【簡単解説】FastTechで買い方の方法を解説します!|海外通販・個人輸入の方法

海外の雑貨通販サイト、『FastTech(通称:FT)』の購入方法(個人輸入)を画像ありで、簡単に解説します!

FastTechとは?

FastTechは、海外の雑貨通販サイトです。ここのサイトで購入する目的がある人はおそらく、「電子タバコ関連商品」や「電子小物(秋月電子で売っているような)」を探してらっしゃると思います。

Amazon.co.jp(日本のAmazon)や、Amazon.com(アメリカのAmazon)では扱っていない、ガジェットや、ディープでギークな小物が売っております。PayPalで決済できるのもポイントです。

FastTechでの買い方

それでは、四の五の言わずに早速解説をしますね。ここにいらしてくれたということは、買い方を見たいということですので、できるだけ分かりやすく解説していきます。

ステップ1:まずは会員登録をする

はい!そこのあなた!
もうすでに、カートに商品を入れてませんか?

ちょいまちぃい!!
一旦、カートの商品は放置してください。

と言うのも、先に会員登録した方が、絶対分かりやすいです。

まずは、「Register」をクリックしてください。(ページ上)

そうすると、上の画像のような画面が表示されます。
ですので、上の画像の通りに入力してください。
そうしたら、「Create Account」をクリックしてください。

そうしたら、このような画面が表示されます。
これで、アカウント作成完了!

次は、「address book」をクリックしてください。(画面左)
そうすると、このような画面が表示されます。

そうしたら、こちらも上の画像に従って、情報を入力してください。
住所と電話番号の入力方法が分からない方は、下に入力方法を解説しておりますので、そちらをご参考くださいね。

ステップ2:商品を購入する

会員登録が終われば、やっと商品購入です。

お目当ての商品のページで、「ADD TO CART」をクリックしてください。
そうしたら、カートに商品が入ります。

ちなみに右に在庫情報や、モデル、数量があります。

  • stock:在庫です。「in stock」は在庫あり
  • format:ここでは表示はないが、数量(セット販売のみ)
  • model:商品の内容(要確認)
  • quantitiy:購入の数量(実際に買う個数)

が、表示されていますので、しっかり確認してくださいね。

ステップ3:決済の手続きをする

それではやっと購入の手続きしましょう!

上にある、「View cart」をクリックしてください。そうすると、上の画像の画面(つまり、カート画面)が表示されます。

そうしたら、画像の赤枠をクリックしてください。

クリックすると、この画面が表示されます。

そうしたら、「PayPal」で決済したいので、赤枠をクリックして選んでください。なぜ、PayPalが良いかもこの下に解説してますので、ぜひ読んでくださいね。

そうしたら、「Place Order」をクリックしてください!

これで、注文完了〜!お疲れ様でした!

FastTechで購入する前に注意点

はい、これを先に言わないか!と怒られそうですが、ここで注意事項(というか、先に分かっていたほうが良いこと)を説明しておきますね。

これは、海外通販の全てに通じることなので、FastTechで購入予定がない人でも、理解をしていたほうが良い事項ですよ。

海外通販の注意その1:PayPalで支払う

これは、海外通販をよく利用されている人なら、お馴染みですよね。兎にも角にも、海外通販(個人輸入)をするならば、『PayPal』は登録しておいて損は無いですよ。

主な理由としては、以下の2点です。

  • クレジットカード決済なので、個人情報をできるだけ漏らさないようにする。
  • 購入の際に、スムーズに決済できるようにする。

海外通販に付きまとうのは、個人情報の安全性です。これは肝に銘じてください。スムーズに決済できる点も、PayPalは評価できるので、ぜひとも登録してくださいね。ぁ、回し者ではないですよ。

海外通販の注意その2:電話番号を入力方法(書き方)

電話番号も意外と気を付けるポイントです。こちらは現在だと、一般常識になりつつあるのですが、海外で電話番号を表記する際は、いつもと違う方法で記載しなければなりません。

日本在住の場合(おそらくご覧の方ほぼ全員ですよね)
+81 90 1234 5678
の方法で記載、もしくは入力してください。

簡単に説明しますと。

  • +81を頭に付ける。(これは日本の国番号です)
  • 090(携帯)や06(固定電話)の「最初の0を取る

以上です。これを守ればオッケーです!

海外通販の注意その3:海外での住所の書き方

ここまできたら、全部解説しますね。

最後は、海外での日本国内の住所の記載方法をお教えします。と、言っても面倒くさいと思いますので、変換を簡単にしてくれるサイトのリンクを貼らせていただきます。

住所→Address変換

こちらのサイトで、「実用的に変換」をクリックしてください。これをそのまま使用してくださいね。

今回のまとめ

今回はFastTechでの購入方法を紹介するつもりが、海外通販での購入方法の注意も紹介することにしました。と言うのも、適当に個人情報をポチポチ入力してほしくないなぁ、と思ったからです。

PayPalに関しては、今後も使う方(少なくとも、このハウツーをご覧になっているアナタ)は、残りの人生で何回も使うと思います。ですので、知っておいて損はないですよ。海外通販には怪しいのもありますし。いや。。。日本にも怪しいのはありますね。要は危機管理ですよ!

海外での住所の書き方は、知っておいたほうが良いですよ!買ったけど、届きませんでしたぁ。。。なんて目も当てられないですからね。

最後に、FastTechで今回夏ぽんずは、以前にレビューしたUSB type-C問題を検証したかったので、それ関連のガジェットを購入しました(今回の画像にガッツリ映ってますよ)。個人的にも気になりますし、人柱になります!こちらの記事も待っていてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です