第2の紙。E Inkの手書き端末“全5機種”比較したぞー!

神…いや、紙になれるのか?

密かにギークの間でブームになりつつある、電子ペーパー。その中でも、手書き端末が凄いことになりつつあります。これが…未来かも

四条ねこ
電子ペーパーの手書き端末なら、紙のように書けるんだぞJOJO〜!
まの
一般的なデジタイザーとタブレットの組み合わせとは違って、より紙に近い使い勝手ですもんね。
さたえり
それを今回、5機種紹介してくれるんやね!

E Ink手書き端末の比較表

E Ink手書き端末の比較表

E Ink(電子ペーパー)の手書き端末はまだまだ数が少なく、主要な製品では5つしか存在しません。その5機種全てを、まずは比較していきたいと思います。

  BOOX Note BOOX Max2 DPT-RP1 DPT-CP1 reMarkable
画面サイズ 10.3インチ 13.3インチ 13.3インチ 10.3インチ 10.3インチ
解像度 1,872×1,404 2,200×1,650 1,650×2,200 1,404×1,872 1,872×1,404
OS Android 6.0 Android 6.0 独自OS 独自OS 独自OS
重量 325g 550g 349g 240g 350g
デジタイザーペン 4,096段階筆圧感知、充電不要 2,048段階筆圧感知、充電不要 筆圧感知機能無し、充電必要 筆圧感知機能無し、充電必要 2,048段階筆圧感知、充電不要
対応フォーマット PDF、EPUB、 TXT、DJVU、HTML、RTF、FB2、DOC、MOBI、CHM、PNG、JPEG、TIFF、BMP PDF、EPUB、 TXT、DJVU、HTML、RTF、FB2、DOC、MOBI、CHM、PNG、JPEG、TIFF、BMP PDF PDF PDF、ePUB、PNG

E Ink手書き端末5製品比較表(横にスクロールできます)

四条ねこ
製品としては5つあるけど、メーカーとしては『SONY』と『ONYX』、『reMarkable』の3社しかないんだよー。
まの
やはり、これからの製品ジャンルなので、まだまだ参入メーカーは少ないのですね。

主要5端末紹介

主要5端末紹介

比較表だけでは分からないことがあると思うので、各E Ink端末の良さそうな点と懸念点を紹介していきます。

四条ねこ
考えれば考えるほど、どれが“ベストバイ”かが分からないー(汗)
さたえり
それくらいどの製品もいい勝負してるんやんね!
四条ねこ
うーん…というか、どれも神な部分と発展途上な部分が、まだ存在するって感じだね〜。

ONYX『BOOX Note』

ONYX『BOOX Note』

■良いトコ

  • Android OS搭載。
  • 電池不要のデジタイザーペン。
  • 対応フォーマットが多い。

■悪いトコ

  • 画面と縁に段差がある。
  • E Inkの発色が微妙。

ONYX『BOOX Note』は、E Ink端末の中では比較的入手性が高いのが特徴。輸入代理店があるので、Amazonでも購入可能です。Android OSなので自由度も高く、いろいろ遊べそうな端末になっています。

四条ねこ
画面と縁の段差さえ無かったら、もっと良い端末になれると思うんだけどねー。でも、かなり良さげっ!

ONYX『BOOX Max2』

ONYX『BOOX Max2』

■良いトコ

  • Android OS搭載。
  • 電池不要のデジタイザーペン。
  • 対応フォーマットが多い。
  • PCのサブディスプレイになる。

■悪いトコ

  • 画面と縁に段差がある。
  • E Inkの発色が微妙。
  • 重量が少々重たい。

ONYX『BOOX Max2』は、先程のBOOX Noteの上位機種(正確には違う)のような位置付けになっています。こちらにしかない機能として、ディスプレイ入力があります。

四条ねこ
筆圧感度がBOOX Noteより劣っているのと、ちょっと重たいのが懸念点かなー?

SONY『DPT-RP1』

SONY『DPT-RP1』

■良いトコ

  • シンプルなUI。
  • 段差のないディスプレイ。
  • 書き心地はかなり良好。

■悪いトコ

  • PDFしか扱えない。
  • 連携機能が乏しい。
  • デジタイザーが充電必要。

SONY『DPT-RP1』は、BOOXの端末とは異なり、極限まで機能が絞られています。良く言えばシンプル、悪く言えば単機能。ただ、書き心地はかなり紙に近いと思います。

四条ねこ
デジタイザーに充電が必要なのは、ちょっと残念かなー?あとは、スマホやPC連携をもっと強化して欲しいっ!

SONY『DPT-CP1』

SONY『DPT-CP1』

■良いトコ

  • シンプルなUI。
  • 段差のないディスプレイ。
  • 書き心地はかなり良好。

■悪いトコ

  • PDFしか扱えない。
  • 連携機能が乏しい。
  • デジタイザーが充電必要。

SONY『DPT-CP1』は、先程のDPT-RP1の完全なる“サイズ違い”です。なので、機能も全く一緒。単純に小さいほうが好みならこちらで、A4サイズがよいならDPT-RP1を選べばよいと思います。

四条ねこ
10インチのサイズ感と軽量感は良いと思うっ!あとは…価格かなー?

reMarkable『reMarkable』

reMarkable『reMarkable』

■良いトコ

  • 美しい筐体。
  • 電池不要のデジタイザーペン。
  • PCとの連携が強い。

■悪いトコ

  • 日本では入手困難。
  • サイズの割に重い。

reMarkable『reMarkable』は、紙を愛している海外企業が開発しただけあって、完成度はかなり高そうです。デジタイザーの書き心地も、本体の筐体も美しいの一言。個人的には、これが一番欲しいですね。

四条ねこ
ちょっと重たいのと、日本での入手性の低さがねー…。日本でも輸入代理店が出てくればいいんだけどねー(泣)

電子ペーパーのメリット

電子ペーパーのメリット

この記事をご覧になっている人の中では、「別にiPadとApple Pencilでいいじゃん」とお思いの人もいると思います。

否!電子ペーパーはガジェットにあらず!

まの
いや、思いっきりガジェットじゃないですか!?
四条ねこ
一般的なデジタイザー対応タブレットは“デジタル”だけど、電子ペーパーは“アナログ”の派生なんだよ〜!

私の電子ペーパーに対する熱い想いは以前のエントリーにあるので、そちらも御覧ください。

手書きの”デジタルメモ”、紙になる夢を見るか

2018.06.03

電子ペーパーの可能性

電子ペーパーの可能性

タブレットPCとデジタイザーペンの組み合わせと違って、電子ペーパーでの手書きは“紙になれる”可能性があります。

さたえり
紙になれる!?
四条ねこ
そうそうっ!
E Ink特有の目の疲れない感じと、書き味、バッテリーの持ち、これらはタブレットPCでは無理だぁあああああ!
まの
…。(また荒ぶってますね)

いくらiPadで手書きできるといっても、紙にはなれないと思います。バッテリーの持ちの問題もありますし、見ていると目が疲れますからね。しかし、電子ペーパーは本当に“電子”ペーパーなので、神になる、いや紙になれると思います。

四条ねこ
電子ペーパーは、あと5年もすれば紙になれそうなんだよねー!

総評:今のうちに先行投資しておくべき!?

総評:今のうちに先行投資しておくべき!?

正直なところ、今回紹介した5製品はどれも良い製品だと思いますが、まだまだ発展途上な部分も多いです。

四条ねこ
使い勝手をまだまだブラッシュアップする余地はあるし、価格も高価だからねー。
まの
そうですね。iPad Proと同じくらいの価格で、手書きしかできないタブレットを買うのは、ギークでないと躊躇してしまいますもんね。
四条ねこ
そこなんだよ〜。値段がねー…(汗)

そうはいっても、現段階の手書き電子ペーパー端末でも買う価値は十二分にあると思います。発展途上ならではの楽しみもありますし、今の機能でも全然使えますからね。

四条ねこ
さあ…買うのだーーー!

さぁ、君も電子ペーパーデビューだ!?

おまけ

四条ねこ
電子ペーパーは今はまだマイナーだけど、今後数年でもっと普及すると思うんだよね〜!
まの
ネックの1つである、価格が安くなってくれば普及が早まるかも知れませんね。
さたえり
こういうのって、未来を感じられるやんね!
四条ねこ
そうなのであーる!だから、1つ欲し…。
まの
却下です。もうお給料の前借りはダメですよ?
四条ねこ
ぶーぶー!!けーち!けちけち!!
さたえり
あはは…。

おわり