【レビュー】スリムな多機能ペン「トンボ鉛筆 ZOOM L104」を使ってみた!

多機能ペン(マルチペン)で、価格も割安で評判の良い「ZOOM L104」を買ってみました!多機能ペンでは割りと人気の様子。ステッドラーやLAMYの多機能ペンがこの手のジャンルでは人気のようですが、国内も負けてないぞー!

多機能ペン『ZOOM L104』

ZOOM L104は…

  • 黒ボールペン(0.7mm)
  • 赤ボールペン0.7mm)
  • シャーペン(0.5mm)

3機能ペンです。切り替えは、回転式です。細身で、高級感がある光沢塗装、クリップはバネ式、消しゴムキャップはネジを回すタイプ。。。と価格から考えると、かなり頑張っている仕様だと思います。

消しゴムのキャップをなくしにくい!

消しゴムのキャップって、どうしても使っているうちに無くしちゃうことって多いですよね?特に、高級なペン(このペンはそんなに高級な部類には入らなけど。。。)のキャップをなくすと、発狂しそうになりますよね。それくらいショック。

でも、このペンは上画像のように、「消しゴムのキャップをねじ回しで回すタイプ」を採用しています。だから、なくしにくい!。。。というか、おそらくこのタイプだとなくさないと思います。

そして、芸が細かいのが、「ネジの受け側(本体の方ですね)にゴムパッキンが付いている」ということ。これこそJAPANクオリティです!ぁ。言うの忘れていましたが、このペンは日本製ですよ。

使い心地はどうだろ?

やはりペンなので、かき心地が大切ですよね。ということで、早速試し書きを。どうしても、こういうマルチペンは「ペン軸がずれる」とか、「グリップしづらい」というデメリットがいつも見え隠れしてしまいがちですが、どうでしょうか。。。

試し書きした結果(記事を書いている時点で、数週間使っています)ですが)、ペン先の軸ブレのようなものは感じませんでした。

書いていて、不快感を感じないと思います。

ZOOM L104の良いトコ&悪いトコ

ということで、ざっくりとしたレビュー記事になってしまいましたが、最後に良いトコと悪いトコを紹介して終わりたいと思います。

◯良いトコ

  • マルチペン(3機能)にしては細身でスタイリッシュ
  • クリップがバネ式でGOOD
  • ペンの軸ズレを感じにくい
  • 消しゴムのキャップをなくしにくい

良いトコについては、すでに解説済みの部分が多いので、ここではサラッと説明します。

やはり、細身のマルチペンは良いですね。スーツにも合うと思います。クリップもチャチな感じがしませんでした。ペン軸についてもこの価格では文句なし、高級マルチペンとも張り合えると思います。消しゴムのキャップについては脱帽でした。まさかパッキンまで付いているとは。。。さすがです。

×悪いトコ

  • ちょっとペンが重い
  • ペンの重心が下にないように感じる
  • やっぱり、ジェットストリームの方がインクは良い

今度は悪いトコを説明します。あまり褒めちぎっているのも嫌なので、正直に気になるところを述べていきます。

正直、完璧に近いマルチペンなんだけど、どうしても引っかかる点、んー。。。しっくりこないなぁ、と思っているところがありました。それが、ペンが重くて、重心バランスが上手く取れていないという点です。良い部分が多いペンだけに、この点が気になってしまうところがあるかな、と思いました。もしかしたら、書き疲れする方もいらっしゃるかも知れません。

インクに関しては、仕方ないというか、ジェットストリームが優秀すぎるという感想です。ですが、4C規格に対応しているので、簡単にジェットストリーム化できるので、ご安心を。(トンボ鉛筆さんすいません。。。)

▼ZOOM L104にジェットストリーム化しました!
また、今度記事にします!!

【簡単】「トンボ鉛筆 ZOOM L104」をジェットストリーム化しました!簡単ですよ

2017.02.17

あとがき

やはり、マルチペンは好みが分かれるなぁ、と思いながら記事を書いていました。実際に使っていてそう思う人もいるはずです。「何でもできる=優秀」ではない、そんな感じでしょうか。

2万のマルチペンと2万の単色ペンがあれば、どちらが優秀ということではなく、別ジャンルで各々極めている、そう思います。マルチペンと単色ペンでは、突き詰めるゴールも同じではないと実感しました。それと同時にマルチペンは重心バランスの調整が難しいのかな?とも思いました。

初の文具レビューでしたので、書いていてもうちょっと書いておきたいけど、画像がない。。。そんな感じになっちゃいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です