【Mac】Illustrator使いは『MagicTrackpad 2』は絶対買うべき!レビュー

サムネイル

夏ぽんず(@atticponzu)です!前から欲しかった『MagicTrackpad 2』をついに買っちゃいました!価格的にちょっと躊躇しちゃうかもですけど、実際使ってみたら「もっと早く買えばよかった!」を思わせてくれました!ってことで、今回は開封レビューです!

MagicTrackpad 2とは!?

MagicTrackpad 2

『MagicTrackpad 2』は、「Apple純正」のトラックパッドです!

価格は、12,800円。・・・正直、お高めですよね(汗)

この価格さえなければ、もっと購入する人も増えそうなんですけどね。でも、その価格分の価値は十分アリって、実際に使用してみて思いましたよ!

開封の儀

ってことで、開封の儀を始めていきまーす!

MagicTrackpad_5739

こちらがパッケージ

Appleらしいシンプルながらも高級感のあるパッケージングですね!

・・・あ、お値段もしっかり「高級」ですが(笑)

MagicTrackpad_5740

外箱を開けると『MagicTrackpad 2』がお出まし!

外箱はスライドさせて開くようになってました。

外箱を開けると、早速『MagicTrackpad 2』が出てきましたね。しっかり、フィルムに包まれて降臨してくれましたー!

MagicTrackpad_5741

『MagicTrackpad 2』をどけると付属品が!

本体をどけると、付属品が出てきましたね。

この『MagicTrackpad 2』はLightningで充電する仕組みになっているんで、「Lightningケーブル」が付属していますね!

MagicTrackpad_5743

「Magic Mouse」との大きさ比較

同じくAppleの「Magic Mouse」と大きさを比較してみました!

ちょうど、「Magic Mouse」の2.5個分ぐらいの横幅がある印象です。前作の「MagicTrackpad」よりも面積が広くなっているんで、使いやすくなっていますね!

MagicTrackpad_5745

『MagicTrackpad 2』側面

こちらは『MagicTrackpad 2』の側面ですね。側面には何も無いです。

使いやすいように、少し傾斜がかかるように設計されています!

MagicTrackpad_5744

『MagicTrackpad 2』の後面!

こちらは『MagicTrackpad 2』の後面ですね。

左から・・・

  • 電源スイッチ
  • 充電用Lightning端子
  • Bluetoothアンテナ部分(白っぽい部分)

となっています!

MagicTrackpad 2を導入した理由

MagicTrackpad_5742

「Magic Mouse」は、Illustratorでは使いにくい・・・

では、そもそもどうして『MagicTrackpad 2』を購入したかを書いていきますね!

私の職業は「デザイナー」なんです。で、IllustratorやPhotoshopを使ってます。

えーと、簡単に言うとですねー、Illustratorとかは「Magic Mouse」と非常に相性が悪い。というか、使いにくいです、凄く(笑)

Magic Mouseでは拡大・縮小が不便!

MagicTrackpad_5746

『MagicTrackpad 2』は、そのままMacのトラックパッドです!

IllustratorやPhotoshopを使っていてよく使うのが、「拡大・縮小」の動作です。デザイン職の方ならお分かりですよね?

それが「Magic Mouse」だと出来ない!だから、「⌘+-」とかで縮小したりするんだけど、このショートカットコマンドが、超絶大雑把な拡大縮小なんです・・・不便。

これが『MagicTrackpad 2』だと、細やかな「拡大・縮小」ができるんで、デザインの仕事が非常に捗るってことなんです!

正直、そのためだけに『MagicTrackpad 2』を買いましたっ!

今回のまとめ

ということで、『MagicTrackpad 2』を買いましたよー!そして便利にIllustratorやPhotoshopが使えますよー!って記事でした!

とにかく、IllustratorやPhotoshopを使っている人で「iMac」や「Mac Pro」を使っている人は、絶対買ったほうが幸せになれますよー!

夏ぽんず
これが会社で支給されればなぁ・・・無理だけど