【格安SIM】メイン回線をMVNOにするけど、mineo・UQ mobileのどちらにすべきか比較してみた

@atticponzuです!メイン回線は7年間ソフトバンクだったのですが、やはり価格がネックになったきたので、MVNO(いわゆる格安SIM)に移行するのですが、迷っている部分があります。それを今回記事にしたいと思いますっ

大手キャリアはやっぱ高い・・・

これは皆さん思っていることでしょうが、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)でスマホを契約すると、月々に支払う料金が高いです。しかも2年縛りはなくなったものの、2年契約には変わりはないですし・・・

大手キャリアの月々平均料金は約8,000円

*画像はマイナビより引用。

大手キャリアの月々平均料金を調査したところ、「7,876円」であることが分かりました。うーん・・・高いですね。

現在メインで利用している携帯端末の月額料金を聞いたところ、大手キャリアのスマートフォンユーザーの半数が「7,000円以上」と回答しており、平均月額料金が7,876円であることがわかった。

出典:大手キャリアのスマホ平均月額は7,876円、格安SIMでは?

上記の引用文は、マイナビニュースからです。出処がしっかりしている記事ですので、信頼できるデータだと思いますっ!

この約8,000円は「端末代」+「利用料金」ですが、月々割引するサービスが各社にあるので、実質「利用料金」がほとんどだと思われます。一見、「端末代」がかなり割引されたりしているので安く感じると思うのですが、個人的には印象操作な感じがしてしまいます・・・

大手キャリアで契約するべき人

とは言っても、大手キャリアにもメリットがありますので、しっかりフラットな意見で書かせてもらいますね!

「かけ放題」をフル活用できる人

やはり大手キャリアと言えば、現状半ば強制加入になってしまっている感がある「かけ放題」サービスです。(名前は会社により変わります)

かけ放題は料金から考えて(3,000円弱)、一ヶ月に「67.6分」通話しないといけません。

もちろん、現在ではLINE電話という最強の手段があるので、通話を電話番号で書ける人も少なくなっているので、「LINEを持ってない人」「仕事で番号で掛ける必要がある人」で、上記の時間以上090通話をするならば、大手キャリアがいいと思います。

大手キャリアの高速回線が欲しい人

「かけ放題」に魅力がない人ならば、こちらの方がメリットになるかもしれません。

格安SIM(MVNO)がどれだけ頑張っても、大手キャリアには勝てないとしたら「通信速度」です。

MVNOという性質上、大手キャリアから一部回線を間借りして、それをさらに分け合っているので、どうしても大手キャリアにはMVNOは通信速度では勝てません。

ですので、最強に早い回線がほしい!って言う人は大手キャリアが良いと思います。

格安SIM(MVNO)で検討している2社(mineo・UQ)

と、一通り大手キャリアのデメリット・メリットを書いたところで、格安SIMについて書こうと思います!

私が今回検討しているのは「mineo」と「UQ mobile」です!その理由もしっかりと書いていきますので、参考になればと思いますです!

「mineo」は設備投資とマイネ王が魅力!

それでは「mineo」についての所感を書いていこうと思いますっ!

まずは、安定した設備投資がメリットだと思います。MVNOの速度は設備投資能力に比例すると言っても過言ではないと思います。ユーザーからしたらそこが、安定した速度を保つ頼みの綱です。「mineo」は積極的に設備投資をしておりますし、資本が関西電力なので、個人的にはおすすめだと思ってます!

また、「mineo」には「マイネ王」というサービスがあります。これは、ユーザー同士が情報交換ができる場で、この端末では動作ができた!とか、ユーザーならではの細かい情報やレスポンスの速さが魅力のサービスです。なので、気になることがあれば、まずは「マイネ王」で確認!ということが、更なるおすすめポイントです!

ちなみに私は、「mineo」では「docomo回線」で契約しようと思ってます。理由はこれから書く「UQ mobile」の存在です。それは、この後に最後まで読んでいただければ、お分かりになりますよ!

「UQ mobile」は準キャリアならではの回線速度が魅力!

続いては「UQ mobile」について書いていこうと思います!最近、深田恭子さんらのCMで一躍有名になったキャリアですよね。

メリットとしては、準キャリアならではの回線速度の速さがあります!準キャリアというのは、大手キャリアの傘下キャリア(ワイモバイル・UQ)のことです。ですので、速度面では当たり前ですが、他のMVNOよりも圧倒的に有利です!

ここで「mineo」の話に少しなるのですが、「UQ mobile」はau回線です。「mineo」にはdocomo回線・au回線の2つがあります。「UQ mobile」先程はなした背景から、「mineo」より圧倒的に早いので同キャリアでau回線をわざわざ選ぶ必要性は薄いと感じたからです。

ただ、「UQ mobile」にはiPhone 7でテザリングができないという、個人的には致命的なデメリットがあります。これはどう考えても、親会社との兼ね合いです。「mineo」もau回線で契約するとテザリング不可です。

私は「mineo」のdocomoプランで決定!

と言うことで、私は「mineo」のdocomoプランに決めました!

理由は、回線設備増強とdocomo系MVNOでは安定した速度を叩き出していること、後はiPhone 7でテザリングできるとこです。

私としては、テザリングは必須(iPhone 7)なので、それさえなければ「UQ mobile」にしていたのですが、どうしても譲れなかったので、このような結論になりましたっ!

今回のまとめ

今回は格安SIM(MVNO)について考えることを書いていきました。せっかくなので、いろいろなデメリットやメリットを様々な人と共有したかったので、記事に起こしました。

どのキャリアを選ぶかはもちろん個人の自由ですが、MVNOを選ばれるなら「mineo」と「UQ mobile」が現状はおすすめだと思います!・・・あくまで「現状は」ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です