【変態】OHTO(オート)『スーパープロメカ1500P』レビュー。こいつは変態シャーペンだ!

スーパープロメカ1500Pサムネイル

夏ぽんず(@atticponzu)です!今回はマニアックな製品をよく出している、OHTO(オート)の『スーパープロメカ1500P』を紹介します!このシャーペンが、プロメカシリーズ最上位機種になるので、非常に変態で、面白い機種ですよ!

多機能過ぎな変態シャーペン『スーパープロメカ1500P』

スーパープロメカ1500P公式画像

 

『スーパープロメカ1500P』は、OHTO(オート)から発売されている、製図用シャーペンです。

▶公式サイト:http://www.ohto.tokyo/ohto/eItemList.asp?fg=off&mcd=825425&gcd=PM-1500P&scd=PM-1500P

製品情報

『スーパープロメカ1500P』は、「プロメカ」という製図用シャーペンシリーズの最上位機種になっています。

『スーパープロメカ1500P』としてのラインナップは、0.3mm、0.4mm、0.5mm、0.7mm、0.9mmがあります。凄い小刻みに芯の太さがラインナップされているので、その人のニーズや好みによって、最適な芯の太さを選べると思います!今回は0.4mmをチョイスしました!

ちなみに、芯の太さによって、若干のカラーリング(文字のところ)が変わります。どんな色になるかは、上の画像の芯の太さを見てください!

ざっくり評価

書き心地 ☆☆☆★★(3点)
重心バランス ☆☆☆★★(3点)
グリップ ローレットグリップ
口金 金属
価格(コスパ) ☆☆★★(2点)¥1,500+tax
特記事項  とにかく多機能!

『スーパープロメカ1500P』のおすすめポイント!

スーパープロメカ1500P_02

こちらは『スーパープロメカ1500P』の外観です。さすが製図用シャープペンといった佇まいをしていると思います。中々にメカニックで、男心をくすぐるシャーペンになっていますよ!デザインも無骨!

ペン先をローレットを回すことによって繰り出すギミック!

たくさんのギミックがあるんですけど、まずは「ペン先収納ギミック」を紹介します!

ペン先を収納するのは別に、『スーパープロメカ1500P』の特権ではなく、結構製図用シャープペンでは搭載されている機能なんですが、このシャーペンは「ローレット」を回すことによって、ペン先を収納したり、繰り出したりできます!

まぁ、正直わざわざローレットを回す作業は面倒っちゃ面倒ですが、このシャーペンは「ロマン」で出来ているものなので、そんなの気にしないのです!

一回のノックで芯を出す量を変えられる機能付き!

スーパープロメカ1500P芯の量変更

『スーパープロメカ1500P』第二の機能として、「芯の量変更機構」があります!簡単に言うと、一回のノックで、芯を繰り出す量をこの調節部分で変更できるようになってます!

この機能は実に理にかなっているもので、芯の繰り出し量の調節は製図用シャーペンにとっては、必要な機能だと思います。人によって、芯の出す量はちょっとずつ異なりますからね。

クリップ部分まで分解できる!

最後に、『スーパープロメカ1500P』はなんと、ペン先まで分解ができちゃいます!なので、クリップ部分まで外すことができるようになっていて、クリップが必要ない人でも簡単に取りはずしできると思います!

『スーパープロメカ1500P』の良いトコ・悪いトコ

それでは恒例の良いトコ・悪いトコのコーナーです!今回も重箱の隅を突きますよぉ笑

『スーパープロメカ1500P』の良いトコ

  • 男心をくすぐるギミック!
  • クリップが外せる!

やっぱり、ここまでギミックを詰め込んだシャープペンも珍しいと思います!『スーパープロメカ1500P』で満足しなかったら、これ以上の多機能シャーペンはないので、諦めてください(笑)レベルだと思ってください!

クリップが外せるのも意外と大きいメリットです。製図用シャープペンでは、クリップが外すことができることが求められていたりするので、これは大きなメリットと言えると思います!

『スーパープロメカ1500P』の悪いトコ

  • 重心が・・・
  • 器用貧乏・・・

ちょっと気になるのが、重心のバランスがよろしくないことですね・・・全体的に少し重く、重心もそこまで下に位置していないので、ちょっと使いづらいです。

多機能なのは良いことなんですけど、「多機能すぎて」使いづらい面もあります。そこがどうしても、「器用貧乏」な感じがしてしまいます。まぁ、ロマンで買うシャーペンなのかもしれませんね。

今回のまとめっ!

ということで『スーパープロメカ1500P』のレビューでした。酷評気味ですが、非常に面白いシャーペンなので、コレクション用途に一つ持っておいても良いかもですね!

夏ぽんず
OHTOは本当に変態メーカーですな