キーワードは”Let’s Go!”!ポケモンがNintendo Switchに登場!

さらなるキラータイトル出現!

株式会社ポケモンが、”新作ポケモン”についての発表を行いました。なんと、対応ハードは『Nintendo Switch』でした。さらにスマホとの連動も!盛り沢山な発表イベントだったと思います。

まの
ついに新作ポケモンの全貌が明らかになった訳ですが、予想通りNintendo Switch専用でしたね。
四条ねこ
だねー。
いつかは3DSじゃなくNintendo Switchと思っていたけど、ついにって感じだね〜!
まの
今までずっと”ポケモン=携帯ゲーム機”の構図でしたが、ついに時代が動きましたね。
さたえり
これで、待望の高画質になったんやね!

今回発表されたもの

今回のイベントで、発表されたものは”3つ”あったので、順に紹介していきます。

発表されたもの

  1. 『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ』
  2. 『ポケモンクエスト』
  3. 『モンスターボール Plus』
まの
詳しい概要は各メディアで取り上げられているので、今回は分かりやすくシンプルに解説していきます。

1.『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ』

主な概要

  • 初代ポケモンをベースにしている。
  • 初の2人同時プレイが可能。
  • 『Joy-Con』を使う。
  • シンボルエンカウント制に変更。
  • 『Pokémon GO』と連動。

今回のイベントの一番の目玉だったのが、Nintendo Switch用ソフト『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』・『ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ』でした。

本タイトルは、『ポケットモンスター』としては初の『Nintendo Switch』用タイトルです。ベースは1998年に発売されたゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター ピカチュウ』をベースにしており、より分かりやすくシナリオやゲーム性を再構築しているとのこと。

四条ねこ
で、どゆことー?
まの
つまりは、初代ポケットモンスターをベースにした”スピンオフ”のようなゲームですね。
ただ、派生的な扱いではなく、ポケットモンスターの外伝的作品みたいな色が強そうですね。

発売は、2018年11月16日とのこと。なんと”全世界同時発売”だそうです。価格は、パッケージ版・ダウンロード版ともに、5,980円(税抜)とのこと。

まの
全世界同時発売というのが、ポケモンの衰え知らずな人気の証拠ですね。
さたえり
うちらが小さいときからのキャラクターが、ここまで人気を持続してるって凄いやんね!

2.『ポケモンクエスト』

主な概要

  • 『ポケットモンスター 赤・緑』のポケモンが登場。
  • アクションRPG。
  • 3匹のポケモンをチームにして戦う。
  • 基本無料の”アイテム課金”ゲーム。
  • Nintendo Switch版は配信中。
  • スマートフォン版は6月末配信。

続いて発表されたのは、ポケモンのスピンオフ作品『ポケモンクエスト』です。

本タイトルは『ポケットモンスター 赤・緑』のキャラクターが出現する”アクションRPG”です。キャラクターデザインも動画のとおり、”四角く”デフォルメされていますね。ここが派生作品らしいところ。

近年のゲームのトレンドの1つである、『サンドボックス』のような世界観が特徴的ですね。

さたえり
元々可愛いポケモンが、デフォルメされてもっと可愛くなってる!?
まの
先に”マイクラ”的なデザインになった『ドラゴンクエスト ビルダーズ』みたいな感じですね。
ただ、そこまでマイクラ的な要素は踏襲していないようですね。

こちらは”配信専用ゲーム”となっており、Nintendo Switch版は既に配信開始済みで、スマートフォン版は6月末リリースとのこと。親御さんは、基本無料ですが、課金ゲームであることに注意してくださいね。

3.『モンスターボール Plus』

3.『モンスターボール Plus』

主な概要

  • 『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ』と連動。
  • 本製品だけでゲーム操作が可能。
  • USB Type-C端子搭載。
  • ボール中央が”操作スティック”になっている。
  • 加速度/ジャイロセンサー搭載。
  • 振動/サウンド機能搭載。
  • 『Pokémon GO』と連動。
  • 価格は4,980円。
  • 2018年11月16日発売。

最後は『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ』専用の周辺機器である、『モンスターボール Plus』が発表されました。

BluetoothでNintendo Switchやスマートフォンと連携し、コントローラー的な使い方や、『Pokémon GO Plus』的な使い方ができるそうです。

まの
イメージ的には2016年に発売された、『Pokémon GO Plus』の”機能拡充版”と言ったところでしょうか。
四条ねこ
このモンスターボールだけで、ゲームできちゃうのは面白いよねっ!
まの
ですね!
前の『Pokémon GO Plus』はどうしても”周辺機器”色が強かったですが、これはモンスターボール的なデザインなので、プレイヤーが本当にゲームの主人公になったような体験ができそうですね。
さたえり
だからこその『Pokémon GO』との連動かもやね!さすがポケモン!!

価格は4,980円(税抜)で、2018年11月16日発売とのこと。『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ』と同時発売ということですね。

まの
『Pokémon GO Plus』は大人気過ぎて買えなかったですが、こっちはどうなるでしょうね…!?

『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ』について

『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/イーブイ』について

せっかくなので、『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ』について、もう少し掘り下げたいと思います。

まの
もう少し話たいことがあるので、少々お付き合いください。

私が思うに『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ』には、以下のような”意図”があると思います。

  • ゲットする”実体験”を得られる。
  • いつでもどこでもポケモン。

今回の『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ』は、ポケモンとしては初の『Nintendo Switch』でのタイトルになりました。

これは単純に高画質化を図った訳ではなく、スマートフォンとの連動や、Nintendo SwitchのHD振動と持ち運べるというメリットを、最大限享受したプロダクトだと思います。

まの
私的には、Nintendo Switchの機能をフル活用したゲームかも知れない気がします。

さらに、今回発表された『モンスターボール Plus』や、スマートフォンゲーム『Pokémon GO』との連動により、よりポケモンを実感できるゲームになっていると思います。

今までのような”ボタンを押すだけのゲーム”から、”ユーザーが主人公になれる”体感型ゲームと進化を遂げている気がします。

四条ねこ
意外と『モンスターボール Plus』の功績が大きそうだねっ!
まの
ですね。そう思います。
この『モンスターボール Plus』もそうですが、『Joy-Con』は”ジャイロ機能”が充実しているので、ボールの投げ方まで感知できるそうですよ。
まさに…”リアルポケモン”です!

正式なナンバリングタイトル(ポケモンにナンバリング要素はありませんが)ではありませんが、かなり気合が入っているゲームソフトだと感じました。

…これは売れますよ!私?買いますよ!

まの
ポケセンに予約してきます!

『ポケットモンスター』シリーズ完全新作は2019年!

『ポケットモンスター』シリーズ完全新作は2019年!

今回は発表されませんでしたが、『ポケットモンスター』シリーズの完全新作が2019年に発売されるそうです。

石原氏は「現時点でお話できることはない。ただし、今回はホームコンソール(家庭用ゲーム機)としても楽しめる部分を強調した。次はハンズオンと言うか、(Switchの)携帯的な性質を強化できるアイデアをたくさん入れていこうという考え」とコメント。Switch向け新作として、いつでもどこでもプレイできる点を重視する方針を明らかにした。

Source:Impress Watch

残念ながら、現時点では詳細は明らかにされませんでしたが、『Nintendo Switch』でリリースされることは確定ですね。

まの
この話は、別のエントリーで話すかも知れません。

ポケモン新時代と3DSの終焉

ポケモン新時代と3DSの終焉

今回の株式会社ポケモンの発表では、『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ』『ポケモンクエスト』という2つのゲームが発表されました。

興味深いのは、両ゲームとも『Nintendo Switch』でリリースされるということです。そう、『ニンテンドー3DS』はナシでした。モバイルは、スマートフォン向けのチューンナップでしたからね。

ポケモンというIPは、任天堂にとってはおそらく”超重要IP”だと思います。それが『Nintendo Switch』で登場するということは、『ニンテンドー3DS』の終焉を意味していると感じました。

まの
おそらく、3DSの後継機は”出ない”ということですね。
四条ねこ
SONYの『PlayStation Vita』も、海外ではソフト販売が終了したし、時代の流れかもだねー(汗)
さたえり
今はスマホばっかやもんね。
まの
そうですね。
携帯ゲーム機は日本でこそ人気ですが、海外では人気がなかったですし、今回のポケモンの『Nintendo Switch』での販売で、携帯ゲーム機の終焉へのカウントダウンは始まったと思います。

3DSで出なかったことについて勘ぐってしまいますが、『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ』や次期『ポケットモンスター』は楽しみですね!

おまけ

まの
実は『Pokémon GO』は、しばらくやっていなかったんですが、このタイミングで復活しました。
四条ねこ
ぁ、私も(笑)
さたえり
同じく(笑)
まの
これは、『Pokémon GO』ブーム再燃かも知れませんね。今度は、ミーハー層ではなく、ポケモンファンからの支持が厚そうです。
四条ねこ
それが一番健全だけどね〜!
まの
全員がモンスターボールを投げていると…怖いですもんね。
さたえり
…それはヤバい!

おわり

Image:株式会社ポケモン
Source:任天堂, Impress Watch