Apple Pencil対応の新型9.7インチ『iPad』登場と”日本だけ割高”な謎

Apple Pencil対応の新型9.7インチ『iPad』登場と”日本だけ割高”な謎

噂通り、2018年モデルの新型『iPad』は、『Apple Pencil』対応しましたね。しかもCPUも『A10 Fusion』になりパワーアップ!しかも、”20ドルの値下げ”したのですが…

さたえり
ですが…!?
どゆことなん?
四条ねこ
なんと、日本では”値下げしてない”んだよー!
まの
あれ?現在のレート換算だと、約2,000円ほど2017年モデルより安くなるのでは?
四条ねこ
これが噂の”おま国Appleレート”発動だねっ(汗)

ついに無印iPadでも、『Apple Pencil』対応に!

日本時間の2018年3月28日0時から始まった教育者向けの『Apple』発表会イベント、『Let’s take a field trip.』にて、新型『iPad』2018年モデルが発表されました。

2017年モデルとの変更点

  • 『Apple Pencil』対応
  • プロセッサが『A10 Fusion』に(2017年モデルは、『A9』)
  • リア・フロントカメラが”人体検出と顔検出”可能に
  • 価格が20ドルの値下げ←今回の問題点

2017年モデルと2018年モデルの『iPad』の大きな変更点は、上記の4つですね。
プロセッサ(SoC)のグレードアップもさることながら、『Apple Pencil』に対応が”最大のトピック”だと思います。しかも、20ドル(約2,000円)の値下げですからね。
まぁ、この値下げには”オチ”があるのですがね…。

まの
やはり、『Apple Pencil』の対応は大きいですよね。
さたえり
『iPad Pro』は価格が高いし、廉価モデルの『iPad』でも対応したんは嬉しいやんね!
四条ねこ
だよねー!
予想通りではあるけど、『Apple Pencil』に対応したのは大きいねっ!
まの
で、問題は”値下げ”ですよね…。
四条ねこ
あははー(汗)
まぁ、これは最後に話すとするよー。

残念ながら『Logitech Crayon』は日本未発売

残念ながら『Logitech Crayon』は日本未発売

今回の『Apple』発表会イベント、『Let’s take a field trip.』で気になった人も多いのが、廉価版『Apple Pencil』とも言える『Logitech Crayon』の発表だと思います。

筆圧には未対応ではあるが、『Lightning』で充電できたり、遅延も公式で発表するくらいだから少なそうで、期待のペンシル(本当はクレヨン)です。
しかし、残念ながらこの『Logitech Crayon』は、現時点では米国の教育機関向けにしか販売しないとのこと。
『Logitech』は、日本では『Logicool』という名前ですが、この『Logitech Crayon』の日本発売にも期待したいところです。

四条ねこ
あ、そうそう!この『Logitech Crayon』は、『iPad』2018年モデルしか”対応していない”んだって!
まの
なら、『iPad Pro』は”未対応”ということですね?
四条ねこ
だと思う!『Engadget』では、そう買いてあったしっ!

▼なので、新型『iPad』2018年モデルには『Apple Pencil』必須ですね。

ひどい!新型『iPad』は、日本では”値下げ”せず…とな!?

ひどい!新型『iPad』は、日本では”値下げ”せず…とな!?

先程も書いたように、発表会で新型『iPad』2018年モデルは、『iPad』2017年モデルに比べて、20ドル(349ドル→329ドル)値下げしました。

しかし!なんと、日本では”価格が2017年モデルから据え置き”なのです。価格は前回と同じく、32GBモデルで37,800円(Wi-Fi)/52,800円(セルラー)です。
ぁ、ちなみに両方とも”税別”ですよ!

さたえり
価格が”据え置き”なんは分かったけど、どうしてなんよ?
四条ねこ
これが噂の”Appleレート”だね〜。

2018年3月現在、1ドル105円です。しかし、今回の『iPad』2018年モデルの”Appleレート”は、1ドル115円換算になっています。
だから、新型の『iPad』が本国では”値下げ”されたのに、日本では”価格据え置き”になっている…のかも知れません。

四条ねこ
うーむ…それでも安いっちゃ安いけどね〜。腑に落ちないような…。
まの
そろそろ”Appleレート”の改定を行って欲しいですよね。
四条ねこ
ほんとだよー!
これが、今年発売される『MacBook Pro』2018年モデルにも適用されると、ヒドいことになりそうっ(汗)

今年、6月4日からサンノゼで開催される『WWDC 2018』では、おそらく『MacBook Pro』2018年モデルが発表されると思います。そのときに、レートが改定されると良いんですけどね…。

新型『iPad』も良いけど、やっぱ『iPad mini 5』を出して!

新型『iPad』も良いけど、やっぱ『iPad mini 5』を出して!

残念ながら、日本では”割高”になってしまった『iPad』2018年モデル。ただ、『Apple Pencil』に対応したり、プロセッサが『A10 Fusion』に向上したりと、ある種の無印『iPad』の”集大成”なモデルになりました。

四条ねこ
あれこれ言ったけど、新型『iPad』は”買い”だと思うっ!
まの
『Apple Pencil』に対応しただけでも、かなり良いですもんね。

ところが、やはりと言うべきか『iPad mini 5』はありませんでした。『Apple』からも忘れられているのでしょうか…。あれだけ言われている『Mac mini』ですら公式で”開発している宣言”が出ているのに、『iPad mini』に関しては”何も音沙汰なし”なまま…。やはり、8インチタブレットは欧米人には不人気なのでしょうかね。

四条ねこ
うぉおおおおお!『iPad mini 5』欲しいぃいい!『Apple Pencil』にも対応してーー!
まの
もう”終わったモデル”なのかもですね。
四条ねこ
なっ!?
嘘だと言ってよ、バーニィ!!!
さたえり
ねこさんの”荒ぶり”が始まったぁ(汗)

おまけ

四条ねこ
ま、『iPad』2018年モデルは、”良モデル”だと思うっ!(元に戻った)
まの
ですね。少なくとも、2017年モデルをお使いの人は”買い”ですね。
四条ねこ
個人的には、『Apple Pencil』を”改良”して欲しいけどねー。バッテリー持ち悪いしー。
さたえり
それも『WWDC 2018』で、発表あるかもやんね?
まの
そういう意味でも『Apple』には、期待が掛かった1年ですね?
四条ねこ
そうなるねー!
本番は『WWDC 2018』だねっ!

おわり