【USB Type-C】芸も細かくきしめんケーブルで取り回しやすい!『VOJO USB Type C ケーブル』レビュー

@atticponzuです!絶賛、USB Type-Cケーブルばっか買っている変態です笑 持っているUSB-Cケーブルを見てみると、1mの物しかなかったです。なので今回は、2mまである『VOJO USB Type C ケーブル』をAmazonで購入しましたっ!

『VOJO USB Type C ケーブル』のスペック紹介

まずは、スペックの紹介をしますね(USBケーブルにスペック紹介が必要かどうかのツッコミはナシの方向で)。ちなみに画像は、『VOJO USB Type C ケーブル』のパッケージ画像です。割とよくある、エコっぽいパッケージですね。

さらにちなみになんですけど、この商品のことを『VOJO USB Type C ケーブル』と勝手に呼んでますが、正式名称は『VOJO USB Type C ケーブル USB-A to USB-Cケーブル 2m 高速データ転送タイプCケーブル Type-C機器対応 高耐久ナイロン 新しいMacBook / Nexus 5X / ChromeBook Pixel / Nokia N1 Tablet / NuAns NEO / HUAWEI V8 V8 P9 /LG G5 V20 / HTC 10他対応(ホワイト 1m 2本セット)』です!・・・相変わらずこの手の製品の名称はひどい笑

端子 USB Type-A – USB Type-C
規格 USB2.0
長さ 2.0m(200cm)
特徴 きしめんケーブル、端子にマグネット

『VOJO USB Type C ケーブル』ですが、ラインナップとしては「2m」だけでなく、「1m」もナインナップされています。USB-Cケーブルで「2m」の長さがあるものはまだ珍しい部類に入るので、長いケーブルが欲しい人には、今回の『VOJO USB Type C ケーブル』は刺さると思いますっ!

きしめんケーブルで取り回しがめっちゃいい!

『VOJO USB Type C ケーブル』の大きな特徴はやっぱり、きしめんケーブルだと思います!きしめんケーブル自体はもう珍しくはないと思うんですけど、「USB-Cケーブル」というカテゴライズをすると、かなり珍しいと思います。この『VOJO USB Type C ケーブル』の他にきしめんUSB-Cケーブルで思い出されるとしたら、クラウドファンディング発スマートフォン『Robin』に付属しているケーブルぐらいしか頭に浮かんでこないです。それぐらい希少性がまだ高いと言えますねっ!

Appleライク?Ankerライク?な紙が・・・

さっきの画像でこの手のガジェットが好きな人なら、おやっ?っと来たものはなかったですかね?よーく、見てください!ぁ。ケーブルじゃないですよ!

はい。じゃあ、正解はこちらです!!

▼「like?」な表

表面には「like?」の印刷が!!!
まぁ、これ自体はなんてことないと思いますが、裏面を見るとおやおやおやー?

▼「unlike?」って・・・あれれ?笑

はい、どう考えても「Anker」のパクリ・・・笑
ちなみに「Anker」は「happy?」と「not happy?」です!幸せですか?不幸ですか?って、めっちゃくちゃな質問だなぁ・・・笑

そして『VOJO USB Type C ケーブル』の紙に印刷されているこの「手」、そう考えてもマークザッカーバーグの手(隠喩)でしょ笑 いろいろと突っ込みどころがあって、使うまでは一抹の不安を覚えちゃいます・・・私だけだと思いますがね笑

便利なケーブルバンド付き!これが意外に便利!

『VOJO USB Type C ケーブル』のさらにポイントとなるところが、画像のケーブルバンドです!これが意外にキモと言うか、使ってみると超絶便利でしたっ!

おそらく、この手のUSBケーブルで付属しているケーブルバンド(留めるやつです)は、大半が「ベルクロ(マジックテープ)タイプ」だと思いますっ!もちろん、あれはあれで便利ですし、ついているとめっちゃ嬉しいって思います!ただ、どうしてもベルクロの性質上、服やカーペットにひっついたり、剥がすときにベリベリと音を立ててしまう、そんなデメリットもあります。ですが、このバンドは「ラバー(シリコンかも)バンド」なので、非常にスマートにケーブルを纏めることができます!

▼実際に纏めるとこんな感じ!

こういう感じで、ケーブルが纏めることができますっ!ケーブルバンドの使いやすさと、きしめんケーブルの使いやすさの相乗効果で、めっちゃ綺麗に取り回せるのですっ!

端子部分にはマグネットがついてる!

端子にマグネットがついてると言ってもいまいちピンとこないと思います。なので、画像で説明しますね。上の画像で言うと、白い四角のところ(端子を挿すときに持つところ)にマグネットが仕込まれています!ですので、このようにピタッと端子同士がひっついてくれるのです!

・・・とは言っても、私にはどんなメリットがあるかは実感できませんでした笑 磁力も超強力な感じではないので、金属にピタッと付いてくれる感じもないので、どこでどう活躍してくれるかは、私のポンコツな脳細胞では見つけることができませんでした・・・

『VOJO USB Type C ケーブル』の良いトコ・悪いトコ

ではでは恒例の良いとこと悪いとこをピックアップします!ちなみにMacBookに接続してみるとこんな感じでした!非常に小気味良い「カチッ」とした音とともに挿さる感じです。キツくもなく緩くもない、ちょうど良い感じですっ!MacBookに採用されているUSB-C端子(メス)はどうも緩めに作られているので、『VOJO USB Type C ケーブル』ならゆるゆる感もないので、ほんとちょうど良いです!

◯『VOJO USB Type C ケーブル』の良いトコ

  • きしめんケーブルで取り回し良好!
  • ケーブルバンドは他商品でも採用してほしい!
  • 貴重な2mのUSB-Cケーブル!
  • ちゃんと56kΩ対応!

やっぱり、きしめんケーブルは取り回しやすいです!特にUSB-Cケーブルは太くてゴワゴワなケーブルばっかで嫌気がさすので、前回紹介した『iitrust 極細 usb 3.1 Type-c to usb 2.0ケーブル』や、今回のようなきしめんケーブルみたいに取り回しやすいものは大歓迎です!他のメーカーもせめてUSB2.0規格なら、細くしてほしいです。USB3.0規格だとどうしても帯域の問題で太くなってしまうのでね。

ケーブルバンドもめっちゃ良いです!ちょっとゴム(シリコン?)バンドの劣化が気になってしまうのですが、商品自体が大した価格じゃないので、どこか壊れたらすぐに購入できるし考えなくてもいいかなって思いますっ!

2mもある長さ(1mもラインナップにあります!)も貴重で、GOODです!どうしても1mだと長さ的に短いことが多々あったので、長めのケーブルも用意しておくといいですよ!

そして、USB-C=私(だと思っている)といえば、「USB Type-Cケーブル粗悪品問題」です!今回も計測した結果、ちゃんと56kΩのプルアップ抵抗を示していたので、レガシーデバイス(USB Type-Aとか)に接続しても大丈夫です!

×『VOJO USB Type C ケーブル』の悪いトコ

  • マグネットの用途不明・・・

正直、取り立てて悪いところは見つからなかったので、唯一気になるとしたらマグネットはいらなかったんじゃない?ってことです。これを悪いところに入れてしまうのも、ちと申し訳ない気はするのですが、どうにもせっかく付いている機能の割には中途半端な感じが否めなかったので、悪いとこに入れました。

今回のまとめ

今回は大満足なケーブルでした!なんだか、こういうレビューばっかしているのでUSBケーブルが増えつつあるのですが、気にしません笑 ちゃんと56kΩのプルアップ抵抗を示していたので、ちゃんとしたケーブルだったのも一安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です