【折れない!】ゼブラ『デルガード タイプER』は、速記性に優れたシャープペン

@atticponzuです!ようやく少し前から流行になっている、「折れない」シャーペンを買いました!その中でも今回は、ゼブラの『DelGuard Type-ER』を購入したので、今回はこちらをレビューします!

秒速で書けるシャーペン『DelGuard Type-ER』

『DelGuard Type-ER』は、ゼブラから発売されている、シャーペンです。

▶公式サイト:http://www.zebra.co.jp/pro/del_guard_er/

製品情報

『DelGuard Type-ER』としてのラインナップは、0.5mmのみとなります。至ってオーソドックスなところしかありませんね。

カラーは6色展開(ブラック・ブルー・ピンク・バイオレット・ホワイト・シルバー)です。今回はホワイトをチョイスしました!

ざっくり評価

書き心地 ☆☆☆★★(3点)
重心バランス ☆☆☆★(4点)
グリップ ラバーグリップ
口金 金属(デルガードシステム)
価格(コスパ) ☆☆☆★★(3点)¥700+tax
特記事項 逆さにするだけで出る消しゴム

『DelGuard Type-ER』のおすすめポイント!

こちらは『DelGuard Type-ER』の外観です。外観は至ってシンプルで、オーソドックスな形をしていると思います。特に高級感もありません。

全体的にプラでできており、グリップ部分はラバーで滑りにくくなっています。

折れずに書ける魔法のシャーペン

やはり『DelGuard Type-ER』の最大の特徴は、「芯が折れずに筆記ができる」ということです。

▼仕組みはこちら(画像は公式サイトより)

仕組みとしては、ペン先にバネが仕組まれており、シャーペンを強く押し付けると芯が凹むようになっています。

これにより、筆圧が強い人でもバネがクッションの役割を果たし、芯が折れにくくなっています。

1秒で出る消しゴム!?

そして従来の『DelGuard』にはなく、この『DelGuard Type-ER』にだけ存在する「新機能」といえば・・・そうです!1秒で出る消しゴム機能です!

1秒で出るってどういうこと!?ってなりますよね。ちゃんと解説します!

▼逆さにするだけで「消しゴム」出現!?

上画像のように、普通に筆記しているときはなんにもないペンの頭なんですけど、逆さにすると消しゴムが出てくるようになってます!

ん!?だったら消すときに消しゴムがペコペコして消しづらいんじゃ・・・って?

ちゃんとそこは考えられて作られています!詳しくは今から説明します!

▼逆さにするとロックする仕組み!

逆さにすると、ボールと振り子でロックをかける仕組みになっています!

言うのは簡単だけど、これを考えたゼブラさん凄いです!

嬉しい消しゴムの予備付き!

ちなみにこの『DelGuard Type-ER』には最初から替えの消しゴムが2つもついています!

これなら安心して、ガシガシ消しゴムを使うことができますね!

『DelGuard Type-ER』の良いトコ・悪いトコ

それでは恒例の良いトコ・悪いトコのコーナーです!今回は辛口かも!?笑

『DelGuard Type-ER』の良いトコ

  • デルガードシステムは良いかも!
  • 消しゴムがすぐに使えて便利!
  • 替え消しゴムが付いている!
  • 軽めの重心!

今回のような「折れない」系シャーペンは初だったのですが、割りと使えそうな機能に感じました!筆圧の強い人にはおすすめできると思います!

消しゴムが逆さにするだけで使えて、たくさん消せるのは学生さん向けだと思います!消しやすさは普通でした。

最初から替えの消しゴムが2つもついているのも高評価です。消しゴムの入手性が低いと意味がないですからね笑

全体的にプラで安っぽいですが、重心は上手く取られていると思います。軽くて、重心がしっかり取られているシャーペンをお探しの人にはおすすめです!

『DelGuard Type-ER』の悪いトコ

  • 価格の割に安っぽい・・・
  • クリップがない・・・
  • 簡単に消しゴムが出ていまう・・・

700円(税抜き)の割に作りが安っぽいのがダメかな。確かに、デルガードシステムや消しゴム機構にお金がかかっていると思うのですが、どうしても安っぽさが先行してしまいます。

クリップもストラップホールもないので、手帳やスーツポケットには使えませんね。せっかくの書いて消せるシャーペンなのに、手帳ホルダーに挟めないのは残念です。

消しゴムがすぐに使えるのはいいんですけど、意図していないときにも消しゴムが出てしまいます。なので、筆箱に入れていると消しゴムが痛みそうで心配です。

今回のまとめっ!

今回初めて「折れない」シャーペンを購入してみたのですが、個人的には特に恩恵はなさそうです。ですが、ギミックは面白い!

価格がそういう機構の分高くなってしまいますが、それでもいい人向けかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です