia 1 II、オーディオ用途として…実に素晴らしい。ですなの。

二条ねこ

しゅ…しゅごい!ペリアは凄い!!

まの

あ、“成功編”ですわ。

さたえり

前回の続きやね。

はじめに

音楽プレーヤー専用Android

■DAP用スマホが欲しい理由

  • aptX Adaptiveを利用したいから
  • 音楽ストリーミングサービス専用機が欲しいから
  • Android搭載DAPがモッサリしているから

音楽プレーヤー専用機としてAndroidスマートフォンを購入した理由。それは、音楽ストリーミングサービス(SpotifyAmazon Music HD)とワイヤレスイヤホン/ヘッドホンで“ラフ”に音楽を楽しめる環境を構築したかったため。

とはいえ、スマートフォンだからといって音質を捨てるのは嫌。なので、いわゆる『ハイレゾ』は欠かせないわけです。そうなると、ワイヤレスで楽しむためには『aptX Adaptive』(48kHz/24bit)や『LDAC』(96kHz/24bit)に対応している必要がある。LDACはエンコーダがAOSPに寄贈されているため、大半のAndroidスマートフォンが対応していますが、ことaptX Adaptive対応となると、急に対応機種が絞られてきます。

そこで白羽の矢が立ったのが、今回購入したSonyのXperia 1 IIだった…というわけです。

二条ねこ

WALKMAN(NW-ZX500)も持ってるんだけど、ゴリゴリにストリーミングサービスを使うには、スペックとバッテリー持ちがイマイチなんだよねー。

さたえり

だから、音楽のソース別でデバイスを分けるわけやね?

二条ねこ

そういうことあーるっ!

OPPO Reno3 Aを買ったけど失敗した

OPPO Reno3 A

そういう経緯があって、良さげなAndroidスマートフォンを漁っていた矢先、OPPO Reno3 Aの開発者向けモードにaptX Adaptiveが表示されていたので購入しました。

ところが、このOPPO Reno3 A、実はaptX Adaptiveには非対応だったのです。要するに、開発者向けモードにaptX Adaptiveが表示されていただけ。あくまで“表示”だったのです。“対応”ではありません。

二条ねこ

これが“失敗編”だったのだ……。

DAPスマホとして『OPPO Reno3 A』を導入した –失敗編–

DAPスマホとして『OPPO Reno3 A』を導入した –失敗編–

2021年2月6日

これだと、aptX Adaptiveに対応したAndroidスマートフォンを音楽プレーヤーにする…という当初の目的を達成できない。そこで本稿の主役である『Xperia 1 II』を急遽買い直したというわけなのです。

まの

これも経験ですわね。

二条ねこ

ちゃんと実機検証すべきって、教訓にはなったよねー。

Android端末の対応Bluetoothコーデック確認方法の誤解(検証記事)

Android端末の対応Bluetoothコーデック確認方法の誤解(検証記事)

2021年2月5日

Xperia 1 IIを買ったら成功した

Xperia 1 II

そういうわけで、最初は買うつもりがなかったのですが、SonyのスマートフォンXperia 1 IIを買いました。

Xperia 1 II
メーカー Sony
OS Android 10
SoC モデル Qualcomm Snapdragon 865
CPU Kyro 585
GPU Adreno 650
DSP Hexagon 698
RAM 12GB
ROM 256GB
ディスプレイ 画面パネル OLED
画面サイズ 6.5インチ
画面解像度 1,644×3,840
カメラ フロント 8MP(f/2.0)
リア(超広角) 12.2MP(f/2.2)
リア(標準) 12.2MP(f/1.7)
リア(望遠) 12.2MP(f/2.4)
ToF
ネットワーク 無線LAN Wi-Fi 6
(IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)
Cellular 5G Sub6
4G FDD-LTE
4G TD-LTE
3G W-CDMA
2G GSM
Bluetooth Ver. Bluetooth 5.1
コーデック SBC
AAC
aptX
aptX HD
aptX Adaptive
LDAC
バッテリー 4,000mAh
インターフェース データ USB 3.1 Type-C
ビデオ
オーディオ 3.5mmステレオミニジャック
ネットワーク nanoSIM ×2*1
その他 Qi
NFC
FeliCa
microSDXCカードスロット*1
サイズ 72×166×7.9mm
質量 181g
備考 生体認証 指紋認証
防水防塵 IP68
その他 Hi-Res Audio対応
Hi-Res Audio Wireless対応
DSEE Ultimate搭載
Dolby Atmos対応

Xperia 1 II《XQ-AT42》のスペック
*1microSDXCとの排他的デュアルSIM仕様。

一時期のXperiaは“暗黒期”に入っていたのですが、この『Xperia 1 II』のスペックやデザインは、まさにAudio-Visualに強いSonyらしいスマートフォン。

リアカメラは超広角・標準・望遠という今どきな3カメラ構成。そこにAF強化のためのToF(3D iToF)が追加で搭載されている。…というのは、他社のハイエンドスマートフォンでもあること。なのですが、Xperia 1 IIでは、レンズにZEISS Lensを採用していたり、処理エンジンにBIONZ X for mobileを採用していたり、と随所に同社の一眼カメラ『α』らしいエッセンスが加わっている。しかも、標準レンズのセンサーが1/1.7型と少し大きいのも良き。『Photography Pro』というカメラアプリも使えることから、かなりカメラ好きにはウケる構成になっています。

二条ねこ

しっかり設定して撮影する人からすると、スマートフォンの中でもトップクラスの写りを出してくれる印象かなー。ま、カメラはあまり使わないけど……。

さたえり

え……!?

Hi-Res Audioロゴ

お目当てのオーディオ機能については、おそらくこれ以上のスマートフォンはないと言えるレベル。DAC内蔵のLG機と双璧をなす音質でしょう。

Xperia 1 IIの『ハイレゾ』は、日本オーディオ協会の認証済み(Hi-Res AudioとHi-Res Audio Wirelessの両認証)のもの。WALKMANでおなじみの『DSEE Ultimate』というアップコンバート機能も搭載。3.5mmステレオミニジャック出力でのS/N比が良くなるように作られている模様。

このXperia 1 IIを、オーディオ目的で買うユーザーがどれくらい存在するのかは分からないですが、まさにオーディオ派なら買って損はナシと言えるスマートフォンになっている、というわけなのです。価格がSIMフリー版で14万円弱…と、高価なスマートフォンなのですが、Sonyらしい玄人が好むテクノロジーが詰まった感がたまらなかったりします。

二条ねこ

モバイルなワイヤレスオーディオを極めるなら、やっぱりXperia 1 IIだったわけですなー。行き着く先は皆一緒っ!

Xperia 1 IIの感想

aptX AdaptiveとTWS Plusの両対応

Xperia 1 IIは主要Bluetoothコーデックを網羅している。

Xperia 1 IIは主要Bluetoothコーデックを網羅している。

OPPO Reno3 Aで失敗した件があったので、今回はソニーストアまで足を運んで確認して買ってきました。なので、購入前から把握していたのですが、『aptX Adaptive』と『True Wireless Stereo Plus(TWS Plus)』の両方に対応している点が実に素晴らしい。

実は、Xperia 1 IIとLG V60 ThinQ 5Gの二択でかなり悩んだのですが、TWS PlusがLG V60 ThinQ 5Gでは非対応だったので、Xperia 1 IIを選んだというのもあったりします。Xperia 1 IIにはDSEE Ultimateもあるので、ワイヤレスイヤホン/ヘッドホン中心で使うなら、個人的にはXperia 1 IIのほうがおすすめ。

Xperia 1 IIはaptX AdaptiveとTWS Plusに対応。

Xperia 1 IIはaptX AdaptiveとTWS Plusに対応。

完全ワイヤレスイヤホン界隈では、すでに『TrueWireless Mirroring』に移行しつつあるのですが、いまだにTWS Plus対応機種も多い。しかも、aptX Adaptiveはライセンシーが発生するので、搭載を見送っている完全ワイヤレスイヤホンも多い。そうなると『aptX』コーデックに頼る必要が出てくるのですが、そうなるとTWS Plusが非対応のスマートフォンだと旨味がなくなってくるわけでして……。

二条ねこ

全部Qualcommありきだけどねー。

とにかく、そのような面倒くさいBluetoothコーデック界隈を神経質に考えるのはつらい。ならば、スマートフォンベンダーの独自コーデックを除く、全部のBluetoothコーデックを対応しているのがベストなのです。ですなの。

192kHz/24bitにネイティブ対応

Xperia 1 IIはネイティブで192kHz/24bit出力可能。

Xperia 1 IIはネイティブで192kHz/24bit出力可能。

Xperia 1 IIは、『Amazon Music HD』をフルに楽しむために導入したフシもあるので、DACを使わずにネイティブで192kHz/24bitの音質で出力できるというのが嬉しい限り。

音楽ストリーミングサービス対応のDAPとDACを組み合わせて、さらなる高音質ストリーミング環境を——というのも楽しいのですが、私の中では“楽して高音質で聞く”というのがスマートフォンオーディオのキーコンセプト。なので、ネイティブで192kHz/24bit出しできるというのは、とにかく強烈なアドバンテージなのです。

私のメインスマートフォンはiPhone 12 Pro MaxとGalaxy Note20 Ultraなのですが、端末単体だと両者とも48kHz/24bit止まり。この時点で、Xperia 1 IIを音楽プレーヤー代わりに使うという目的が私の中では完全達成されたのでした。192kHz/24bitネイティブ対応は強い。

DSEE UltimateでもはやWALKMAN

Xperia 1 IIはDSEE Ultimate対応。

Xperia 1 IIはDSEE Ultimate対応。

WALKMAN(NW-ZX500)持ちの私からすると、その効果の高さから期待していたのが、音響補正機能である『DSEE Ultimate』の存在。DSEE Ultimateは音楽ストリーミングサービスやワイヤレスヘッドホンでも適用されるとなっているので、まさに自分が求めていた機能だったりします。

Bluetooth接続でDSEE Ultimateを利用する場合には、Bluetoothコーデックが『LDAC』でないといけないので、大半の完全ワイヤレスイヤホンでは使えない。なので、ネックバンド型イヤホンやヘッドホンでの利用に限られてくるわけですが、個人的にはそれでも問題ナシ。DSEE Ultimate目的のときは、『WI-1000XM2』や『WH-1000XM4』を使っていけば万事解決。

【レビュー】Sony『WI-1000XM2』—ノイキャン搭載ネックバンド型イヤホンの最高峰ココニキタレリ

【レビュー】Sony『WI-1000XM2』—ノイキャン搭載ネックバンド型イヤホンの最高峰ココニキタレリ

2019年12月12日

【レビュー】Sony『WH-1000XM4』—ANC+Bluetoothヘッドホン最高峰にして完成形

【レビュー】Sony『WH-1000XM4』—ANC+Bluetoothヘッドホン最高峰にして完成形

2020年9月9日

この手の“マジック”な音響補正機能は好き嫌いがあるはずですが、スマートフォンとワイヤレスイヤホン/ヘッドホンだけで高音質環境を構築したいズボラな私には、まさに願ったり叶ったり。ここまでお膳立てされれば、ありとあらゆる音楽ストリーミングサービスを活用したくなるってものです。

まとめ「Xperia 1 IIはaptX AdaptiveなWALKMAN」

まとめ「Xperia 1 IIはaptX AdaptiveなWALKMAN」

OPPO Reno3 Aの失敗があって、購入した『Xperia 1 II』。経緯はどうであれ、もっと早く買うべきだったと感じさせてくれるスマートフォンでした。

  • aptX Adaptive対応
  • TWS Plus対応
  • 192kHz/24bitネイティブ
  • DSEE Ultimate搭載

…と、もはやXperiaの皮を被ったWALKMAN

当然、ワイヤード接続の音質はWALKMANの負けるのですが、『aptX Adaptive』と『TWS Plus』に対応しているアドバンテージはワイヤレス派には大きい。

——そう、これはワイヤレス派のためのWALKMANだったのです。

二条ねこ

ワイヤードならWALKMAN。
ワイヤレスならXperia。
…っていう使い分けにしていく予定であーるっ!

この記事で紹介したガジェット

おまけ

二条ねこ

iPhoneで音楽を聞くことも減りそうな予感っ!

さたえり

あとは非Android機のDAPを買うだけやね!

二条ねこ

うぬ!まさにそうだーー!

まの

ああ、こうやって散財していくのですね……。

おわり