【本気の推敲】完全独立型Bluetoothイヤホン5選はこれだっ!

イヤホンと電話

夏ぽんず(@atticponzu)です!Bluetoothイヤホンを使っている人も増えましたよね!しかも、ここ近年は「完全にワイヤレス」なものが増えてきましたよね!その筆頭格としてはAppleのAirPodsとかですね。ということで、今回は完全独立型Bluetoothイヤホンを視聴して選んでみました!

“完全ワイヤレス”イヤホンの素晴らしさ!

airpods

Bluetoothイヤホンと言っても、ちょっと前までは左右をつなぐケーブルがあるタイプが主流でした。それがいつの間にか、左右をつなぐケーブルもない「完全」なワイヤレスなイヤホンが主流になりつつあります。

おすすめの完全独立型Bluetoothイヤホン5つ選んでみた

今回は、数あるワイヤレスイヤホンの中でも、「完全」ワイヤレスイヤホンに特化して紹介したいと思います!いつも通り、触る(視聴して)ベストバイを決めてみました!せっかくなんで、イマイチなのは紹介したくないですし、キュレーションサイトではないので、ちゃんとおすすめを紹介しますっ

1:EARIN M-1

EARIN M-1
通信方式 Bluetooth 3.0、4.0
対応コーデック AAC、aptx、SBC
連続再生時間 最大3時間(ステレオ)、最大11時間(モノラル)
再生周波数帯域 20-20,000kHz
インピーダンス 25Ω
ドライバー バランスドアーマチュア
重量 3.5g
付属品 USBケーブル、シリコンイヤチップ、コンチャロック

おそらく、完全独立イヤホンのパイオニアはこの『EARIN』だと言っても過言ではないです。ワイヤレスイヤホンのブームの火付け役です!このイヤホン自体は、クラウドファンディング発のものになります。

音質は、「高音域がキレイ」って感じです。Bluetoothイヤホンはどうしても曇った音になりがちですが、BA(バランスド・アーマチュア)ということもあり、明瞭な高音域な印象でした。反対に低音域は苦手な印象です。

ケースもおしゃれですし(もちろん充電ケースです)、対応コーデックもAAC、aptxと高音質再生するためのものを抑えているので、マイルストーンな製品でありながら、非の打ち所のないものだと思います!

2:ERATO Apollo7

ERATO Apollo7
通信方式 Bluetooth 4.1
対応コーデック AAC, aptx , SBC
連続再生時間 最大3時間
再生周波数帯域 20 Hz~20 kHz
インピーダンス 16Ω
ドライバー 5.8mmマイクロダイナミック ドライバー
重量 4.0g(片方)
付属品 USBケーブル、コンプライ、シリコン製イヤチップ、スタビライザーロック

こちらもクラウドファンディング発なイヤホンです。ちょっと高いですが、お金さえあればこのイヤホンを選べばOKだと思っています。

音質ですが、Bluetoothイヤホンの中ではかなり高音質です!高音域寄りですがシャリ付きはあまりないような感じでした。高音域よりなフラット音質ですね。

個人的にはフィット感がとても良かったです。別途、スタビライザーが付いていますが、おそらく必要ないくらいフィットします。

3:ONKYO W800BTB

ONKYO W800BTB
通信方式 Bluetooth(HFP, HSP, A2DP)
対応コーデック SBC
連続再生時間 最大3時間
再生周波数帯域 6Hz – 22,000 Hz
インピーダンス 16Ω
ドライバー 強磁力希土類マグネット搭載ドライバー(φ8.6mm)
重量 125 g(ケース込み)
付属品 充電ケース、イヤホンチップ

こちらは老舗オーディオメーカーの「ONKYO」から出ているイヤホンです。実は、後発にはなってしまったが、お目見えはかなり早かった一品でう。

音質は、Bluetoothイヤホンで先程の『Apollo 7』と同じくらい・・・それよりも良いかもしれません!こちらは低音よりな音の傾向なので、どちらが良いかは好みですね。

ちと残念なのは、対応コーデックの少なさ。今時SBCって言うのはいただけないです。AACには対応するべきだったでしょう。

4:Apple AirPods

AirPods
通信方式 Bluetooth
対応コーデック 非公表
連続再生時間 最大5時間
再生周波数帯域 非公表
インピーダンス 非公表
ドライバー ダイナミック
重量 4g(片耳)
付属品 充電ケース、Lightningケーブル

おそらく完全独立Bluetoothイヤホンと言えば、この『AirPods』という人もいるでしょうね。それくらいメジャーな製品だと思います!

音質は、そのまま「Earpods」って感じでした。強いて言うなら、Bluetooth特有の丸くなった音の印象を受けました。音質としては普通ですかね。凄く良いわけでも悪いわけでもないと思います!

おすすめポイントは、「ペアリングのしやすさ」と「連続再生時間の長さ」ですね。ペアリングはApple製品ユーザーなら一瞬で済みます!連続再生もこの手の製品では一番長い「5時間」の駆動時間を誇ります!また、急速充電に対応しているのもポイント!

5:SOL REPUBLIC SOL AMPS AIR

SOL REPUBLIC SOL AMPS AIR
通信方式 Bluetooth Ver.4.1
対応コーデック SBC
連続再生時間 3時間
再生周波数帯域 20~20,000hz
インピーダンス 16Ω
ドライバー ダイナミック(6mm)
重量 約 12g(両耳)
付属品 充電用トラベルケース、USB 充電ケーブル、イヤーチップ

最後に紹介するのは、ちょっとニッチなこいつ!ブランド自体は最近急上昇な「SOL」が出してきた、完全独立Bluetoothイヤホンです。

音質はSOLらしく、低音がめっちゃ効いてました。イメージはBeatsよりも低音はおとなしいけど、音の傾向はそんな感じです。元気な低音って感じ!

コーデックの少なさは残念ですけど、なんと言っても1万円台で購入できるコスパの良さが魅力なので、今回紹介しました!デザインもCOOL!!

今回のまとめ

もうBluetoothイヤホンといえば、完全独立型が主流になりつつあると思います!ちょっとお値段は張りますが、通勤や通学を快適にしてくれるので、ぜひおすすめですよ!

夏ぽんず
時代は完全独立ワイヤレス!